タイ・ボンバ節炸裂の『コールド・スタート』

Twitterとブログの両立は困難だとあれほど。

b0142122_13352104.jpg

先日、和泉の例会で隊長と『コールド・スタート』を楽しんできました。インドがパキスタンに攻め込んだら? という仮想設定に基づく男らしいシミュレーションです。ゲーム・デザインはタイ・ボンバ。『レッド・ドラゴン・フォーリング』から『プーチンズ・ウォー』にかけての野放図なゲーム・システムの進化形で、相当あらっぽいんですが目指すところははっきりしていて嫌いではありません。誰かこのあたりのシステムの変遷を解説してくれないものでしょうか。

作戦期間は約1カ月。コマンド・コントロールと兵站をまとめて表現しようという軍団活性化システム(交互に1スタックずつ活性化して移動か攻撃を行う。活性化のために使用した軍団マーカーは1-6ターン後に復帰)を用いています。空軍あり(移動妨害と戦闘支援)、海軍あり(戦闘支援)、中国軍も登場するかもしれません。

勝利条件はマルチ・オブジェクティブで、一定得点以上をあげることでサドンデスの確率を高めていくという内容。得点源もいろいろあるので作戦の組み立てを楽しめます。

具体的には6点刻みでサドンデスの確率が高まり、6点なら1/6、12点なら2/6、18点なら3/6……の確率でターン終了時に勝利が決まります。敵国の都市占領が1ヘクスにつき6点。つまり、上の写真をご覧ください。インド国境に接しているラホール。ここが陥落しようものなら第1ターンからパキスタンは1/6の確率で敗北してしまうわけですよ!!

ならばやることは一つで、まず、一撃で陥落しないように最強軍団を配備する。それでも落とされたらサドンデス敗北しないことを祈りつつ、第2ターンにインド軍最強軍団を神の炎、戦術核で焼き尽くしてやるまでです。もちろん、核には核で返されますし、いつ戦略核兵器の引き金を引くとも限りません(引かせたプレイヤーが敗北するのです)。しかし、そうせざるを得ないのがパキスタン軍の辛いところ。頼みの中国軍も介入は限定的なものに留まるので、敗北を避けるには核兵器に頼るしかないのです。

いや待て、自国の都市に戦術核を使っていいものか? 我々は躊躇わずにスイッチを押しましたが、ConsimWotldのフォーラムに「あかんのちゃうか」と思った方がいました。「戦争に勝利しない限りパキスタンは政治的に消滅してしまうので、国を救うためには都市のひとつやふたつ……気にしたらあきまへんで」とデザイナーが回答されていましたので、我々が自然にたどり着いた境地は正しかったのです。

とネタっぽく書きましたが、セットアップの順番によってはパキスタン軍の裏をかいてラホールなど狙わずにインド軍がカシミール地方の制圧を目指すことも、パキスタン軍の核開発施設や海軍基地を狙うことも可能であり、ただ核兵器を撃ち合うだけではありません。しかし兵力比がある大規模な通常兵力同士が激突するようなことがあれば、簡単に核兵器の使用に直結するリスクがあることをこの作品は教えてくれます。



最近の話題:
bqsfgameの日記
F男の誰も付いていけない話
Immelmann Official Blog
OPEN DICE ROLL
SOLGER航海日誌
TROOPERS

Wargaming-Esoterica
ウォーゲームだもの
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ソフィアゲーム通信
ふかひれすーぷ
ボード・ウォーゲームをプレイするための日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
書き逃げ旅団
松山六角会
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei


[PR]
by yas_nakg | 2018-07-03 14:01 | Comments(0)