人気ブログランキング |

ソークオフだよ人生は

lforn.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 31日

令和版『独ソ電撃戦』

今気づいたんですが、『独ソ電撃戦』は昭和・平成・令和で版を重ねた最初のウォーゲームなんですよね。偉大だ。

令和版というかJWC版というか、製作裏話を『BANZAIまがじんEX』第2号で書いたりしちゃったりしていますので、興味ある方はよろしくお願いいたします。鹿内さんも新『独ソ電撃戦』について書く、書かせろ、とおっしゃっていました。

b0142122_11091264.jpg

ところで、

母親が電話口で「調子が悪い」と言ったので先月、広島へ帰ったのですよ。そうしたらおもむろに新聞(中国新聞)の切り抜きを見せられまして、

b0142122_10560703.jpg
「このえらい坊さんが言いたいことを全部言ってくれた」「悪いのは丸のせい」と延々恨み節を聞かされました。調子悪いのはカープのほうやったんかい。嘘松乙と言われそうですが本当の話。貴重な週末を返せ。昨日ウッキウキで家内に誕生日おめでとうの電話をかけてきたらしく、唐突にこの件を思い出しました。



2019年5月31日の話題:
Si-phon開発者BLOG
TROOPERS
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
もりつちの徒然なるままに



# by yas_nakg | 2019-05-31 11:12 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 30日

0.6ゲーリング

信州で健康的に暮らしているはずの歴史ボドゲ研究家 の体重が0.63ゲーリング(1ゲーリング = 128 kg)くらいありそうだったので、この幸せ太りがとからかっていたゴールデンウィークですが、直後の健康診断で自分の体重が0.6ゲーリングに達してこれはいかんと一念発起。飲まない、間食しない、適度に運動する、を3週間続けて体重を0.58ゲーリングまで落としました。あと0.04落としたい。

一番落ちた時期はレニングラード包囲(隠語)の最中で0.5ゲーリング。全部自炊したらそこまで落とせるとは思うけれど、さすがにそうはいかない。

あ、話題の『愛がなんだ』を観てきました。これも観終わった後に解釈を語り合いたくなるタイプの作品ですね。おすすめであります。



2019年5月30日の話題:
"Semper Anticus"
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
Stackin' Higher
TROOPERS
ふかひれすーぷ
> マップの雰囲気は近いですけど、細部で違いもあります。この辺はまた中黒さんにも聞いてみたいです。
『BANZAIまがじんEX』第2号に製作ノートを書きました(直球宣伝)。

曲がりシッポの別館

歴史・戦史研究「ちはら会」Drei


# by yas_nakg | 2019-05-30 08:30 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 29日

ルールブックのフォント問題

An example of what text looks like in italicized Impact 4 size font.

An example of what text looks like in Times New Roman 4 size font.



「読みにくいフォントで印刷したり、トナーがかすれたりしていると(文章の)評価が低くなるという結果が見いだされた」(『なぜ人は騙されるのか』岡本真一郎/中公新書、括弧内は引用者付記)そうで、そりゃあそうだよなという話です。ということはもちろん、このことはゲームのルールブックにも当てはまります。フォント一つで印象が変わるのは、こちらの実験4を参照。上の英文もそちらを参考にして表示してみましたが、こちらが意図した通りに表示されているかはわかりません。

意図した通りに表示されているとしたら、ルールブックの本文書体にImpactを使うのは言語道断だということがわかるかと思います。聞いてる? Tiny Batt...

ルールブックを読む作業は、間違いなく脳のシステム2を働かせているわけですが(*)、ヒューリスティック処理に関わっている部分も多く、フォントの選び方やサイズ、レイアウトを工夫して、わかりやすさの評価を高めてやる必要があるんじゃないでしょうか。ぱっと見でわかりやすそうと思わせる必要がある。はいはい今日のブーメランスレはここですよ。次こそルールブックの記述をもう少し何とかいたします。

参考までに、ボンサイ・ゲームズの箱入りゲームのルールブックで現在使用しているフォントは新ゴLの11Q(行送り18H)です。本当は計算しやすいので12Qにしたいのですが、サイズが大きくなると行間も広げなければならず、ページ数が増えてしまう。そこで同じサイズでもプロポーションの大きな新ゴを用いてごまかしています。翔企画のSSシリーズ(初期)のルールブックで10Qの丸ゴシックを使っていたのと同じ理屈です。

ダニエル・オッペンハイマー氏の実験から数年後、「読みにくいフォント」で学んだ情報の方が記憶に残る、なんて実験結果もあるそうですが、ゲームのルールに関して言えばこれは苦行に他なりません。

b0142122_17312127.jpg
リュウミンだと「俺たちのゲーム」という感じがしませんか? 中ゴシックは同じサイズでも小さく感じる。同じゴシックならヒラギノのほうが読みやすいでしょうか。メイリオ、新ゴLは柔らかい印象かと思います。

JWC版『独ソ電撃戦』ではリュウミンを使うかヒラギノ角ゴ(12Qで行送り20H)を使うか相当悩んだのですが、「俺たち」感より読みやすさ重視で後者を選びました。輸入ゲームに添付する和訳ルールは、電子デバイスで確認するケースが多いと思って11Qのヒラギノ角ゴを使っていますが、プリントアウトされる方も多そうなので、今後は12Qに変更するかもしれません。ボンサイ・ゲームズのルールも14Qくらいにしないと駄目ですね……。

b0142122_17520760.jpg

本文フォントが太すぎる、詰まりすぎるのも読みにくくなってしまいます。さっきから何本もブーメランが飛んできておりますが、文章ももちろん、ルールブックの見た目も大事ですので、最近気になっている『けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本』を買って、次の戦いに備えたいと考えております。



(*)一度読んだルールはシステム1で動かせて、ゲームの肝心な部分──戦略の決定や作戦の立案はシステム2で動かすのが理想でしょうか。理想だよねぇ。



# by yas_nakg | 2019-05-29 18:07 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 29日

ロンゲスト・デイ(オブ・ザ・デッド)

と、その前に。

STRATEGEMATAはポーランドのウォーゲーム・パブリッシャーで、リンク先のようなラインナップを販売中です。昨年ポーランドに遊びに行った際、プレゼントされたのがこちらのゲームだった、という話は前に書きましたっけ。せっかくなので持っていないジップロックのゲーム2作を仕入れてみました

いずれも1939年のポーランド戦の一局面を扱った戦術級ゲーム。ダイスの代わりにトランプをランダマイザーとして用いており、主導権に焦点を当てているのが特徴です。『装甲擲弾兵(PG)』(エポック)シリーズを彷彿とさせます。

即ち、PGでは主導権側だけが自発的な射撃と突撃を行えるというアドバンテージがあり、あるターンに主導権を取ると次のターンに再び主導権を取る確率が10%低下します。ゲーム中盤で主導権を取る確率は拮抗しますが、それでも確率を無視して主導権を取り続けて嬉しい/苦しい展開が訪れたりして、その状況をどのように活かすか/脱するか、戦術指揮官として悶え苦しむのが楽しい作品です。

STRATEGEMATAの「Great Battles of Small Units(GBSU)」シリーズもこれによく似ていて、毎ターン主導権側だけがユニットをアクティベートできます。アクティベートできるのは1フォーメイションに所属する全ユニット、または異なるフォーメイションに属するユニット(及び砲兵射撃や航空攻撃)を選べますが、後者の場合は判定が必要です。

主導権はカードのスート(ハートやスペードなど)で表され、ゲーム開始時に攻勢側により多くのスートが割り当てられます。毎ターン、カードを1枚引き、そのスートが割り当てられた陣営が主導権を得ますが、そのスートは次のターンには敵の手に渡ることになります。PGほど極端なことは起こりませんが、GBSUも連続して主導権を得る確率があること、主導権を取ると、相手が主導権を得る確率が高まること、という点で次第に混沌としていく戦場を表現しているようです。

もう一つの美点は、カードを引いて何かを判定する際、デッキからランダムに引くのか、手札から任意の1枚を出すのかを選べるという点。手札は、戦場の霧の中で自分が確実に掴んでいる情報、計算できる戦力とでも言えるでしょうか。あるいは戦闘前に十分に準備された計画を表しているとも言えます。部隊運用の駆け引き(戦術的手腕)と、手札の使い方(作戦的手腕)が物を言う、なかなか面白そうなシステムです。

GBSUシリーズでは他に262高地の戦いプリモソーレ橋の戦いをテーマにした作品があり、「こちらは仕入れないのか」とお問い合わせもいただいております。こちらも順次用意していきたいと思います。



それはそうと『BANZAIまがじんEX』第2号の告知前ですが、第3号の付録ゲームをお知らせしておきます。『The Longest Day of the Dead: 死霊最大の作戦』。駒見ればどんな(馬鹿)ゲームが想像がつくのではないでしょうか。

b0142122_08463529.jpg
完成したらTiny Battle Publishingにも送りつけようと、駒88個、マップA3判両面印刷という仕様になっております。『オーヴァーロード』と『吸血機甲師団』と『アイアン・スカイ』にインスパイアされた内容になっています。



2019年5月29日の話題:
"Semper Anticus"
『下手の横好き』
bqsfgameの日記
buqbuq diary
Immelmann Official Blog
K.G.M.C.活動日記
SOLGER航海日誌
Stackin' Higher
str_takeshi雑記帖
TROOPERS
YSGA例会報告
ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
とりあえず日々ボードゲーム
はやるOne-Man-Show
マイケルの戦いはまだまだ続く
ミドルアース大阪本部のブログ
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
> 先日の記事に、著作権の問題がある、とのコメントを頂きまして。
???

戦闘教師「ケン」華東大乱編
> もっとも「CC」は中国では不人気でボロボロの評価だったらしい。日本でもさほどプレイされていないようだが、米欧では根強い人気でGMT社は四版を出すことになっている。なぜ東洋では不人気なのだろうか。
!!!

書き逃げ旅団
歴史・戦史研究「ちはら会」Drei
浜松ボードゲーム同好会
閑人工房
21ゲーム日記



# by yas_nakg | 2019-05-29 09:17 | ほぼ日 | Comments(0)
2019年 05月 21日

イタリアからロック・オン

先月、イタリアに怪しい雑誌を送った話をしましたが、無事に奥様に見つかることなく手元に届いたそうです。「文化の違いだね」とのこと。ソリティアのレイテ沖海戦とミッドウェー海戦、楽しんでもらいたいものです。

そのイタリアの友人から「ゲームマーケットで焼きそばパンとこれ買ってこいや」とぱしりを命じられました。いや、今回はゲームマーケット行かないんですが。

b0142122_08055035.jpg
どなたかご存じの方がいれば教えてください。Google画像検索では見つかりませんでした。

これはいつ出るのか? テストプレイもするよ」ともメールに書かれていました。takobaさんもロック・オンされています。恐るべき索敵力であります。



2019年5月21日の話題:
ウォーゲームだもの
もりつちの徒然なるままに



# by yas_nakg | 2019-05-21 08:16 | ほぼ日 | Comments(0)