2018年 06月 05日 ( 1 )

 『Pacific Subs』なんですが、キャンペーン・シナリオ以外は潜水艦映画がモチーフとなっています。

 このうち、ケーリー・グラントが艦長を務める作品では、問答無用で艦長のスキルが最高の「2」となります。『潜望鏡を上げろ』(エドモンド・オブライエン)では、必要に応じてランダムに艦長のスキルを決めるのですが、何に由来しているのでしょうか(すみません、観ていません)。

 もちろん『ペティコート作戦』では潜水艦はピンクなので敵の目を引きやすく、味方からも攻撃を受けます。

 ということは、いずれ発表されるであろう日本海軍ヴァリアントでも、日本の潜水艦映画がネタにされるのではないかと思ってWikipediaで調べてみました(なお、日本海軍潜水艦のデータは用意されているので、ヴァリアントを待たなくてもプレイ可能です)。

 壮大な邦題に驚かされ、何だインディアナポリスの撃沈かと気を抜いて観たら、実は鮫映画だったという『パシフィック・ウォー』シナリオもありですね。なお、潜水艦がファースト・アプローチで漂流している人のレスキューに失敗すると、50%の確率で鮫に食べられるという細かいルールが用意されています。



[PR]
by yas_nakg | 2018-06-05 12:16 | 海外ゲーム【P】 | Comments(0)