今までプレイしたゲームの数を覚えているかと問われれば、じゃあ貴様はこれまで食った米粒の数を覚えているのかと返したくなるくらいいろんなゲームをやってきました。このブログを読んでいる人はそうですよね? ね?

 ゲームのプレイ体験がゲームづくりにつながっている人も多いかと思います。例えば、『Afrika Korps』に物足りなくて『The African Campaign』をつくったジョン・エドワーズ氏とか、『Stalingrad』の改良ルールを延々とつくり続けたタイ・ボンバ氏とか(その後で『The Russian Campaign』の追加ルールも発表しましたね)。

 ウォーゲームどころか、ボードゲームにも触れたことがなくて『タンク・チェス』などウォーゲーム・ライクなゲームをつくってしまったのがこちら、プレドラーク・ラゾビッチ氏です。

b0142122_09113930.jpg

 セルビアというかユーゴスラビアにはゲーム・メーカーがなかったそうで、あっても海外のゲーム(『リスク』とか『モノポリー』とか)の海賊版を出している会社。友人に誘われ海賊版『リスク』をやりかけたそうですが、セルビア語ルールが残念な出来で最後までプレイできなかったので未遂……その翌日に「自分がつくるべきゲームはこれだ!」と天啓を得て、第二次大戦くらいのテクノロジーが反映された海空戦ゲームを一年がかりでつくっちゃったそうです。以来、自分のゲームしかプレイしたことがないのだとか。

 他人のゲーム・デザインに感化されていない純粋培養のゲーム・デザイナー、本当にいらっしゃるんですね。私なんて他のゲームに感化されまくり、すごい発想に触れると「くやしい……! でも……!」の世界ですよ。プレドラーク・ラゾビッチ氏の詳しい話は『BANZAIまがじん』第3号に掲載されています。




2018年4月28日の話題:
ロブノールのメダカ
 IDS、予想外に好評をいただいておりまして感謝の極みであります。ゲームマーケット春には20部くらい持ち込む予定ですのでよろしくお願いします。『TOGO』とか『インペリウム』とか片がついたら『永遠に』『III』用のエキスパンションを考えたいところです。

石田治部日記

[PR]
by yas_nakg | 2018-04-28 09:38 | ほぼ日 | Comments(2)

 昨日の続きです。日本軍について補足。

 戦いが戦いなので、アメリカ軍のワンサイドで進みますが、史実では起こらなかった尚武集団による反攻が実行される可能性があります(毎ターン、ダイスを振って1/6の確率で発生)。発生すると、それまでの努力は水泡に帰し、尚武集団の反攻が成功するか否かでゲームの勝敗が決まるという地獄が待っています。

 ゲーム開始時、尚武集団は基地エリアに潜伏しており、ここはアメリカ軍にも手出しできません。

b0142122_12494746.jpg

 で、反攻が始まると、ここから最終目標(普通はリンガエン湾の海岸堡)突入を目指すのです。最短で4ヘクス? 軽く死ねる近さです。

 もし、アメリカ軍がスクリーン・フォースを置いていなければ突入されて敗北。スクリーン・フォースがいれば、尚武集団はそこに突入してアメリカ軍部隊と戦い、勝てばさらにゴール目指して前進を続けます。しかし、他のソリティア・ゲームと違って日本軍ユニットはワン・ショットで終わり(兵站がないから仕方がないですね)。

b0142122_12444692.jpg

 史実シナリオだと5個師団(損耗)+2個旅団。全部命中しても7ヒットしか与えられないので、最大10 OPを持つアメリカ軍師団は反攻をしのげそうです。しのいだら勝ちなので、114514……。しかしターンが進むにつれてOPが減じられていくので、前線部隊にOPを回して後方部隊が痩せ細ったところを襲われると、もしかしたらもしかするかもしれません。

 史実では尚武集団の反攻は起こりませんでしたが、アメリカ軍側は警戒しており、このようなルールが用意されたとのこと。

 なお、第三十五軍登場ヴァリアントを用いると師団は2ステップを持ち、さらに第三十五軍ユニット8個が登場するので、ヤマシタズ・ラスト・ギャンブルは激しいものになるでしょう。戦車第2師団を先頭にアメリカ軍の海岸堡目指していく尚武集団 with 第三十五軍。これは燃えます。プレイヤー的にはむっちゃまずい展開なんですが。



2018年4月27日の話題:
YSGA例会報告


[PR]
by yas_nakg | 2018-04-27 13:05 | ほぼ日 | Comments(0)

 一度主戦場をTwitterに移すとなかなかブログに戻れませんね。とは言え長文を書くのはブログのほうが楽だったりします。

 WW誌の新作『ルソン・キャンペーン』であります。


 はい、プレイヤーは第6軍の司令官となり、規定時間内に日本軍を掃討しなければなりません。

 基本システムはこれまでタイ・ボンバ氏が発表してきたソリティア・システムを用いています。即ち、ゲーム開始時は海岸堡の4ヘクスを除く全てのヘクスを日本軍が支配しており、アメリカ軍ユニットが移動するたび、日本軍の発生チェックを行って日本軍が出てくれば戦闘発生、勝てばさらに移動を継続できるというアレです。しかし、


いつもなら、敵ユニットがそれなりにあって、そのヘクスにいた数だけランダムに引いて戦闘を行います。相手がドイツ軍でも、ソ連軍でもそうでした。しかし1945年のルソン島。日本軍に組織的な抵抗もできるはずもなく、日本軍支配下ヘクスに進入してもまともな戦闘は発生しません。アメリカ軍の移動を遅らせることができるだけなのです! だからこのようなカウンター・シートの構成になっています。

 しかし、日本軍もただやられる一方ではありません。ゲーム中1回だけ、1/6の確率で尚武集団の大反攻が発生し、アメリカ軍に殴り込みをかけます。これが成功するとサドンデス敗北となるのです。また、史実のルソン戦役なんてイージー・モードじゃん、と思われる方には、

● 上陸地点がマッカーサーの気まぐれで決まるシナリオ
● 山下将軍のフィリピン着任が史実より早まって防備を固めるヴァリアント
● さらにレイテ島を放棄して第三十五軍をルソン島の防衛に回すヴァリアント

が用意されています。全部盛りのハーディスト・モードだと、尚武集団の反攻 with 第三十五軍が強力すぎる気がするんですが。

 あと、ランダム・イベントで捕虜/民間人収容所を解放するために部隊を割かなければならないことがあり、これが毎ターン続くと結構大変。そこを尚武集団に襲われるともう!

 史実でどんなことが起こったのかを追体験するのにソリティア・ゲームは向いていますが、戦場によって基本システムにどのようなアレンジが施されているかを眺めることで、さらにその趣が増しますね。



2018年4月26日の話題:
『下手の横好き』
bqsfgameの日記
buqbuq diary
FORGERのブログ
Immelmann Official Blog
ロブノールのメダカ
わうだけやってる場合じゃない

千葉会(Chiba Club)
占いとシミュレーションゲーム
堀場工房
書き逃げ旅団
松山六角会
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei

浜松ボードゲーム同好会
金吾激闘記〜違うぞ!金吾

[PR]
by yas_nakg | 2018-04-26 08:48 | 海外ゲーム【L】 | Comments(0)

 ブース番号D51「ボンサイ・ゲームズ」にお越しくださった方、ありがとうございました。まさかの印刷トラブルで『アイアン・デブリ・サウンド(IDS)』が間に合わずご迷惑をおかけしました。IDS並びに『マンガでわかるウォーゲーム』はゲームマーケット2018春にa-gameのブースで委託販売予定ですので、よろしくお願いいたします。

 イベントではいろいろと考えることがありましたので、記憶が鮮明なうちに形にしたいと思います。

 今回、ブースはTOROさんにお手伝いいただきました。本業のほうの展示会では立ちっぱなしが基本なのでゲームマーケットでもだいたいそうなのですが、TOROさんも休みなし&立ちっぱなしでお手伝いくださいましてありがとうございます。そんなTOROさんのレポートはこちら。ブースの中であれこれいろんな企画を話しておりまして、何とか実現したいですね。

 また前日のゲーム会、大勢の方にご参加いただき、こちらもありがとうございました。こちらでは春のバン祭り用『奉天会戦』を鹿内さん、西新宿鮫さんにテストプレイしていただき、形にすることができました。史実通り日本軍が若干厳しいですが、敗北するごとにいろんな作戦を考え、対戦を繰り返す中で史実で日本軍がやろうとしていたことにどんな意味があったのか、感じていただけるようなゲームになったのではないかと思います。

b0142122_07582410.jpg

 『奉天会戦』の写真がなかったのでIDSのシナリオ14「マザータウン沖海戦」の模様など。シールドを展開するプレアデスになかなか損害を与えられないため、デスラー戦闘空母はイスカンダルを背にデスラー砲を撃とうとしますが、なかなか射線が定まりません(回頭が60度刻みだから仕方がないね!!)。

 「がはは、一気にひねりつぶせ!」とそれまで組んでいた輪形陣を崩し、移動力を生かしてガミラス艦隊に肉薄する暗黒星団帝国軍。残っているアクション・チットは暗黒星団帝国軍のそれだったので、ガミラス艦隊を一気に屠れるところだったのですが、非情にもここでアクション終了のお知らせ。そこへ待機していたガミラスの鈍足雷撃機群が魚雷をプレアデスに叩き込み、シールドも破られ、何とデスラーは自力で勝利したのでした。

 「古代はまだか……いや、もう来んでエエわ」



2018年4月3日の話題:
bqsfgameの日記
F男の誰も付いていけない話
Immelmann Ofifcial Blog
SOLGER航海日誌
しゅみのしみゅれーしょんげーむ
堀場工房
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei

[PR]
by yas_nakg | 2018-04-03 08:26 | ほぼ日 | Comments(0)