カテゴリ:ほぼ日( 194 )

b0142122_09523189.jpeg




2018年12月15日の話題
BONSAI GAMES ONLINE
Like War on a Board
SOLGER航海日誌
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告
ウォーゲーム武芸帳
とりあえず日々ボードゲーム
三楽堂によるボードゲームの記録
指輪世界の第五日記
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei


[PR]
by yas_nakg | 2018-12-15 09:59 | ほぼ日 | Comments(0)

商品ページはこちら。そうそうリプリントはないと思うので、欲しい人は確実に押さえてください。

リプリントと言えば、


このへん仕入れるのはどうなんでしょうか。やらないなら小さいところが頑張るかもしれません。



2018年12月14日の話題:
Bonsai Games Online
ONE EVENING

Papas & Richards
Si-phon開発者BLOG
YSGA例会報告
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
ジブセイル・ゲームズ・サポート・ブログ
しゅみのしみゅれーしょんげーむ
セントラル・ステーション分室
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム

曲がりシッポの別館
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
浜松ボードゲーム同好会
紗水あうら
翔鶴のブログ
三楽堂によるボードゲームの記録

[PR]
by yas_nakg | 2018-12-14 14:44 | ほぼ日 | Comments(0)

今年ウォーゲームするためだけにポーランドへ行ったわけですが、招待してくれたマジェクさん、現在ブラジルで遊んでいるそうです。ブラジルのウォーゲーマーに招かれたそうで。今朝、そのブラジリアンから突然Messengerで、今度は私をブラジルに招待してくれるとのこと。ブラジルかあ。

どうでもいいですが、Messangerは必要な時以外は使いませんし、普通そうですよね? しかしブラジルの方はスパムかよ、と思えるほど、メッセージなしでいろんなネタを流してきます。その人だけかもしれませんが。先日も唐突に「ナショナルキッド」の動画リンクを送ってきて、「彼は私のヒーローだ」とか何とか。今朝もサッカーの面白動画が貼り付けられていました。とりあえずサムアップでお返し。

これもどうでもいいことなんですが、少し前に『私をスキーに連れてって』を初めてBS放送だかで見ました。その中で軽くショックだったのが、定時になるとそそくさと帰り始めるサラリーマンやOLに、若者同士のちょっとした賭け事が普通に1万円から始まって10万円くらいまでレイズされていったこと。豊かたったんですねぇ。

ああ、でも原田知世は今のほうが断然いいです。これだけは勝っていた。



2018年12月6日の話題:
Inside GMT Blog
Papas & Richards
Si-phon開発者BLOG
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告
ウォーゲームだもの
ウォーゲーム武芸帳
ソフィアゲーム通信
マイケルの戦いはまだまだ続く


[PR]
by yas_nakg | 2018-12-06 09:59 | ほぼ日 | Comments(0)


何度か書いていますが、ウォーゲーム界隈では手書き→写植で入力ミスされた「20C」が印象的でした。

実際、古いゲームを再販する時はルールブックをスキャン→Googleドキュメントで読み込んでからの作業が楽なのは事実でして、最近も某国産ゲームの復刻でそれをやりました。そこで問題です。次のうち正しいのはどれでしょう?

1)戦闘力ード
2)戦闘カード
3)戦闘カ─ド
4)戦闘力─ド

日本語をスキャンした時ならではの問題。ぱっと見は違和感ないかもしれませんし、「インド人を右に」と違って意味は一目でわかるので被害は少ないのですが。今後、古いゲームの復刻で「インド人」をちらほら見かけることになるかもしれませんね。



2018年12月5日の話題:
Si-Phon開発者BLOG
ウォーゲーム武芸帳
※個人事業主だと在庫に課税されるので厳しいのではないでしょうか。

超人ロック(エポック/国際通信社)
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
翔鶴のブログ
荏苒日を送る
閑人工房

[PR]
by yas_nakg | 2018-12-05 08:11 | ほぼ日 | Comments(0)

「マジすか小六」ですかね。

あ、STQ入荷しましたのでよろしくお願いいたします。眺めているだけで(読んでいるとは言ってない)ゲームをつくりたくなるすごい本です。



2018年12月4日の話題
9Joeのらくがき帳
Bonsai Games Online
Papas & Richards

Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告
とりあえず日々ボードゲーム
翔鶴のブログ


[PR]
by yas_nakg | 2018-12-04 13:36 | ほぼ日 | Comments(0)

すみません、少し動きました。

ウルグアイの内戦をテーマにしたブライアン・トレイン氏のゲームでして、『BANZAIまがじん』第5号から始めたコラム「俺の選んだゲームがこんなに売れないはずがない」で取り上げたので、慈悲をいただけたのかもしれません。ありがとうございます。まだまだ在庫あります

OSSのフォリオ第1作『シャイニング・パス(センデロ・ルミノソ)』とよく似たシステムを用いており、1人が政府側、もう1人がゲリラ側を受け持って、それぞれPSLと呼ばれる政治的支援レベルを高める/相手のそれを下げることがプレイの目的となります。政府側とゲリラ側で行えるミッションが異なるのがポイント。加えて政府側は軍、警察、政治家の3つの組織があって、それぞれできることやモラルが異なります。政府側としてはどれか1つを強化するほうが効率は上がりますが、当然ゲリラは弱いところを狙ってきて、その組織のモラルがバーストすると危機が発生し、政権が転覆したりクーデターが発生したり。『トゥパマロ』の場合はゲリラ側があまり危機をあおると戒厳令が発せられてまじもんのドンパチが始まるので、ゲリラはそれなりに自重しなければなりません、ということで『シャイニング・パス』より味わい深いものとなっています。

ちなみに当店のここ1カ月の売れ行きはこんな感じ。売り切れ中のものはリンクしていません。

3位: 中部太平洋戦役(Central Pacific Campaign)
4位: ミニミニ世界大戦(Mini-WW II)
5位: ゾンビ・ウォー(Zombie War)
9位: ラプラタ沖&デンマーク海峡(River Plate & Denmark Strait)
10位: ペロポネソス戦争(Sfacteria & Egemonia)

販売開始数日で『東大安田講堂襲撃』が6位にランク入りするとかすごすぎでしょう!!

『ミニミニ世界大戦』は台湾から出荷されたと昨晩連絡いただきましたので間もなく。『中部太平洋戦役』はちょっと催促しないと。『ラプラタ』は売れるのに一次大戦のほうはさっぱりなんですよねぇ。システムは同じなんですが。



2018年11月29日の話題:
Papas & Richards
Si-ohon開発者BLOG
アナログゲームショップa-game
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
書き逃げ旅団
翔鶴のブログ
舞方雅人の趣味の世界


[PR]
by yas_nakg | 2018-11-29 14:46 | ほぼ日 | Comments(0)

イタリアンなウォーゲーマー氏から「『モスクワ電撃戦2』をプレイしたよ」とメールいただきました。ありがとうございます。

b0142122_10310086.jpg

しかし、「Needless to say: I lost badly as the Russian in Blitzkrieg to Moscow! The German player got 15VP at the end.」だそうで、ちょっと負けっぷりが豪快すぎんよ。



2018年11月27日の話題:

dragoner.ねっと
SOLGER航海日誌
ふかひれすーぷ
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記


[PR]
by yas_nakg | 2018-11-27 10:36 | ほぼ日 | Comments(0)


当ブースにお越しくださった皆様、並びに商品をお買い上げくださった皆様、まことにありがとうございます。開始1時間で売るものがない状態に陥ったのは戦術的勝利の戦略的敗北、ペルシアは負けたけどアルテミシアちゃんは大勝利!! というヒストリカルな展開でしたが、通販もいたしておりますのでよろしくお願いします。『ミニミニ世界大戦』はSOLD OUTの状態ですが、近日中に入荷いたします。

ミニミニ世界大戦
当日は西新宿鮫氏&三楽堂店長にインストしていただけるという贅沢!! さらに販売を手伝っていただける予定だったボードウォーク店長まで参戦で、試遊なのかガチ対戦なのか大いに盛り上がっておりました。エッセン・シュピール2018で気になっていたという方も少なくありませんでした。


300: ギリシア・ペルシア戦争

b0142122_13392912.jpg

写真は前日に開催された士官学校での対戦の様子。ギリシア軍を受け持っているのは鹿内さん(名札を見りゃあわかる)、ペルシア軍を受け持っているのはaoさんです。慎重なao大王は最後に大攻勢を企図しますが、ギリシア側も周到に準備しており、鮮やかに侵攻を頓挫させていました。写真は最終ターンの様子。aoさん、娘さんと対戦してくださったとのことで嬉しい限りです。

慣れないうちはペルシア有利、ギリシアが柔軟な対応を見せ始めるとギリシアが有利、というのが現在の評価かと思いますが、にょろう氏はペルシア有利説を支持されています。鹿内さんとゲームで決着つけて欲しい。

鹿内さんと言えば、「『アルテミシアちゃん大勝利!』のマンガ、あれに俺の原稿をくっつけるべきだったんじゃねぇか」と詰め寄られましたが、入稿のタイミングというものがありまして……鹿内さんのアルテミシア、あるいはエヴァ・グリーンへの愛が綴られた『300』の紹介は『このシミュゲがすごい!2019年版』に掲載予定です。

TOGO
情報がほとんど出ていないにもかかわらず、大勢の方にお買い求めいただけました。ありがとうございます。とりあえずはこちらをご覧ください。ジャック・グリーン人気高しです。

東印度公司: East Indiaman
前述の通り1時間ほどですることがなくなり、ご予約の方の来訪を待つばかりとなったので右隣のサークルのお手伝い。歴史ゲームつながりです。台湾からお越しのDavid Wangさんで、Facebookページはこちら。いわゆるワーカープレイスメント系ボードゲーム。ユーロゲームの売り子をやるのは初めてだったので緊張しました(笑)。

お久しぶりの中嶋さんもお越しくださいました。仕事がお忙しいようでゲームの新作はまだ難しそうとのこと。いつも素晴らしい差し入れ、ありがとうございます。

[PR]
by yas_nakg | 2018-11-26 14:08 | ほぼ日 | Comments(0)

サボテン・ブラザーズ

3年ぶりのアメリカ出張でした。ゲーム成分は薄め。

サボテンをバックに写真を撮ることになりまして、「もう少し後ろへ」の指示でサボテンのトゲが尻にブスリ。「いやっおっほぅ!!」と飛び上がり、リアル『トムとジェリー』を演じてまいりました。人はかくも簡単にトムになれるのか。尻に5センチほどのトゲが2本、突き刺さっていました。いやサボテンのトゲがあんなに痛いとは。

この出張におけるゲーム成分の話題は扱いが難しいので、『BANZAIまがじん』誌上、あるいは『インペリウム』発売の頃にまた。



2018年9月29日の話題
“Semper Anticus”
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
セントラル・ステーション分室
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
求法巡礼
書き逃げ旅団
松山六角会
閑人工房

[PR]
by yas_nakg | 2018-09-20 09:53 | ほぼ日 | Comments(0)

もともとコミュニティなんてF2Fが可能な友人間に限られておりまして、その中でルールの解釈が行われたり、作戦研究が進められたり。それだけで十分だったのですが、TAC-CONが他流試合の場となって、ルール解釈の間違いに気づかされたり、内輪で通用していた作戦がうまくいったりいかなかったりしたのが面白くて、その結果を自分たちのコミュニティに持ち帰って検証したり、さらなる発展に活用したり。コミュニティ間における情報の非対称構造そのものがゲーム的で、ゲーム自体の面白さを増幅する作用があったように思います。

蛸壺単位で共有されていた情報が雑誌などの媒体で平均化されていき、今や個人単位のネットセントリックな戦い方ができるようになって情報は共有されるのが当たり前となっています。前述の「他流試合」の面白さはなくなりましたが、その分、ゲームの基礎研究がリリースと同時に一挙に進むようになりました。これ、ゲームをつくる立場としてはかなりのプレッシャーです。

ゲームが消費される環境はネットセントリックなのに、テストプレイは蛸壺の中で行われている可能性がある。そんなの、蛸壺から出た途端に木っ端です。少しでも長く生存性を高めるためには、戦場=消費環境を十分に把握した上でゲームをつくる必要があるのでしょう。ということを先日のウォーゲーム・ミーティングで考えさせられました。

話変わって『BANZAIまがじん』第4号のお問い合わせをよくいただいておりますが、いつもより多く印刷したのでまだ在庫あります。もうすぐWWやSTが届くと思いますので、そのタイミングでゲットしていただければありがたいです。



2018年9月14日の話題:
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
もりつちの徒然なるままに
占いとシミュレーションゲーム
書き逃げ旅団
金吾激闘記〜違うぞ!金吾


[PR]
by yas_nakg | 2018-09-14 10:02 | ほぼ日 | Comments(0)