困りましたよはねはねさん

b0142122_22431016.jpg


 以前にミッドウェイ海戦のゲームをつくると書きましたが、これがなかなかたいへんです。合理的なルールにしようとすればするほど、「『MIDWAY』でいいんじゃね?」ということになりまして、ほんま、はねはねさんは罪作りやでぇ……。基本的に敵艦隊はいつか発見されるものだし、発見した時にタイミングよく攻撃をかけられるのか、それとも少し時間がかかるのかは必然と運不運があるわけですが、それは手札の兼ね合いで再現されておりまして。マップとカウンターを用いるのであれば、カードにしない理由を明確に示さなければなりません。

b0142122_22431785.jpg

 今のところは、と前置きをしますが、1ターンを1時間、1ヘクス=100 kmのスケールとして、航空機の運用とモラルに重きを置いたゲーム・システムになりそうです。索敵はいずれ見つかるんだからという割り切りで、ダミーやプロットはなし。重要な索敵線だけにフォーカスすることにします。いつ発見されるのか、触接は維持されるのか、攻撃隊はちゃんと目的地にたどり着けるのか、がポイントです。プレイヤーが頭を悩ませるのは、限りのあるアクション・ポイントを使って(これが一定でないのは天候や索敵情報の不確実性などをざっくり再現するためです)何をどうするのか。帰還してきた攻撃隊を収容するのか、燃料切れで不時着水させても攻撃隊の発進を優先させるのか、などが再現可能です。

 システムは動く。航空隊の運用で駆け引きもあって面白そうに思える。史実の結果も出るし、全く違う展開も楽しめる。……気がするのですが、こればっかりは各方面の意見をうかがわないことには判断つきません。駆け引きがあるような気がしているだけで、結局「こうするしかないじゃん」というのはよくある話。

 それにしても「自分のデッキに敵空母を含めていろんなことを再現する」というアイディア、あれ俺が発案したことになんねーかな



2018年7月19日の話題:
札幌歴史ゲーム友の会掲示板
bqsfgameの日記
Obscure Battles
str_takeshi雑記帖
THEN WHAT?
Wargaming-Esoterica

YSGA例会報告

ウォーゲームだもの
ウォーゲーム武芸帳
しゅみのしみゅれーしょんげーむ
ソフィアゲーム通信
ターン制ストラテジーが好き
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
三楽堂によるボードゲームの記録
千葉会(Chiba Club)
占いとシミュレーションゲーム
書き逃げ旅団
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
閑人工房


[PR]
by yas_nakg | 2018-07-19 23:34 | Comments(0)