ありがとうございました。
編集部&a-game的には先週末から休みに入っているのですが、ドメインが異なるわたくしは元気に出勤であります。
そんなわけで受注&発送業務は来週までクローズですが、ここのところ『常徳殲滅作戦』の動きが良いらしくて、週明けには「残部僅少」の文字が躍る勢いです。

ヨタ記事を読んだ方がお情けで買ってくれたから、なんて世の中甘いわけはなくて、もともとウォーゲームの売れ行きにはロケット・スタート型とロマン型の2種類がありまして、『常徳』は後者に当たります。前者は、名作の再版だったり、話題性があるものだったり、珍しい作品のライセンスだったり(『ナルヴァ』とか)して、だいたい計算はつくのですが、時に「恵体糞打」みたいなこともあります。そらお察しよ。後者はマイナー・テーマだったり、オリジナルの評判がそれほどでもない作品の再版だったりして、最初から苦戦が予想されるものですが、実際にプレイした方の報告に触発されて興味を持ってもらうパターンです。年に1回はロマン枠に充てたいと思っております。一発があって7番でレフト、みたいな。

『常徳』プレイ情報はこのあたりにまとめてあります。

年によって違いますが、だいたい8月と12月が「4番サード(ファースト)」的な位置づけでして、昨年は年俸が高い割には結果を出すまで時間がかかりましたが(来日2回目だったからか)、今年は「エエの獲ったわ」。しかし12月のゲーム『珊瑚海キャンペーン』は、たとえるならソフトボールからプロ野球へ転向した大嶋匠選手のような作品なので、評価が楽しみなところです。



[PR]
# by yas_nakg | 2013-08-12 08:39 | Comments(0)

8月18日(日)、和泉歴史研究会の例会がありますが、『ゲティスバーグ』戦ゲームで相手してくれる方を募集中であります。
b0142122_832254.jpg

これです。
b0142122_8324991.jpg

こんな奴です。「7月4日正午までに敵を全滅させること」という、ワイルドな勝利条件のゲティスバーグ戦ゲームであります。間に合えばワレスの『ゲティスバーグ』も持参予定。

それはそうと、11月のゲームマーケットにも個人参戦が決まりました。前回同様、「さいたまオフライン」さんと隣接であります。

今回の出し物はアレなゲームの第5弾『死中活有』と、第6弾『彼らは来た』、第7弾(内容未定)の予定です。

『死中活有』は無数の緑色の駒の海を1駒で突破していく表裏2戦のゲームで、表では「ドメル対ヤマト(ゼーリック・プレイヤーが担当)」、裏では「ゼーリック対ヤマト(ドメル・プレイヤーが担当)」という構成。ヤマト側は1駒しかありませんが、脱衣システムならぬ兵装引きはがしシステムで耐えつつ、波動防壁展張の駆け引きで突破を図ります。

『彼らの来た』では、ドメル艦隊の編成がランダムに決められます。劇中同様、旧式の空母機動部隊が与えられるのか、空母機動部隊は囮、本命は戦艦隊(レイテ沖海戦風)という編成になるのか、はたまたドメラーズⅢ世を中心とした水上打撃部隊(沖縄特攻風)になるのかわかりません。その編成を悟られないようにして、ヤマト側の対応を難しくする、というのがポイントになるでしょうか。

このへんも8月18日に持参するつもりなので、テストプレイヤーを募集してみたり!

あと、お陰様で『アフリカ!』は完売いたしました。『ノルウェイ!』は残部僅少です。『スペース・バーバリアン』はまだ在庫ありますので、11月のイベントでも引き続き販売予定。このへんのゲームのサポートは、別ブログでやっておりましたがいろいろ不便なので、wikiページを準備中です。



[PR]
# by yas_nakg | 2013-08-05 08:44 | Comments(0)

戦車の世界

World of Tanksの日本での正式サービスが9月5日からスタートするとのことで、昨日、記念のパーティーが開催されました。詳しくはこちら。一時はドクター・ストップがかかるほど(?)戦車に乗りすぎたという徳岡さん、ありがとう!

ゲームのプロモーションはもちろん、
b0142122_8125421.jpg

戦車をイメージしたカクテルが支給されたり、
b0142122_8143596.jpg

RC戦車を使ったバトルが行われたりと、賑やかなパーティーでした。おねーさんに戦車の操縦法の手ほどきを受けて喜ばれている方については、問わない方向で。

「鷲は舞い降りた」的な特殊任務を携えていたのですが、どうにかミッション・コンプリートで、こちらは近いうちに正式にお知らせできるかと思います。さらに不確定ながら新しいミッションも動き出すかも。

最終の新幹線で大阪に戻ってきたわけですが、木曜日のあの便に充満している空気は、独特の重いものがあります。嫌いじゃないんですが。

新大阪着が23時45分、お馴染み「ダイキンのエアコン」の看板に表示している気温計が誇らしげに「30」の数字を照らし出していました。どうにか家にたどり着き、冷えたビールでもと思って冷蔵庫を開けたら、そこに待っていたのはジオン脅威のメカニズムというオチでした。
b0142122_8242176.jpg




[PR]
# by yas_nakg | 2013-07-26 08:24 | Comments(0)

iPadは重い、iPad miniは金額的に重い、何か軽いタブレットはないものかと思っていたところ、たまたまASUSのMeMO Pad HD 7が新発売になったものですから買ってみました。ジョーシンで18,900円でしたよ!

でまあ、昨日Twitterでつぶやいた通りで、タブレットで使えるeルールブックを提供できないかと思い立ちました。

『コマンドマガジン』付録ゲームのルールにしてもa-gameで配布している和訳ルールにしても文字サイズ12Q(a-gameのは11Q)の2段組という仕様で、紙媒体なら問題なくてもタブレットで読もうとすると、これが非常に苛立たしい。1段組でないと読みにくくて仕方がない。できればルールの参照指示があればリンクを張りたいところ、少なくともインデックスからは飛びたいところです。

どのくらいの手間でeルールブックを制作できるのか試してみます。

付録ゲームのルールブックの割り付けに使っているのがInDesignなるソフトで、これから簡単にPDFを作成できます。もともとA4判2段組でつくっているものをA5判1段組にレイアウトし直して、PDFを作成して、その後でインデックスにリンクを張りつけます。A4判前提でつくっている図例は諦めるとしても、本文内に挿入しているものはそのまま利用できます。あ、30分もあればコンバートはできますね。
b0142122_15122376.jpg

b0142122_15123688.jpg

本文中に埋め込んだ図版はそのまま使えます。
b0142122_1513081.jpg

表組みも使えますが、2段組前提のサイズになっています。

カラーに変換できれば理想なんですが、それはさすがに手間か。ないに越したことはありませんが、訂正があった時は赤文字で入れるとわかりやすくて良いですね。

このサンプルはこちら。しばらくはダウンロードできます。ご要望が大きければ正式なサービスになるはず!



[PR]
# by yas_nakg | 2013-07-22 15:21 | Comments(0)

『激スタ』とか『突スタ』とかリア充全開じゃないか。こっちは頑張って背伸びしても『東スタ』だよ! 3誌揃い踏みでスターリングラード祭りかと思ったら、自分だけドレスコードに引っかかってパーティー会場に入れません、みたいな(血涙)。何だよ「東方のスターリングラード」って。戰棋がゲームにするまで聞いたことなかったよ。だいたいスターリングラードが東方にあるのは当たり前だろ、いい加減にしろ!

というネタを思いつきました。

それはそうと、初のナルヴァ戦ゲームを祝って、久しぶりに戦車の模型など作ってみました。
b0142122_812575.jpg

T-34みたいな何かです。

これ、もとはオータキ(大瀧)のキットでして、シングルモーターで真っ直ぐ走るだけのキットを、何年か前にアリイが再版するに当たってリモコン化したものです。シングルモーターでリモコンにしたって、電流逆転させて前後にしか動かせません。そこで
b0142122_8144251.jpg

本体下面に後進時にのみ有効なストッパーをつけて、右側の履帯が浮くようにしたんですね。だから、後退させると左に旋回するというわけです。すげえ。おっちゃんの子どもの頃には、「バックすると左に向く」ラジコンカーが普通に売られていたのです。それを思い出しました。

小学生の頃、夏休みに父方の田舎へ行くと、みんなで川で泳いで、素麺を食わされ、セミを捕り、雑貨屋でオータキの戦車を買ってその場で完成させて走らせた記憶があります。あれから35年も経って、同じ模型を作るとは思わなんだ。

スケールは1/50、ランナーだけ見るといろいろ不安に襲われますが、組み上げて塗装するとT-34にしか見えません。ゴムキャタピラもグリップ良く、ばりばり走ってくれます。デカールは問わない方向で。

タイガーみたいな何かも買ったので、そのうち作ろう。



[PR]
# by yas_nakg | 2013-07-20 08:23 | Comments(4)