人気ブログランキング |

ソークオフだよ人生は

lforn.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 23日

アンチ・クライマックスで申し訳ありません> 日曜日の対戦


わざわざこんな手のかかる仕込みをしたにもかかわらず、不発で申し訳ありません。対戦途中で協議終了となりました。

不発だった理由は『Blitzkrieg in the West』が思った以上に負荷の大きなゲームで、両軍とも十分な準備なしにはゲームにならないため。例えばこのゲームのZOCはいわゆる弱ZOCで、移動中であろうと3 MPを消費すれば離脱でき、ZOC間の直接移動も可能です。ただしこの浸透移動に「全移動力消費することで1ヘクス移動できる」という特別ルールは適用できません。

その他、航空部隊が実行できるミッションが多岐に亘り、航空任務の割り当てに慎重にならなければならないこと。この点、連合軍は割とどうしようもないのですが、ドイツ軍は爆撃機で地上支援を行うのか、戦略爆撃を行うのか、空爆を行うのか、など考えることが多いのです。これも事前準備が必要でした。

また、ショック・ポイントの源泉ももう少し丹念に調べておく必要があり、恐怖爆撃がどの程度、影響するのか、それを防ぐ手立てはないのか、など、両軍がある程度、習熟しておかなればなりません──ということでカードによる事前作戦計画はソリティア向きではないように思えますが、実際のところは様々な状況設定を自分で演出してみて、ルールを丁寧に適用してソロる、という楽しみ方も悪くないのではないでしょうか。

「逆メヘレン事件」ですが、成否は不明です。こちらもあえて聞いてないし、隊長も何も言わなかった。けれど、もし読んでいなかったとしても「わしはシュリーフェン計画をやる」と言い切ったのはさすがですし(!?)、ベルギー・フランス国境のフランス軍を見て「やっぱり、史実通りアルデンヌにいくわ」と優柔不断、いや柔軟な思考を持っていたのもさすがです(!?)。

情報戦に関しては謎のままですが(これ、隊長がこのブログを読んでいて何も言わないならそれはそれですごい)、また何かで利用したいと思います。

このままではあまりにあまりなので、ゴールデンウィーク後半に『独ソ電撃戦』の連結ゲームをやろうということになりました。ドイツ北方軍集団をさばげ隊長、中央を私が受け持ち、ソ連軍をミリタリー・アドバイザーに任せて「ひいひい言わせたろうぜ」(隊長・談)。今度こそ面白いレポートになると思うのでご期待ください。

b0142122_12415550.jpg

ドイツ軍が選んだ作戦カードの数々。地上支援(Ju-87のお仕事)を選んだのに戦略爆撃も同時に選ぶ(Do-17が追加される代わりにJu-87が引き抜かれる)など、計画に混乱が見られました。

b0142122_12420085.jpg

連合軍の計画はブログで書いた通り。アルデンヌ〜パリへの回廊を開けて誘っていました。

b0142122_12420539.jpg

そのパリが恐怖爆撃にさらされる!! 「爆撃だけで戦争に勝っちゃる」と、隊長はルメイのようなことを口走っていました。



2019年4月23日の話題:
bqsfgameの日記
Immelmann Official Blog
K.G.M.C.活動日記
Si-Phon開発者BLOG
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
※このゲームはじめて見た時、人生と引き換えにするくらいの覚悟で取り込まなければならない奴だと感じました。すげー!! 必読。

YSGA例会報告

ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳

とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
リプレイだぴょん

千葉会(Chiba Club)
浜松ボードゲーム同好会
21ゲーム日記




by yas_nakg | 2019-04-23 13:10 | ほぼ日 | Comments(2)
Commented by ぴょん at 2019-04-23 19:28 x
不発なんて滅相もありません。企画発想自体とても楽しめましたので、めげずに企んでください(笑)。
ありがとうございました。次も期待しております。
Commented by yas_nakg at 2019-04-24 08:02
> ぴょんさん
もう少し簡単なゲームだったら良かったのですが、ルールの使い方に慣れていないと簡単に決着がつきそうだったので、検討課題として持ち越しとしました。

また何かネタを仕込んでいきたいと思いますので、よろしくお願いします。


<< 世界は思ったより狭いよね      日曜日のワイへ(連合軍の本当の計画) >>