さんざん更新放置してきたわけですが、しかもゲームマーケット2018秋2日前でブースの宣伝も疎かになっているというのに、WW誌の新作『中部太平洋戦役(Central Pacific Campaign)』が面白そうなのでちょっと思いつくまま書かせてください。

テーマがいい
  • 1943年10月から1944年7月までの中部太平洋戦域という、限定された期間と戦場。レイテなし、フィリピン戦もなしです。何という寸止め感。その代わり史実よりも速いペースで中部太平洋侵攻ルートをクリアにして、マップ外、はるか南方で頑張っているマッカーサーに先んじて日本攻略の道筋をつくらなければならないのです。
  • しかもソリティア。恐らく対戦ゲームにすると米軍の勝利条件を知る日本軍は効率的に反攻するなり防御するなりするでしょうが、ゲーム・システムによって行動が規定されるので、つまりランダムにあれこれしてくるので、むしろそれっぽい展開が発生します。

システムがいい
  • 1ターンは1カ月のスケールなので全10ターン。米軍、日本軍の順番でターンを行います。米軍が1ターンに行える作戦数は基本1回。それに支配している島嶼の数をプラスします。占領エリアを増やさないと作戦数が増えないというのは展開を誘導するものではありますが、支配する島嶼が増えれば索敵範囲が広がり、兵站のネットワークが充実し、後方に取り残した敵の脅威もなくなるということで極めて自然であります。
  • 日本軍の作戦はランダム・イベントによって定義されて基本は1ターンに1回。海上部隊が出撃したり、航空部隊だけで攻撃が行われたりします。1944年からは「あ号作戦」が発動される可能性もあり、空母によるロングレンジ攻撃が行われます。
  • ちなみにこのロングレンジ攻撃は、通常は同一グリッド内で戦闘するところ、隣接グリッドから攻撃できるというもの。ただし相手に空母がいると逆襲を受けることになります。そして「あ号作戦」は最も空母数が多い米艦隊を目標にするので、あとはわかるな?
  • 1アクションが1作戦、そして1作戦でできることが明確になっており、各ユニットは対空/対地/対艦/対潜戦闘力を持つ……という、『レッド・ドラゴン・ライジング(RDR)』のシステムがベースになっています。なるほどこのシステムなら、作戦を行う部隊とその目標を定義するだけでいい感じのソリティア・ゲームになります。

将来的には対戦ヴァリアントも
  • 日本軍の航空/海上ユニットは、基本出撃時だけマップ上に置かれ、任務が終わるとマップ外に戻されます。海上ユニットはそのターンの最後まで置かれ、必要に応じて戦闘を行います。ターンまたぎで継続して作戦をしないのもソリティア・システムに向いていると言えるでしょう。
  • ただし、なぜか日本軍の海上ユニットに移動力が印刷されており、デザイナー(ミランダ氏です)が「将来的に発表するかもしれないヴァリアントで使うかもよ」と述べています。RDRシステムが根幹にあるので対戦ゲームにするのは簡単だと思いますが、ルールを読んだ限りではこのテーマ、ソリティアのほうがむしろ無理なく楽しめるのではないか、と思ったりもします。対戦ゲームにするのであれば、マッカーサーの存在がないと面白くならないと思うのですよ。

ユニットの面白レーティングについてはここで触れませんが、大和型戦艦2隻の対地戦闘力はゲーム中最大で米海兵師団に匹敵する、と書いておかねば。陸上戦艦大和は実在した……!?

※米戦艦の対地戦闘力がゼロなのが解せないのでありますが。

[PR]
by yas_nakg | 2018-11-22 09:51 | 海外ゲーム【C】 | Comments(0)

 またかと言われそうですが、タイ・ボンバの新作が届いてしまいました。『COLD START』、第四次印パ紛争です。


 ということをN村氏に教えていただきました。本作はその『The Fire Next Time』のアップデート版になるはずですが、ゲーム・システムは『プーチンの戦争』に近いです。準備をしてきた大軍同士が殴り合うんだから何が起こるかわからないよね、という無責任な予想のつきにくい状況を再現するシステムです。移動力? そりゃあコマンド・コントロールがうまくいく保証がないんだからダイスで決めますが何か。

 ただし『COLD START』は『プーチンの戦争』からシステム的にアップデートされており、軍団マーカーを用いて1スタックを活性化させて移動か攻撃を行う。活性化に使った軍団マーカーは、次にいつ戻ってくるかわからないので、いつ大攻勢をかけるのか、どの程度予備に残しておくのか決断を迫られます。全10ターンを戦うグランド・ストラテジーを考える楽しさを提供してくれるのです。

 そこに中国軍介入の不確実性が加わります。いつ来るのか。来るとしたら何が来るのか。地対地ミサイル装備の砲兵軍団か、最強空挺軍団か、あるいは戦闘支援に使える特殊部隊か。さらに戦術核。これはパキスタン軍が先制使用の権利を持っていて、使えば1ヘクス内のユニットを(ダイスの目-1)個吹き飛ばすという豪快なもの。パキスタン軍が使えばインド軍も使えるようになり、マップをキノコ雲マーカーが覆うのも時間の問題でしょうか……ただし1発撃つごとにダイスを1個振り、「6」が出ると戦略核戦争が引き起こされ、そのトリガーを引いてしまったプレイヤーが敗北します。

 サドンデス敗北もあるので、パキスタン軍プレイヤー、戦術核の使用を自重するのが難しいかもしれません。インド軍プレイヤーとしては生かさず殺さず最終ターンで勝利するくらいの攻めがベターと言えるでしょうか。じゃあ最初から戦争するな、という話もありますが。



2018年6月12日の話題:
20 on 20
bqsfgameの日記
FORGERのブログ
OPEN DICE ROLL
SOLGER航海日誌
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告

ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
はやるOne-Man-Show
ふかひれすーぷ
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
ボード・ウォーゲームをプレイするための日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
ミドルアース大阪本部のブログ
もりつちの徒然なるままに
三楽堂によるボードゲームの記録
曲がりシッポの別館
書き逃げ旅団
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
浜松ボードゲーム同好会


[PR]
by yas_nakg | 2018-06-12 16:45 | 海外ゲーム【C】 | Comments(0)

 対戦してきました。かう゛ーるさん、ありがとうございます。パラベラム誌第3号の付録ゲームです。非常に面白い作品でした。

 スペイン内戦における北部戦線の戦いで、タイトル通りイタリア義勇軍団が活躍しました。Wikipedia(英語)はこちら

 ゲーム・システムとしては移動の後に戦闘を行うオーソドックスなものですが、戦闘支援時に行われる「砲爆撃」がポイント。当たれば敵は混乱し、戦闘力は半減、さらに混乱レベルが上がると戦闘解決時のダイスの目修整がつきます。砲爆撃を行えるのは司令部と航空ユニットで、これは両軍が行うのではなく、投入量が多い軍のみが投入したポイントの差分を使用できるようになっています。

 攻めるナショナリストは砲兵、航空ユニット、CS(補給段列。ロメロ氏の作品ではお馴染みのトラック・マーカーで、消費することで司令部の砲撃力が増します)が潤沢。共和国はそのいずれも限定的。しかもCSの補充はありません。しかし防御側は攻撃側の出方を見た後で使用を決められるので、ナショナリストにとって不利なコラムまで落とすために支援を使ったり、ナショナリストが余裕をかまして支援を行わない戦闘で集中投入することで、効果的に運用できます。

 この砲爆撃の役割が非常に大きい。と言うのも戦闘結果表に癖があり、3:1までのオッズであればほぼ相打ちの結果です。共和国のユニットは1ステップしかないため、1損害でも厳しいのですが、防御側は退却することで損害を吸収できます(ただし1のみ)。全7ターンしかないこのゲーム、じわじわ下がれば共和国は負けないのです(ただし、重要拠点を失うと共和国はオプション退却が行えにくくなって戦線が瓦解していくという面白いギミックが用意されています)。


 その展開を打破するために、ナショナリストには高オッズで発生する戦闘結果B=ブレークスルーが必要です。これは防御側を壊滅させた上、攻撃に参加したユニット(自動車化部隊でなくてもOK)に3ヘクスのZOC無視戦闘後前進を認めるもので、共和国の戦線を一気に包囲することが可能になります。攻撃正面は狭く、地形も悪いので5:1や6:1のオッズはなかなか立たない……のですが、砲爆撃が当たれば戦闘力は半減してそのチャンスが拡大します。さらに補給切れになったユニットはZOCを失うので、ブレークスルーで敵戦線を包囲、補給を切ることができれば、文字通り戦線をずたずたにすることが可能なのです。


 戦線左翼、随所で共和国軍が包囲されているのがおわかりでしょうか! この時は勝ったと思ったんですけどね。

 勝利条件はナショナリストが6点を獲得することで、サンタンデールの占領(3点)、敵旅団10個の撃破(1点)、目標ヘクスの占領(各1点)で得点できます。サンタンデールを占領しなくても、それ以外の全ての目標ヘクスを占領すれば条件を達成できますが、なかなか厳しい。サンタンデールは端の端にあるので、共和国がユニットをばらまけば占領は不可能でしょう。それ以外の全てを占領するにも時間が足りない感じです。

 しかし共和国バスク部隊を投降させることができれば……右側に見える兵科マーク赤色の部隊がそれ。


 バスク地方寄りにセットアップされるこの部隊、補給線が切られると現地のイタリア軍司令官に降伏を申し入れます。そんな事態に陥ったら共和国左翼は壊滅してしまいますが、さすがに簡単にはいかない。今回の対戦では右翼からの攻撃は控え、中央突破でバスク部隊を降伏に追い込もうとしましたが、補給線を切ることはできませんでした。

 戦線左翼、中央、右翼で異なる表情を見せ、それぞれが持つ意味が異なる(順に、補給源と得点源、突出部と時限得点源、バスク部隊)ので、どこにどう重点を置いて勝利を目指すのか。そのために司令部と空軍をどう運用するのかを考えるのが肝のような作品だと思います。攻撃側も防御側も異なる性質の辛みを感じる良作です。

 ということで、次はこちらも面白かった『日露戰役』について語りたいと思います。



2018年5月21日の話題:
ジブセスルゲームズ・サポートブログ
わうだけやってる場合じゃない
9Joeのらくがき帳
str_takeshi雑記帖
TROOPERS
とりあえず日々ボードゲーム
ソフィアゲーム通信
千葉会(Chiba CLub)
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
浜松ボードゲーム同好会
bqsfgameの日記
SOLGER航海日誌
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる

もりつちの徒然なるままに

[PR]
by yas_nakg | 2018-05-21 10:23 | 海外ゲーム【C】 | Comments(0)

海外ゲーム【C】


2017 (1):


2017 (3):



2017 (2):


2017 (3):


2017 (2):


2017 (1):


Cuba Libre (2013)
[PR]
by yas_nakg | 2016-01-25 08:51 | 海外ゲーム【C】 | Comments(0)