先日紹介したあの本に、日米開戦の不合理な決断について書かれていました。秋丸機関の報告書は世紀の大発見でも何でもなく、英米との国力差は歴然、戦争すれば負けるよね、ということは誰でも知っていた。ではなぜ開戦してしまったのか、という説明にプロスペクト理論が使われています。

a. 100%の確率で30,000円を失う。
b. 80%の確率で40,000円を失うが、20%の確率で1円も失わない。

 aかbどちらかを選ばなければならないとすると、どちらが合理的な選択になるか? 期待値で言えばaは-30,000円、bは-32,000円なのでaを選ぶのが合理的な選択ですが、統計を取るとbを選ぶ人が圧倒的に多い。損失を回避する傾向にあるのだそうです。座して死ぬくらいなら(a)、もっとひどいことになるかもしれないけれど(ドイツがソ連に電撃的な勝利を収めて潜水艦戦で大勝利、英米の船腹が予想以上に増えないためにアメリカがイギリスを十分に支援できないためにイギリスが戦争から脱落する、くらいのウルトラCに)一発勝負を賭けてしまった(b)というわけです。( )内の見せ方でbを選ぶ人の数は変化するでしょう。

 ( )内の作文次第で不合理な決断を誘導できるでしょうし、シミュレーション・ゲームづくりにおいてはプレイヤーを特定のベクトルへ誘導できるでしょう。

 プロスペクト理論は『大東亜共栄圏』でも用いていまして、もちろん何もしなければ日本は負けるようになっているので、どこかで開戦しなければならない。また先に宣戦布告しなければ奇襲の効果を失うので、不合理な選択であってもさらに損失忌避の気持ちが働くはず。などというデザイン・コンセプトの話を『このシミュゲがすごい!』に書きましたのでよろしくお願いします。『Pacific Go』『太平洋の土下座』のデザイナーズ・ノートと併せてお読みいただければと思います。



2018年6月6日の話題
bqsfgameの日記
OPEN DICE ROLL
YSGA例会報告
ウォーゲーム武芸帳
セントラル・ステーション分室
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
もりつちの徒然なるままに
歴史・戦史研究会「ちはら会」Zwei


[PR]
# by yas_nakg | 2018-06-06 10:04 | 国産ゲーム【た行】 | Comments(0)

 『Pacific Subs』なんですが、キャンペーン・シナリオ以外は潜水艦映画がモチーフとなっています。

 このうち、ケーリー・グラントが艦長を務める作品では、問答無用で艦長のスキルが最高の「2」となります。『潜望鏡を上げろ』(エドモンド・オブライエン)では、必要に応じてランダムに艦長のスキルを決めるのですが、何に由来しているのでしょうか(すみません、観ていません)。

 もちろん『ペティコート作戦』では潜水艦はピンクなので敵の目を引きやすく、味方からも攻撃を受けます。

 ということは、いずれ発表されるであろう日本海軍ヴァリアントでも、日本の潜水艦映画がネタにされるのではないかと思ってWikipediaで調べてみました(なお、日本海軍潜水艦のデータは用意されているので、ヴァリアントを待たなくてもプレイ可能です)。

 壮大な邦題に驚かされ、何だインディアナポリスの撃沈かと気を抜いて観たら、実は鮫映画だったという『パシフィック・ウォー』シナリオもありですね。なお、潜水艦がファースト・アプローチで漂流している人のレスキューに失敗すると、50%の確率で鮫に食べられるという細かいルールが用意されています。



[PR]
# by yas_nakg | 2018-06-05 12:16 | 海外ゲーム【P】 | Comments(0)


 あべのアポロにある喜久屋書書店(ローカルな話題ですみません)で開催されていました。6社合同企画の「世界のノンフィクションがおもしろい!!」。『「砂漠の狐」回想録』はコーナー右上に陣取っておりましたよ!!

 買うかどうしようか迷っていたこちらも、この機会に欲しくなりますね。『金門大戦1949』や『台湾危機1950』の史料に最適です。『軍中楽園』も公開中ですしね。



2018年6月4日の話題:
OPEN DICE ROLL
SOLGER航海日誌
str_takeshi雑記帖
YSGA例会報告
ゲーム辞典
マイケルの戦いはまだまだ続く
わうだけやってる場合じゃない
占いとシミュレーションゲーム
松山六角会
歴史・戦史研究会「ちはら会」Zwei

[PR]
# by yas_nakg | 2018-06-04 11:49 | ほぼ日 | Comments(0)

今日も一日秋丸ぞい

b0142122_08101897.jpg

『経済学者たちの日米開戦』を読んでおりますが、第四章で紹介されている武村忠雄氏によるドイツの抗戦力分析が秀逸ですね。「独ソ開戦前の国際情勢を前提する限り、独逸の経済抗戦力は本年(一九四一年)一杯を最高点とし、四二年より次第に低下せざるを得ず」とありまして、短期決戦でソ連に勝利してその生産力、資源を使えれば英米と長期戦を戦うことも可能、さもなくば「世界新秩序建設の希望は失われる」。

 マンガンや銅、クロム鉱などの必要な天然資源を手に入れるためにはドイツは南アフリカ(!)まで進出せねばならず、ならば日本としては北進するのではなく、南進して資源地帯を確保、ドイツが不足する資源を供給べきではないかと提言されています。「南に於ける資源戦により短期建設を行い、経済抗戦力の実力を涵養し、これによって高度国防国家建設の基盤を確立す可し」「更に南方に於ける世界資源の確保は、単に反枢軸国家に対してのみならず、枢軸国家に対しても、我が世界政策の遂行を容易ならしむ」

 あれですよ、『大東亜共栄圏』で対英開戦を行い、インドまで進出して勝利するパターンですね。余談ですが『大東亜〜』は英語圏でライセンスされるのされないの。されないようなら再版したいなあと考えております。

 ドイツが英米相手に長期戦を戦うのは無理だという説(この研究そのものは機密でも何でもなく、当時の総合誌などに発表されていたそうです)、どの程度認識されていたんでしょうか。米英に関する研究では日本が採るべき戦略については大して触れられておらず、ドイツに関するそれでは具体的な提言がなされているところが実に興味深いです。



2018年6月2日の話題
札幌歴史ゲーム友の会
9Joeのらくがき帳
OPEN DICE ROLL

Si-phon開発者BLOG
YSGA例会報告

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
しゅみのしみゅれーしょんげーむ
とりあえず日々ボードゲーム
ふかひれすーぷ
「まつんち」ブログ
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
書き逃げ旅団
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
note: 紗水あうら

[PR]
# by yas_nakg | 2018-06-02 08:51 | ほぼ日 | Comments(0)

 全国一千万のB級SF & モンスター・ゲーム愛好家の皆様、お待たせいたしました。日本語ルールの完成です。

b0142122_08415256.jpg

 ふざけんなこら、と怒られそうなパッケージですが(マークさん、何してはるんですか)、B級モンスター映画のシミュレイションゲームとしてよくできています。沼地からモンスター(スワンプ・デビル)が現れて、それを保安官たちが退治しにいくわけですが、モンスターの数が多くて、人間には通れない水路を使って浸透移動してくるのが厄介。発生源を見つけて、プロフェッサーが「秘儀」を行えばクリーチャーたちを封印できますが、その前にモンスターが村を蹂躙されると負けてしまいます。

 ゲームを面白くしているのは「マルチ・エンディング」、即ち多様な勝利条件。この他に人類側は、4体いるボスのうち2体を倒す、サイエンティストとプロフェッサーが戦闘に生き残ると得られる「サイエンス・ポイント」を一定数ためる、ということでも勝利できます(敵の弱点を科学的に分析するのでしょうなあ)。

 クリーチャー側は、3人いるヒーローを抹殺するか、20ターンが終わるまで人類が勝てないと勝利します。お互いどのように勝利条件を達成しようとするのか、戦略性が問われるのです。B級モンスター映画ゲームなのに!!

 もちろん、キャラクターには様々な個性があって、その特殊能力をいかにうまく使うかがポイント。クリーチャー側の四天王がやばいのばかり(人類を畏怖させる、人類をクリーチャーに変える、普通の道路でも浸透移動するなど)なのがまた素晴らしい。お求めはこちらから。

 お次は『ノイシュヴァーベンラント』。


 こちらも戦術級ゲームとしてはオーソドックスな感じ。毎ターン変動するアクション・ポイントによって動かせるユニットが制限されるので、どのユニットを行動させるのかを決め、ユニットの特性を生かして長距離戦闘や近接戦闘を行います。また任務に合わせた装備の選択も重要で、手榴弾やパンツァーシュレック、MG42の使い方も重要。

 と、ここまで書くと普通の戦術級ゲームのようですが、相手は異星人だからこれでは済みません。ワームや巨大ロボットを倒さなければならないのです!! 極地で戦う山岳猟兵たちは、南極で開発された「メタンフェタミンB」を使ったダブル・アクションに頼らないといけないこともあるでしょう。この薬があれば損耗面から自動的に回復することも可能です。

b0142122_09143796.jpg
ほんこれ。ただしゲームでは各ユニット1ターンに1回しか打てません。

 トライポッドは素手では倒せないので、ビーム兵器を搭載したハウニブが有効です。またワームは、雪上仕様のSdKfzでオーバーランすることもできます。

 上のTwitterで紹介した曲をBGMにしながらちょっとソリティアで遊んでみましたが、写真を撮るのも忘れるくらいトリップできました。見事なマッチング。B級好きな方にはこのゲーム、おすすめです。


[PR]
# by yas_nakg | 2018-05-31 09:18 | ほぼ日 | Comments(0)