人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日記的な

まきびしヘクス

正式名称は何と言うんでしょうね、あのヘクスの頂点にまきびしみたいなのがついているやつ。

ヘクスサイドがないと、ヘクスサイド地形が判別しやすくなるとか、絵画調の意匠が映えるとか、駒が枠内に捕らわれている感じがしないので自由を満喫できる(?)とか、良いことずくめのように思えるのですが、自分でデザインするとなると面倒でありました。
まきびしヘクス_b0142122_20371308.jpg
BANZAIまがじんEX第10号付録『スティックス&ストーンズ』日本語版のマップはこんな感じになりそうです。ヘクスサイドが存在しないので、ルールブック中、ヘクスの辺を指す時はどういう表記が適切なんでしょう。そもそも厳密には「マス目」ですらないという。「デザイン上の処理で辺が省略されていますが、まきびし状のアイコンで囲われた6角形の範囲をヘクスと呼び〜」みたいな一文が入っているものなんでしょうか、まきびしヘクスのゲームは。

Twitterで触れましたが、M1の運用についてはこちらで勉強中です。本書、91年にウエスト・ポイントのUSMA(United States Military Academy)で教材として用いられたゲームブック式の本。1990年頃に中東のどこかで戦争が始まったという想定で(詳細は語られません。それは政治家の仕事であり、戦車小隊長である「あなた」にとってはどうでもいいことなのです)、既に「ヴァレー・オブ・ティアーズの戦い」でアメリカ軍は実戦を経験しています。あなたはその後で本国からやってきた新米の戦車小隊長というわけです。

著者が戦史の中でもリーダーシップを重視しているので、本書もリーダーシップを養うテキストとして構成されています。


by yas_nakg | 2021-05-29 20:40 | 日記的な

歴史系ストラテジー・ゲームの話が中心です。


by yas_nakg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31