※予定を含みます。詳細はリンク先の情報をご参照ください。

2018年
9月
10月
7日(日)
4日(日)
9日(日)
2019年
1月
20日(日)
27日(日)


[PR]
# by yas_nakg | 2018-12-31 23:58 | ウォーゲーム会日程 | Comments(1)

サボテン・ブラザーズ

3年ぶりのアメリカ出張でした。ゲーム成分は薄め。

サボテンをバックに写真を撮ることになりまして、「もう少し後ろへ」の指示でサボテンのトゲが尻にブスリ。「いやっおっほぅ!!」と飛び上がり、リアル『トムとジェリー』を演じてまいりました。人はかくも簡単にトムになれるのか。尻に5センチほどのトゲが2本、突き刺さっていました。いやサボテンのトゲがあんなに痛いとは。

この出張におけるゲーム成分の話題は扱いが難しいので、『BANZAIまがじん』誌上、あるいは『インペリウム』発売の頃にまた。



2018年9月29日の話題
“Semper Anticus”
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
セントラル・ステーション分室
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
求法巡礼
書き逃げ旅団
松山六角会
閑人工房

[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-20 09:53 | ほぼ日 | Comments(0)

もともとコミュニティなんてF2Fが可能な友人間に限られておりまして、その中でルールの解釈が行われたり、作戦研究が進められたり。それだけで十分だったのですが、TAC-CONが他流試合の場となって、ルール解釈の間違いに気づかされたり、内輪で通用していた作戦がうまくいったりいかなかったりしたのが面白くて、その結果を自分たちのコミュニティに持ち帰って検証したり、さらなる発展に活用したり。コミュニティ間における情報の非対称構造そのものがゲーム的で、ゲーム自体の面白さを増幅する作用があったように思います。

蛸壺単位で共有されていた情報が雑誌などの媒体で平均化されていき、今や個人単位のネットセントリックな戦い方ができるようになって情報は共有されるのが当たり前となっています。前述の「他流試合」の面白さはなくなりましたが、その分、ゲームの基礎研究がリリースと同時に一挙に進むようになりました。これ、ゲームをつくる立場としてはかなりのプレッシャーです。

ゲームが消費される環境はネットセントリックなのに、テストプレイは蛸壺の中で行われている可能性がある。そんなの、蛸壺から出た途端に木っ端です。少しでも長く生存性を高めるためには、戦場=消費環境を十分に把握した上でゲームをつくる必要があるのでしょう。ということを先日のウォーゲーム・ミーティングで考えさせられました。

話変わって『BANZAIまがじん』第4号のお問い合わせをよくいただいておりますが、いつもより多く印刷したのでまだ在庫あります。もうすぐWWやSTが届くと思いますので、そのタイミングでゲットしていただければありがたいです。



2018年9月14日の話題:
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
もりつちの徒然なるままに
占いとシミュレーションゲーム
書き逃げ旅団
金吾激闘記〜違うぞ!金吾


[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-14 10:02 | ほぼ日 | Comments(0)

当時はそんなもんだと気にせずプレイしていましたが、やっぱり引っかかりますよね。

b0142122_07522304.jpg

女性は化粧せにゃならんという風潮。男性が化粧してはあかんのか、とか、化粧をしないで済ませるのに精神力チェックがいるなんて、とか。今だと「性別関係なく精神力チェック、その代わりぞろ目が出たら成否に関係なく変身できる」とかになるのでしょうか。復刻版なら時代性も残すことになるので関係ありませんが。「カーンの聖母」はその人(?)の嗜好だから問題なし。

b0142122_07523033.jpg

 この人も個人の嗜好だから問題なしですね。肉食系女子のような勝利条件(!?)。



2018年9月11日の話題:
TROOPERS
YSGA例会報告
千葉会(Chiba Club)

[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-11 08:24 | 国産ゲーム【た行】 | Comments(1)

b0142122_17343033.jpg


『Arctic Disaster』(LPS)であります。パッケージもタイトルも陰々滅々ですが、それがいいと言う人もいるでしょう。PQ-17船団の壊滅をテーマにした作戦級海戦ゲームです。同テーマのカードゲームをつくった身としては興味津々であります。

1ターンは8時間というタイム・スケールで夜間はなし(白夜だからね)。ドイツ空軍はパイロットの疲労を考えなければ24時間出動可能です。エンジンとしてはチット・ドリブンになりまして、艦隊ごと、または航空隊ごとアクティベートして移動、索敵、水上戦闘、航空作戦などを行います。ということは、チットが引かれる順番が非常に重要になってくるわけです。例えば、先にPQ-17船団が移動したらその動きを見てドイツ軍が水上部隊をぶつけられたのにそれができなかったり、うっかりイギリス本国艦隊に捕捉されたり。もっとも水上部隊のリアクションや潜水艦の哨戒線があるので、チット引きが悪くて取り逃がすということはないみたい。

Decision Gamesが以前に出していたドイツ海軍の北極船団攻撃をテーマにしたゲームも、チット・ドリブンにしておけばもっとすっきりした内容になったのではないかと感じた次第。

海空戦は戦術ディスプレイで解決。爆撃機で空母を攻撃すると装甲甲板のために不利な修整がついたり、輸送船団攻撃時は外周の護衛艦を突破して輸送船に肉薄したりとなかなか戦術色が濃くなっています。魚雷は当たればダメージ2倍なので、He-111はイギリス軍にとって厄介な存在になるでしょう。水上戦闘も専用のディスプレイを用いて解決します。

チットには部隊をアクティベーションするものと、ランダム・イベントがあります。イベントには天候の変化や戦術的優位といったマイルドなものから、一定の条件下で追加される、例えばティルピッツの出撃やら、ヒトラーの態度変化(ティルピッツ帰ってこんかい)、船団を散開させてしまうといった特別イベントまであります。前述のカードゲームもそうなのですが、PQ-17船団モノにおける重要なファクターとして、船団のまま水上戦闘に巻き込まれると大惨事、散開すると航空機と潜水艦の餌食になるという「究極の決断」があります。このゲームではその「一定の条件」によってプールに船団散開チットを追加させることで、必然として散開が発生するようになっています。

ちなみに、史実の戦果だとゲームの勝利条件上は引き分けになってしまいます。さすがにこれには「どこまで勝てばいいのか」とマツダスタジアムに乱入したくなりますが、水上戦やって船団を全滅させるくらいでないと海軍の解隊は避けられないってことなんでしょうねぇ。こればっかりはやってみないと何とも言えません。

この海戦システム、『Imperial Sunset』(LPS)にも用いられていたということでたいへん興味を持ったのですが、既に売り切れとのことで残念。10年前のゲームだし、そりゃあまあ。

海戦ゲームと言えば、テストプレイを重ねていたミッドウェイ海戦が無事、形になりそうです。めでたいめでたい。



2018年9月10日の話題:
buqbuq diary
Si-phon開発者BLOG
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
しゅみのしみゅれーしょんげーむ
とりあえず日々ボードゲーム
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
ロブノールのメダカ
三楽堂によるボードゲームの記録
出戻り下手くそウォーゲーマー日記
千葉会(Chiba Club)
書き逃げ旅団
松山六角会
荏苒日を送る
閑人工房


[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-10 18:31 | 海外ゲーム【A】 | Comments(0)