『イタリア義勇軍団: サンタンデールの戦い』に続いて『日露戰役』を対戦。補給の運用と、日本軍にとってはどのように兵站線を守るのか、に焦点を当てた優れた作品です。



 プレイ時間は短いですが、初っ端から両軍ともタフな決断を迫られるので、いきおい濃い時間に身を置くことに。例えば、ゲーム開始時は日本軍は比較的補給に余裕があるので、それをぶっ込んで前線のロシア軍を確実に撃破するべきか、それとも戦術的優位を確保(カードを取得)すべきか。次のターンから始まる旅順攻撃のために余裕を残しておくべきか。
 ロシア軍にとっても、日本軍が戦闘時に多量の補給ポイントを投入してきた時に、損害軽減に期待して自らも補給を使うのか。それともトータル・コストで考えて戦闘は諦めて増援の投入に補給を回すのか。あるいは戦術カード取得に専念するのか。

 補給の使い方と勝利条件の設定が、時間と空間のどちらを優先するかというジレンマに結びついています。非常にエレガントなデザイン手法です。

 それにプラスして、戦闘の不確実性がありますから、勝てるだろうと思っていた戦闘で負けた、なかなか旅順が落ちない、予想外にバルチック艦隊が早くやってきた、などと状況が変化し、その変化した状況の中で新たな作戦を考える楽しみがあるのです。



 一戦目はかう゛ーる氏と対戦。マカロフ提督率いる旅順艦隊に第一艦隊が翻弄される絶望的な展開となりまして、大陸の補給が途絶気味。何とか旅順は攻略したものの、1904年9/10月ターンに早くもバルチック艦隊が到着して絶望から地獄へ。日露戦争における制海権の重要性が身にしみた一戦となりました。

 二戦目は天保山に〈かが〉を観に行った帰りのさばげ隊長と。今度はロシア軍を担当です。日本軍、ダイスの目が振るわず(4個振って命中1ばかり)戦線が膠着。第三軍が旅順を攻撃して損耗したところ、ロシア軍が「ミシチェンコ」カードを使って戦線の間隙を突いて同軍を攻撃。補給ポイント全部つぎ込んでこれを撃破してサドンデス勝利を得ました。



 ミニゲームなのに展開の幅が広く、プレイヤーに多くのことを考えさせ、しかもそれによって日露戦争とはどんな戦いだったのかを教えてくれる、実に教育的な作品です。歴史ゲームはかくあるべし。これは何度も対戦したい!



2018年5月22日の話題:
THEN WHAT?
TROOPERS
Immelmann Official Blog
Si-phon開発者BLOG
千葉会(Chiba Club)

YSGA例会報告
広島・ゲーム・サービス例会報告


[PR]
by yas_nakg | 2018-05-22 09:22 | 国産ゲーム【な行】 | Comments(0)

いいから黙って……

 出張が入りそうで個人的には参加が微妙になりつつある春のゲームマーケットですが、


ちょっと奥さん、『日露戦役』が発売ですよ。ここでFacebookで拾ったGIFアニメを使わねばなるまいよ。

b0142122_10481027.gif

 いいから黙って金を受け取れ……なんて潔い。



2018年2月10日の話題:
OPEN DICE ROLL
歴史・戦士研究会「ちはら会」Zwei

[PR]
by yas_nakg | 2018-02-10 10:53 | 国産ゲーム【な行】 | Comments(0)

国産ゲーム【の】

2017 (5):



信長最大の危機

[PR]
by yas_nakg | 2016-03-31 10:21 | 国産ゲーム【な行】 | Comments(0)