※予定を含みます。詳細はリンク先の情報をご参照ください。

2018年
11月
4日(日)
9日(日)
2019年
1月
20日(日)
27日(日)


[PR]
# by yas_nakg | 2018-12-31 23:58 | ウォーゲーム会日程 | Comments(1)

怒りの撤退

11月に松山で所用があるはずだったのですが、諸事情により急遽今週末に変更。ならばと宿泊先を探してみたものの、人気の観光地なので直前だとなかなか予約が取れないんですよね。

寝るだけなのでビジホでお釣りが来ますので、一晩10万円オーバーの瀬戸内リトリートとかおすすめされても困ります。ノー・リトリートです(それが言いたかったでけです)。

『ノー・リトリート』と言えば、「3(フランス戦)」が少し誘導的だったので「2(北アフリカ戦)」はどうだったんだろうと鹿内さんが試されたそうですが、これが面白かったのだそうです。ただ序盤の展開はある程度、固定的になってしまうので、両軍の戦力が揃うクルセイダー作戦あたりから抜群に面白くなるとか。少ないユニット数ながら考える要素が多く、話をうかがった限りではたいへん面白そうでした。

閑話休題。同じ四国でも徳島で宿を取ることができましたので、土曜日は阿波尾鶏をご馳走になる気満々であります。頼むで、ほんま(さばげ会長風)。

ところで、ゲームマーケット2018秋、今回は個人ブースを出しております。F-07。今回は珍しく事前告知などもしております。エッセンでも話題の『Mini WWII』も販売予定です。こちらも現物が届き次第、詳しく紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

[PR]
# by yas_nakg | 2018-10-22 07:56 | Comments(2)

特急で。東京〜京都を新幹線で移動する感覚です。

b0142122_09100519.jpg

正式名称『モンティが渡れ! と言っている橋が遠すぎるんだが』、通称『アルンヘム!』のWDG版をポーランドにお土産で持って行ったのですが、早速楽しんでいただけたようで何よりです(ありがとう、Google翻訳)。「バカがクラクフから電車でやって来る」的な身も蓋もない訳になっていますが、それが本当なら、『アルンヘム!』をプレイするため2時間半かけたことになります。1回の対戦が40分。3回連続でやったと聞きましたから、それでだいたい片道の移動時間です。ゲームやっているよりも電車に乗っている時間のほうが長いという。

という投稿をされたマジェクさんから、『ノルウェイ!』の英文ルールブックはあるのかと朝から連絡をいただいたのですが、あったようななかったような。

ちなみに『アルンヘム!』でマジェクさんと対戦している相手(クラクフの方)はピョートレックさんで、『太平洋戦史』でボコボコにした人(ワイを)。同ゲームをしっかり研究されているにょろうさんあたり、日本からの刺客としてポーランドへ行って恨みを晴らしてきてくれないでしょうか。交通費くらいは出しますので(勝てばコマンドマガジンで書かされることになる原稿料として。負ければオール自腹の読者投稿扱いでやっぱり原稿は書く)。そしたら全力でピョートレックさんを応援するんですが。

以前書いたように、ピョートレックさんは、(ワイでも)チート状態であるはずのテストプレイ段階のゲーム・デザイナーを鎧袖一触で破った人。強敵ですよ。



2018年9月22日の話題:
str_takeshi雑記帖
TROOPERS
とりあえず日々ボードゲーム
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
荏苒日を送る


[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-22 09:41 | Comments(0)

サボテン・ブラザーズ

3年ぶりのアメリカ出張でした。ゲーム成分は薄め。

サボテンをバックに写真を撮ることになりまして、「もう少し後ろへ」の指示でサボテンのトゲが尻にブスリ。「いやっおっほぅ!!」と飛び上がり、リアル『トムとジェリー』を演じてまいりました。人はかくも簡単にトムになれるのか。尻に5センチほどのトゲが2本、突き刺さっていました。いやサボテンのトゲがあんなに痛いとは。

この出張におけるゲーム成分の話題は扱いが難しいので、『BANZAIまがじん』誌上、あるいは『インペリウム』発売の頃にまた。



2018年9月29日の話題
“Semper Anticus”
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
Wargaming-Esoterica
YSGA例会報告

ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ウォーゲーム武芸帳
セントラル・ステーション分室
ソフィアゲーム通信
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
マイケルの戦いはまだまだ続く
もりつちの徒然なるままに
千葉会(Chiba Club)
求法巡礼
書き逃げ旅団
松山六角会
閑人工房

[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-20 09:53 | ほぼ日 | Comments(0)

もともとコミュニティなんてF2Fが可能な友人間に限られておりまして、その中でルールの解釈が行われたり、作戦研究が進められたり。それだけで十分だったのですが、TAC-CONが他流試合の場となって、ルール解釈の間違いに気づかされたり、内輪で通用していた作戦がうまくいったりいかなかったりしたのが面白くて、その結果を自分たちのコミュニティに持ち帰って検証したり、さらなる発展に活用したり。コミュニティ間における情報の非対称構造そのものがゲーム的で、ゲーム自体の面白さを増幅する作用があったように思います。

蛸壺単位で共有されていた情報が雑誌などの媒体で平均化されていき、今や個人単位のネットセントリックな戦い方ができるようになって情報は共有されるのが当たり前となっています。前述の「他流試合」の面白さはなくなりましたが、その分、ゲームの基礎研究がリリースと同時に一挙に進むようになりました。これ、ゲームをつくる立場としてはかなりのプレッシャーです。

ゲームが消費される環境はネットセントリックなのに、テストプレイは蛸壺の中で行われている可能性がある。そんなの、蛸壺から出た途端に木っ端です。少しでも長く生存性を高めるためには、戦場=消費環境を十分に把握した上でゲームをつくる必要があるのでしょう。ということを先日のウォーゲーム・ミーティングで考えさせられました。

話変わって『BANZAIまがじん』第4号のお問い合わせをよくいただいておりますが、いつもより多く印刷したのでまだ在庫あります。もうすぐWWやSTが届くと思いますので、そのタイミングでゲットしていただければありがたいです。



2018年9月14日の話題:
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
SOLGER航海日誌
TROOPERS
ウォーゲームで歴史に思いを馳せる
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
もりつちの徒然なるままに
占いとシミュレーションゲーム
書き逃げ旅団
金吾激闘記〜違うぞ!金吾


[PR]
# by yas_nakg | 2018-09-14 10:02 | ほぼ日 | Comments(0)