「XX(ちょめちょめ)フォーリン」シリーズ最新作!!(誰も待っていない)

 ただでさえ暑いのに暑苦しい話題ですみません。

 タイ・ボンバ先生の作品の中で最近は「XX(ちょめちょめ)の戦争」シリーズが比較的きれいでして、『ジューコフの戦争』と『アイクの戦争』は素晴らしいです。後者は勝利条件と総統命令に難ありですが、表現しようとしているのは明確であり、プレイするとそれが伝わってくる。実に楽しい作品に仕上がっているそうです(鹿内さんの受け売りであります)。OSSから『グデリアンの戦争』が出ますから、こちらも全裸正座待機不可避です。

 それより危険な香りがするのは「XXフォーリン」シリーズです。プレイしたよという話を聞かないのですが、Modern War誌の中国内戦、Paper Wars誌のロシア内戦に続いて、今度はOSSから『America Falling』が登場します。

b0142122_15542850.jpg

 何でこんなにキノコ雲マーカーがあるのか不安になりますが。赤色は保守、青色はリベラルのユニットでこの2大勢力で第二次南北戦争を戦うわけですが、いや恐らく「XXフォーリン」システムならきれいに南北には分かれないはずですが、それに加えて分離派の黒色ユニットが存在するのがこれまでのフォーリンものと違うところ。アメリカ・イスラム国やLGBTレインボー連合などいろいろ登場します。マガジン・ゲームのコンポーネント的制約から解き放たれて、いよいよ好き勝手やっちまった感が強いです。

 さらに来月発売のModern War誌はタイ・ボンバ先生の『Putin Moves South』。ロシア軍が湾岸に攻め込むという近未来戦で、『Putin's War』と同じシステムが使われているとのこと。

 日本の暑い夏をさらに暑くしてくれそうです(紋切り型の表現)。 



2018年7月26日の話題
20 on 20
9Joeのらくがき帳
bqsfgameの日記
Immelmann Official Blog
SOLGER航海日誌
TROOPERS
ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
コミケが終わったら通販解禁!?

ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
三楽堂によるボードゲームの記録
北関東戦棋詳細
千葉会(Chiba Club)
書き逃げ旅団
積み木の魔術師
そうなんです。ルールはシンプルで面白い。でもテーマがマイナーなので、食指が動かない人が多いようです(在庫の山を眺めつつ)。

舞方雅人の趣味の世界
荏苒日を送る


[PR]
by yas_nakg | 2018-07-26 16:28 | ほぼ日 | Comments(0)