人気ブログランキング |

ソークオフだよ人生は

lforn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 07日

「ゲームマーケット2012春」出展情報

このGW中に3回ほどフェリーに乗りましたが、中でも就航100周年記念のさんふらわあ特別便が印象に残りました。大阪または別府観光港を夜出て目的地に朝着くのが普通ですが、特別便は別府を朝出発。雨天のために中止になりましたが、晴れていれば懐かしのテープ投げが行われる予定でした。くまもんも来る予定だったとか。

大阪港到着が夜10時のため、8時30分に出港したさんふらわあ「こばると」と、神戸港沖ですれ違うこととなり、これは貴重な体験でした。巡航速度は20ノットですが、この時点では16ノットくらい。相対速度は32ノット程度で光学ズームして撮影した画像がこれ。
b0142122_13535681.jpg

しかし大分では何を食べても美味しかった。焼酎も良かった。また行こう。

それはさておき、いよいよ来週に迫ったゲームマーケットですが、今回はa-gameが出展するのはもちろん、自分個人は同人ブースで参加しますので、興味のある方はお越しください。

【ブース番号】418
【サークル名】このシミュゲがすごい
【頒布物】
(1)同人誌『このシミュゲがすごい』2012年版
b0142122_13582459.jpg

2011年頃に発売された「すごい」シミュゲについて、9人のレビュワーに語っていただきました。狙ったわけではないんですが、時代やジャンルが適度に分散しているので、「テーマ別すごいシミュゲ」と取れないこともありません。
付録ゲームは『フィリピン攻略戦』。B4判のマップに駒数40個以内というシンプルな内容。
それでもって、いつぞやこのブログで書いた「しみゅげ!」が現実のものとなりました。
B5判フルカラー32頁、頒布価格は1,000円です。

(2)同人ゲーム『2192: Invasion Earth』
b0142122_1422512.jpg

勢いでつくったアレのゲームですが、アレができるまでの戦いです。戦略級ゲームです。木製ブロックにシールを貼るのは面倒かもしれませんが、やっぱりいいですね、木製の駒は。
A4判フルカラー・ルールブック8頁、A3判厚紙製マップ、木製ブロック40個、シール1セットで頒布価格は1,500円です。

もう少し詳しい情報がこのシミュ公式サイトに掲載されております。

# by yas_nakg | 2012-05-07 14:05 | Comments(0)
2012年 04月 23日

また寿司ネタ

b0142122_12143177.jpg

こういう企画は嫌いじゃない。

映画はまあ、元気があってよろしい、という感じ。F/A-18最強! 戦艦なんかいらんかったんや……。

実際のところ、「航空機万能、大艦巨砲主義は時代遅れ」という極論に走ったのは山本五十六の功罪と言うか、こういうことでは白黒つけたがる日本人のいけないところと言うか。太平洋戦争は島伝いの戦いだったわけで、大火力を面に対して投射できる戦艦は有効な兵器でした。もっとも、消耗前提の航空戦力と、有効な戦力として維持するためには膨大な弾薬と燃料を消費する戦艦の両方を運用できるほどの国力を、日本は持ち合わせていなかったわけですが。

# by yas_nakg | 2012-04-23 12:25 | Comments(0)
2012年 04月 23日

戰棋園に顔出し

台湾のウォーゲーム・ミーティングに顔出ししてきました。12時から参加、14時に離脱というせわしないスケジュール。出張の段取りが悪いんや、というわけで、次は日曜日に帰る段取りでいこう。

ミーティング会場は以前にも使われていた多目的カフェ。ご飯食べたりアルコール飲んだりしながらゲームを楽しめます。

b0142122_1117182.jpg

台湾一のウォーゲーム・コレクター(名前失念!)と『ベアズ・クロウ』を対戦する山崎先生。「何でまだこのゲームをプレイしていないんだ!?」と先生に英語で怒られました(・ω<) テヘペロ

山崎さんは対戦で、こちらは久しぶりにあったマイケルさんと話をするのに忙しくて、密約するどころではありませんでした。マイケルさんは日本語のルールブックならだいたい読むことができるそうで、コマンドマガジン104号の付録も是非対戦したいと言っておられました。河越合戦のことは知らなかったそうですが、厳島の戦いのことは知っていて、「陶が可愛そう」「毛利は狐のように狡猾」と、熱く語っていました。すみません、勉強不足で。

新参者がウォーゲーム・ミーティングに参加されることもあり、その際には『デスティネーション:ノルマンディ』を使ってウォーゲームの何たるかを説明されているそうです。今度は是非『日露大戦』も試してくれ、とお願いしておきました(きっと田村さんがルールを訳してくれるはず、と言ったら、前述の通り「日本語ルールは読めるよ」と返されたわけです)。

その他、台湾のボードゲーム事情や『戰棋』の話、印刷事情についていろいろと。その辺り、詳しくは山崎さんがレポートされると思います!

# by yas_nakg | 2012-04-23 11:29 | Comments(2)
2012年 04月 19日

運び屋と密約と

これから台湾へ行きます……Wayne氏からオーダーのあったコマンドマガジンのバックナンバーを携えて。これが結構、重いのです。

主なお仕事は展示会視察と打ち合わせなのですが、土曜日までおりますので、昼過ぎまでは戦棋園へお邪魔したいと思います。そして議事録を残さない密約

# by yas_nakg | 2012-04-19 08:03 | Comments(0)
2012年 04月 18日

時に西暦

平日夜にもかかわらず、『2192』の自宅テストプレイ会。ライターの高原氏に無理言ってつき合ってもらいました。

b0142122_7403130.jpg

「時に西暦」2192年、謎の星ガミラスによる地球侵略が開始された! というわけで、ターン・マーカーです。良い意匠だと自画自賛。

b0142122_7421680.jpg

第1ターンからいきなりガミラスによる地球襲撃。序盤、地球側は数で勝っていますが、次第にその戦力が削られていきます。一方のガミラスは、そもそも損害を受けにくいのでなかなか数は減りません。加えて、総統への直訴で増援が来ることもあるので、次第に戦力バランスが変化していきます。

※第1〜2戦は初期戦力に問題があったので2年目で終了、やり直し。地球が強すぎたり、ガミラスが無双すぎたり。

b0142122_7443368.jpg

多分第3戦くらい。2195年の状況。ガミラスの前線基地は土星まで進出、木星では資源確保のための小規模な戦闘が起こり(村雨型はあっさり撃沈されました)、地球圏では遊星爆弾を護衛するガミラス艦隊とこれを迎撃しようとする地球艦隊の間で第二次地球会戦が勃発。「主人公補正」ルールで沖田、古代が最後まで奮闘しましたがついに退けられ、地球に2発の遊星爆弾が命中。

※向きの違いはステップ数を表します。地球側はキリシマを除けば全て1ステップしか残していない状況! まさに満身創痍! 生産力が低下すると戦艦はもちろん、巡洋艦を建造している暇はないので、磯風型駆逐艦は重宝されます。

b0142122_7481219.jpg

2197年。ついに地球に6発の遊星爆弾が命中。人類は地下へと逃れ、進行する汚染との戦いが始まります。そして、「人類滅亡まであと2年」というところでゲーム終了。両軍ともサドンデス勝利を得られなかったため、POCによる勝敗判定となり、ガミラス側が勝利しました。

地球側が引きこもり戦略に終始し、POC差を埋められなかったのが原因かもしれませんが、このへんはテストをさらに重ねて可能性を探ることに。

※なお、商品はシール&木製ブロック(20mm角)を予定しております。マップはA3判です。

# by yas_nakg | 2012-04-18 07:51 | Comments(0)