『カ号作戦』はこんなゲーム

本日は浅草にてイベントの準備中なんですが、皆さんきりきり働いてくれていて手持ち無沙汰です。ブログを更新するしかないってもんです。イベントは明日明後日までて、明後日の午後からは関西へ戻って社員旅行に参加です。男性10名女性20名の女尊男卑ツアーと聞いております。恐ろしい。

それで『カ号作戦』なんですが、『宇宙戦艦ヤマト2199』の戦闘シーンを1駒=だいたい1艦のイメージで再現しようとしたゲームです。

ゲーム・エンジンは『箱館湾海戦』と同じくチット・ドリブンによるランダム・シークエンス。シークエンスには移動、射撃、雷撃、応急修理の4種類があります。
b0142122_15194222.jpg

ただし、
●4個全て選ぶ必要はありません。
●各艦には行動力があり、引かれた自軍手順から行動力までのシークエンスを行えます。必要ないのに応急修理をセットして、最初に引かれると1フェイズ無駄になるわけですね。
●ただし、各艦単位で好ましくない手順の代わりにペナルティありで別のフェイズを行えるので、「とにかく先に動きたい」のであれば、4個全部入れるという作戦も成り立ちます。
●さらにさらに、艦隊司令官によっては、一部の手順チットを手元にキープしたり、引かれた自軍手順チットを好きなフェイズに変更したりとやりたい放題。弱小艦隊でも沖田が率いれば戦えるってわけです。
b0142122_1520795.jpg

●完成直前に第3章を観てしまい、急遽、メルトリア級巡洋戦艦を追加したり。
b0142122_15222011.jpg

いやあ、いろんなことがありました。ちなみに写真に見える黄色や赤色の◆は特殊能力アイコンで、赤はショックカノン搭載、黄色は近接防御兵器をたくさん搭載していることを意味しています。

戦闘解決は最初からCRTは使わない方式にするつもりでした。どうしようとあれこれ試行錯誤していた時、『SLGamer』さんの『ハリコフ』『モスクワ』を遊んで、この戦闘解決システムが非常にエキサイティングだったので、真似して攻撃側も防御側もごろごろダイス振るシステムを用いることにしました。振る個数に上限は設けましたが。

射撃力、防御力の数だけダイスを振り、それぞれ最大目を比較。射撃側≧防御側なら命中で、最大目の個数差がヒット数になります。最大目が射撃側>防御側なら個数に関係なく最低1ヒット。ショックカノン装備艦なら、つーても〈ヤマト〉とメルトリア級だけですが、最大目だけではなく、防御側の最大目以上のダイス全てがヒットするという凶暴さ。防御力の低い艦はたちまち餌食にされるわけです。

雷撃も似たような処理ですが、「当たればでかい」反面、艦隊全体で迎撃も可能なので、魚雷同様「とどめを刺す」ための兵器となっています。

b0142122_15295890.jpg

艦載機ももちろんあります。

シナリオは全部で5本で、「浮遊大陸の戦い(〈ヤマト〉は三式弾しか撃てないぜよ)」の他、第一次ソロモン海戦ふうの「第一次火星会戦」、サボ島沖海戦ふうの「フォボス会戦」、揚陸艦や空母が登場する「第二次火星会戦」など用意しています。正直、あまりシナリオ・デザインは得意でないので、気に入らなければどんどん自作して欲しいところです。

ということで休憩時間終了。仕事に戻ります。
[PR]
by yas_nakg | 2012-11-07 15:33 | Comments(0)