ウォーゲーム角マル派

『このシミュゲがすごい!2019年版』、レビューもすごいのですが付録ゲームもフルサイズ(A1判マップ&駒シート1枚)になってすごいことになっております。

b0142122_08194708.jpg

今回は角(かど)マル、15 mm角のカウンターです。すっかり同人ウォーゲーム印刷のスタンダードになった盤上遊戯製作所さんに印刷をお願いします。

角マルのカウンター、見た目がよろしいのと扱いやすい、ヘクス内に収まりやすいと良いことづくめですが、コストが高いのと1シートから取れるカウンター数が制限されるのが難点です。A4判台紙で13 x 9個。そんなわけで、商業誌の付録で角マルのカウンターがつくことはまずないと思います。

ちなみに付録ゲームですが、これも『このシミュ』初となる海外ゲームのライセンス。上の画像がユニットになります。日本でプレイした人はいないんじゃないかと思います。多分。



2019年1月11日の話題:
Si-phon開発者BLOG
ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
マイケルの戦いはまだまだ続く


by yas_nakg | 2019-01-11 08:35 | ほぼ日 | Comments(0)

ウォーゲーム・ポエム

こちら、今日のおま言うスレになります。

ポエムというか惹句。コピー。少し前にマンションポエムが話題になりましたよね。何年か前の『このシミュ』で、ウォーゲームの広告につけられている惹句に関するコラムを書いた人がいましたが、あれのことです。

自分的に歴代ナンバーワンはエポック社『バルジ大作戦』の広告につけられた惹句でして、「第1ターンにサン・ヴィット占領!?」とかいうやつ。初期の『タクテクス』表2広告だったような気がしますが、現物が手元にないので何とも。もちろん普通にプレイすればそんな事態には発生しないのですが、もしかして? と思わせて、いっちょ試してやろうという衝動につなげているのがうまいですよね。そんなことは起こらないけれど、このゲームの新奇性をもってすれば、そしてそれを理解したプレイヤーならできるかもしれない、と、当時の中高生をくすぐる惹句でした。そりゃ買いましたよ、『バルジ大作戦』。品薄でなかなか入手できませんでしたが。

それ以降の同社の広告で使われた惹句は記憶になく、途中から「ATTACK!」(指ずばー)に。他社の広告にもぐっとくるものがありましたが、『バルジ大作戦』ほど印象に残っているものはありません(*)。最近の傾向については前述のコラムに詳しいのですが、「復刻」「完全版」「××賞受賞」といった事務的な語句が多くてポエミーじゃない。ポエムが足りない!!

そんなわけで、次号の『BANZAIまがじん』では、写真プラス惹句でどれだけ人をそそらせることができるのか、ウォーゲーム・ポエムを特集したいと思います。投稿もウエルカム。

* ホビージャパン社製作のAvalon Hill / SPIカタログに掲載された各ゲームの紹介が、ものすごい扇情的で好きでした。煽る煽る。



2019年1月10日の話題:
SOLGER航海日誌
ぶんかん。
書き逃げ旅団
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei


by yas_nakg | 2019-01-10 08:19 | ほぼ日 | Comments(0)

雑誌の休刊に思うこと

年始早々、恒例の六社参りでへたってしまい、ようやくブログ始めとなります。本年もよろしくお願いいたします。

出版はあかんあかんと散々言われていますが、昨年、バイク雑誌が2冊ほど休刊してしまいました。他にも休刊した、または間もなく休刊する雑誌があった/あるかもしれませんが、ツーリング系が2冊も消えてしまったのは残念。1冊は購読したことがなかったのでアレですが、もう1冊、『アウトライダー』は80年代からの付き合いなので何とも。ミリオン出版→立風書房/学研→バイクブロスと出版社を変えて生きながらえてきたので、何とか復活して欲しいものです。

そらもうバイク産業は斜陽だし、国内各メーカーも顧客の囲い込みを始めて「町のバイク屋さん」は青息吐息だし、そもそも雑誌が担ってきた情報発信の役割はネットに奪われるしで、バイク雑誌が生き残るのは容易ではありません。そうした変化した環境の中でも(少なくとも)今のところ健在なバイク雑誌はどういう努力をしているのかと思って書店をのぞいてきました。

b0142122_13193838.jpg

お、おう、という特集ですが、これまでありそうでなかったもの(あったらすみません)、バイクを脇役にして楽しみ方そのものに焦点を当てた内容になっております。また、毎年恒例なのだそうですが、

b0142122_13194410.jpg

こういう小冊子がついており、読者参加型のラリーを企画しております。日本全国16カ所のチェック・ポイントをめぐる旅。昨年は118人がクリアして、平均走行距離は12,000 kmだったそうです。

端的に言って、雑誌全体で読者をうまく巻き込んだ形でコト消費につなげております。件のラリーにしても、実際に参加しなくても読者をしてツーリングに行かせようという気にさせる企画です。果たしてそれらが雑誌ならではのことなのか、それともネットででもできることなのか、まだ精査が必要ですが、今後の雑誌のあり方について考えさせられた、良い機会となりました。

そう言えば「ぴあ」がアプリで復活していました。知りたい情報にたどり着くまでにいらんページをついつい読まされてしまうのが、いかにも雑誌・ぴあらしいところです。



2019年1月9日の話題:
『下手の横好き』
20 on 20
Immelmann Official Blog
SOLGER航海日誌
TROOPERS
ウォーゲームだもの
ターン制ストラテジーが好き
とりあえず日々ボードゲーム
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei

by yas_nakg | 2019-01-09 14:19 | Comments(0)