人気ブログランキング |

ソークオフだよ人生は

lforn.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 20日

ゲームマーケットは土日ともF-10へ!!

週末はゲームマーケットですね。
残念ながらボンサイ・ゲームズとしては参加しませんが、i-ogm(ブース番号F10)にて

を販売予定です。ご購入を検討されいる方は、是非この機会に。

もちろんa-game(ブース番号B09)もよろしくお願いいたします。
『独ソ電撃戦』マップに特殊な加工が施してあり耐久性がアップしております。
繰り返しプレイしても(して欲しい)マップが避けにくくなっております(ついでに駒も滑りにくい)。
こちらも是非現物を見てご購入を検討してください!!



2019年5月20日の話題:
"Semper Anticus"
  • スターリングラード・ポケット (3)

bqsfgameの日記
※個人の感想ですから、そこは気にしなくてもよろしいのでは。私はどちらも好きです。

Si-Phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
はやるOne-Man-Show
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
ロプノールのメダカ
千葉会(Chiba Club)
広島・ゲーム・サービス例会報告
戦闘教師「ケン」華東大乱編
間借りシッポの別館
歴史・戦史研究「ちはら会」Drei
鋼鉄の嵐の中で



# by yas_nakg | 2019-05-20 17:05 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 14日

クリッパーで侍の決意を見せるのだ


N村さんがTwitterで紹介されていたテプラのトリマーが、カウンターの「犬の耳」処理に便利だと話題になっておりまして、私もAmazonで注文しました。届いたのですがまだ使っていません。


何がいいかって、N村さんが書かれていたようにノールックでぱちぱちトリミングできるということ。今日早く帰れたら録りだめしている『きのう何食べた?』を見ながら『グラーフ・シュペー』の駒を切るんだ……。

駒の四隅にできるゲートの残りのことを「犬の耳」と呼ぶのだと知ったのはコマンド(XTR)のルールブックで、恐らくタイ・ボンバの仕業だと思うのですが、「ユニットの扱いやスタックが楽になるので爪切りなどでカットしてね」とわざわざルールに書かれていました。が、CTP社の『The Revelation War』では「爪切り、あるいはそれようの治具」でカットせよ、になっており、さらに「犬の耳」をトリミングすることは、

it will also demonstrate to your opponents your samurai-like determination and discipline

なんだそうです。確かに雑な感じの駒だと、覚悟は示せないかもしれません。

しかしこの程度で侍云々とは片腹痛い。カウンター・シートを絞るようにして駒をばらばらにし、「犬の耳」をついたまま豪快にプレイする猛者がいます。「ゲート跡などプレイしているうちにすり切れるんや」そのくらいの気迫でゲームを打つわけです。確かにその猛者の駒トレーは、「犬の耳」どころか四辺がすり切れたユニットであふれています。これもまた覚悟の示し方と言えるのではないでしょうか。

まあ、さばげ隊長のことなんですけどね。そのうちここ一番のダイスを振る時に日本酒を吹きかけて欲しいです。



2019年5月14日の話題:
bqsfgameの日記
※先日、鹿内さんが『ジハード!』『東方黙示録』両方をプレイされたそうですが、後者に軍配が上がったそうです。

K.G.M.C.活動日記
Si-Phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
YSGA例会報告
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
とりあえず日々ボードゲーム
はやるOne-Man-Show

ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
小さなウォーゲーム屋店長ブログ
※『アップライジング1944』は5月20日頃リリース予定だそうです。

歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
歴史・戦史研究「ちはら会」Drei
積読SLGゲーマーの奮闘記
軍曹亭日乗
閑人工房



# by yas_nakg | 2019-05-14 09:56 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 11日

『独ソ電撃戦』拡張プレイ


中の人特典ということで、ゲームマーケットで先行発売予定のJWC版『独ソ電撃戦』を一足先に楽しませていただきました。5月5日こどもの日、おっさんたち(3人合わせて150歳オーバー)が童心に返って東部戦線で戯れました。

JWC版では北方軍集団用のヴァリアントが追加されています。元々のコンセプトはOMEGA7氏があたためていたもので、完成したらこのような形でリリースする予定でした。しかしOMEGA7氏は完成前に急逝。私が引き継いで制作いたしました。

北方軍集団戦区を加えた場合、原則としてマップ全ての得点で勝敗を決めますが、ドイツ軍を軍集団ごと2人で受け持つ場合は、それぞれのマップごとで勝敗を競うというオプションもあります。2勝0敗、または1勝1分けならドイツの勝利、それ以外はソ連の勝利となります。

ソ連軍ユニットは中央と北方で分かれていますが裏面のデザインは同じ。拡張プレイをする時は中央と北方のユニットを加えた中からランダムに引くため、局面ではユニットの戦闘力のばらつきが大きくなるかもしれません。ただ今回はユニットのサンプルまでは間に合わなかったので、北方はエポック版、中央はコマンド再版のユニットを使用しました。製品版は15ミリになるから、皆さんご安心を。
b0142122_10094387.jpg
第1戦は元コマンドマガジン編集者で現在は各方面でライターとしてご活躍中の宮永忠将氏がソ連軍を、さばげ隊長が北方軍集団、自分が中央軍集団を受け持ちました。先日EWE『バルジ大作戦』をやった以来という宮永氏、さすがにソ連軍を一人で受け持つのはストレスがかかります。特に北方軍集団戦区はこれが初見。中央と違って機動兵力も予備も極めて限られているので、防御は容易ではありません。ということで、途中で協議終了。「北方と中央のドイツ軍の進撃速度の差により戦線に段差ができたのがソ連軍にとって辛かった」と冷静な分析をいただきました。

クールダウンを挟んで、「ソ連軍でいい手を思いついた!」と叫んだ隊長が第2戦のソ連軍を受け持ち、自分が北方軍集団、宮永氏が中央軍集団を担当しました。

結果は冒頭の通り。「いい手」とはソ連軍戦車師団を軍集団境界線にとらわれず運用することでしたが(ドイツ軍と違ってソ連軍にはペナルティなし)、ソ連軍の直接的な勝因はドイツ軍の損害によるものでした。上の写真、中央軍集団戦区のソ連軍戦車師団2個が北方の救援に駆けつけているのが見えるでしょうか。

と、考えがまとまってなくあっさり目のレポートですみません。というのも拡張プレイは『独ソ電撃戦』とは別ゲームであり、空間が広くなったことをドイツ軍がいかに活用するか、その活用でソ連軍に心理的衝撃を与えられるか、という内容になっております。ということでちゃんと語れる人の記事を待ちたいと思います(ぶん投げた)。



2019年5月11日の話題:
"Semper Anticus"
札幌歴史ゲーム友の会掲示板
20 on 20
bqsfgameの日記
buqbuq Diary
K.G.M.C.活動日記
SOLGER航海日誌
str_takeshi雑記帖
THEN WHAT?
TROOPERS

Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告
ウォーゲームだもの
ゲーム辞典
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
ふかひれすーぷ
※この時の鮫さんの一言で1940年西部戦線ゲーム、思いつきましたわ。

ボードゲームリプレイ
マイケルの戦いはまだまだ続く
広島・ゲーム・サービス例会報告
書き逃げ旅団
松山六角会
荏苒日を送る
閑人工房



# by yas_nakg | 2019-05-11 11:00 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 04月 25日

世界は思ったより狭いよね

The world is smaller than I supposed it is :)


なんてことがありまして、「去年ポーランドに行った時、友だちからお前の『Festung Breslau 1945』をプレゼントされたで」と返したところ、「マジかよ、マジェクが日本から来るゲストにプレゼントするって言ってたけど、お前だったのか。話はつながったぜ」。世界は狭いですねぇ。

b0142122_08155080.jpg
アイテムを増やしていいかは家族会議で判断を仰がなければならないのですが、先のようなエピソードを話したら「そら運命やな」とあっさり承認が下りました。そのうちStrategemataの商品もラインナップに加わると思いますので、その際はよろしくお願いいたします。

ポーランドでのあれこれは、こちらにまとめてあります(宣伝)。後編は第2号に掲載予定です。



2019年4月25日の話題:
『下手の横好き』
※いい感じに仕上がっているようです。

K.G.M.C.活動報告
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
※「幕末ロック」が大盛り上がりでした。

ウォーゲームだもの
リプレイだぴょん
小さなウォーゲーム屋店長ブログ
※レッドラ・システムで勝てない自分は長期的な戦略眼が欠けているのかもしれません。

曲がりシッポの別館
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei



# by yas_nakg | 2019-04-25 08:34 | Comments(0)
2019年 04月 23日

アンチ・クライマックスで申し訳ありません> 日曜日の対戦


わざわざこんな手のかかる仕込みをしたにもかかわらず、不発で申し訳ありません。対戦途中で協議終了となりました。

不発だった理由は『Blitzkrieg in the West』が思った以上に負荷の大きなゲームで、両軍とも十分な準備なしにはゲームにならないため。例えばこのゲームのZOCはいわゆる弱ZOCで、移動中であろうと3 MPを消費すれば離脱でき、ZOC間の直接移動も可能です。ただしこの浸透移動に「全移動力消費することで1ヘクス移動できる」という特別ルールは適用できません。

その他、航空部隊が実行できるミッションが多岐に亘り、航空任務の割り当てに慎重にならなければならないこと。この点、連合軍は割とどうしようもないのですが、ドイツ軍は爆撃機で地上支援を行うのか、戦略爆撃を行うのか、空爆を行うのか、など考えることが多いのです。これも事前準備が必要でした。

また、ショック・ポイントの源泉ももう少し丹念に調べておく必要があり、恐怖爆撃がどの程度、影響するのか、それを防ぐ手立てはないのか、など、両軍がある程度、習熟しておかなればなりません──ということでカードによる事前作戦計画はソリティア向きではないように思えますが、実際のところは様々な状況設定を自分で演出してみて、ルールを丁寧に適用してソロる、という楽しみ方も悪くないのではないでしょうか。

「逆メヘレン事件」ですが、成否は不明です。こちらもあえて聞いてないし、隊長も何も言わなかった。けれど、もし読んでいなかったとしても「わしはシュリーフェン計画をやる」と言い切ったのはさすがですし(!?)、ベルギー・フランス国境のフランス軍を見て「やっぱり、史実通りアルデンヌにいくわ」と優柔不断、いや柔軟な思考を持っていたのもさすがです(!?)。

情報戦に関しては謎のままですが(これ、隊長がこのブログを読んでいて何も言わないならそれはそれですごい)、また何かで利用したいと思います。

このままではあまりにあまりなので、ゴールデンウィーク後半に『独ソ電撃戦』の連結ゲームをやろうということになりました。ドイツ北方軍集団をさばげ隊長、中央を私が受け持ち、ソ連軍をミリタリー・アドバイザーに任せて「ひいひい言わせたろうぜ」(隊長・談)。今度こそ面白いレポートになると思うのでご期待ください。

b0142122_12415550.jpg

ドイツ軍が選んだ作戦カードの数々。地上支援(Ju-87のお仕事)を選んだのに戦略爆撃も同時に選ぶ(Do-17が追加される代わりにJu-87が引き抜かれる)など、計画に混乱が見られました。

b0142122_12420085.jpg

連合軍の計画はブログで書いた通り。アルデンヌ〜パリへの回廊を開けて誘っていました。

b0142122_12420539.jpg

そのパリが恐怖爆撃にさらされる!! 「爆撃だけで戦争に勝っちゃる」と、隊長はルメイのようなことを口走っていました。



2019年4月23日の話題:
bqsfgameの日記
Immelmann Official Blog
K.G.M.C.活動日記
Si-Phon開発者BLOG
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
※このゲームはじめて見た時、人生と引き換えにするくらいの覚悟で取り込まなければならない奴だと感じました。すげー!! 必読。

YSGA例会報告

ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳

とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
リプレイだぴょん

千葉会(Chiba Club)
浜松ボードゲーム同好会
21ゲーム日記




# by yas_nakg | 2019-04-23 13:10 | ほぼ日 | Comments(2)