人気ブログランキング |

ソークオフだよ人生は

lforn.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 31日

これからのウォーゲーム会開催情報

※予定を含みます。詳細はリンク先の情報をご参照ください。

2019年
10月
19日(土)

11月
2-4日
3日(日)
17日(日)

12月
1日(日)
  • 第179回ちはら会: おゆみ野公民館2F第2講習室
8日(日)
  • 和泉歴史ゲーム研究会
15日(日)

2020年
1月
4日(土)
    • 第180回ちはら会: おゆみ野公民館2F第2講習室




    # by yas_nakg | 2019-12-31 23:58 | ウォーゲーム会日程 | Comments(4)
    2019年 10月 20日

    Twitter禁止令

    b0142122_07185717.jpg
    Twitterができない場所に来てしまいました。Gmailもアプリなら使えるけれどもPCからはアクセスできない。

    昨日は中国のウォーゲーム・パブリッシャーの雄、WDGの中の人とお会いしました。何年もの付き合いですが顔を合わせるのは初めて。ヒュー。彼は今風の若いシュッとしたイケメンでした、とか書くと、もうおっさんになった証拠ですね。最新作をお土産でいただきました。

    b0142122_07210011.jpg
    タイトルからして「SFかよ? TBかよ?」と驚きましたが、1970年代に中国がNATO軍と一緒にソ連に攻め込むという第三次世界大戦ものです。マップは横長で、
    b0142122_07242590.jpg
    ぎりで日本まで含まれている極東から、
    b0142122_07234467.jpg
    一帯一路的にヨーロッパまでがカバーされています。デザイナーは若手のジェジンスキー・チェンさんという方。現代中国が70年代の第三次世界大戦像をどう捉えているのか、非常に興味があります。

    台湾から上海への便を待っている間に、

    ???「上海来るなら寄ってけ」

    とメッセージをいただきまして本日、遠い異国でひょんとゲーム会に参加するや、と相成りました。



    # by yas_nakg | 2019-10-20 07:30 | ほぼ日 | Comments(1)
    2019年 10月 18日

    赤ちゃん、ライフル、ナチ・ゾンビ

    b0142122_06210737.jpeg
    赤ん坊一人、ライフル一丁、そしてゾンビは200万。舞台は1943年のスターリングラード。2015年の作品です。200万? Kindle版があったのを知らずにペーパーバック版を注文しまして、現物到着待ち。

    実にソリテア・ゲーム向きの設定ではありませんか(伏線)。

    同じ作者の『FUBAR!』も興味深い。



    # by yas_nakg | 2019-10-18 06:33 | ほぼ日 | Comments(0)
    2019年 10月 17日

    レッドサン・ブルークロス

    このタイトル思いついた時は勝ったと確信しましたね(何に)。

    本当はブルークロスじゃなくてアンドレイ十字なんですが、言わんとしていることは伝わるでしょう、日本海軍vsロシア海軍、「日露戦争の戦略級海戦ゲーム」のタイトルであります。ぶっちゃけて言えば『War at Sea』(WaS、76年)の日露戦争版ということになりまして、Paper Wars誌で同じコンセプトの『Setting Sun, Rising Sun』(05年)がありますが、自分とは見えている風景が違うと言いますか、お互いに異なる海図を持っています。

    国産では、SLGamerの第5号付録があります。


    こちらはいくつかプレイ報告または紹介記事を見かけることができ、
    など。スケール的には近い感じですが、イメージしているのはもう少しシンプルな内容。戦略級ゲームにしたいので駆逐艦はオミット、ユニットのレーティングもフォーカスするところが異なります。

    夏前からああでもないこうでもないと考えて、諸々資料を読んできましたが、ようやく形が見えてきたところです。

    電車通勤なので、電子メモパッドが大活躍。思いついたらぱっと書いて、後で思い返して、クソみたいなアイディアだったら(9割がそうなんですが)さっと消し、使えそうならノートに清書するなどします。

    b0142122_08464949.jpg
    一番大事なのって地図じゃないですか? 全体像が見えてくるし、脳内でテストプレイができる。それでもって思いついたことを

    b0142122_08494809.jpg
    適当に書き連ねていく。「つまらない」とか身も蓋もないこと書いていますが、ちょっとでもそう感じたらテストプレイヤーからもっと激しい突っ込みが入るのは確実なので、諦めて考え直しましょう。

    b0142122_08513726.jpg
    テストプレイ用の駒と地図を作る前に戦略オプションについても考えておく。これも実際にテストすると「(ベストを尽くすなら)やること1つしかないじゃん」と指摘されることも覚悟しておかなければ。ターン経過に伴い、それまで選んだ戦略が分岐して新たなオプションが生まれるようにしたいですね。

    日本軍がパッシブになるので戦略オプションが少ないのが気になりますが、WaSのイギリス軍に似たところがあります。しかしWaSのイギリス軍がつまらないかと言えばそんなことはなく、様々な選択肢があり、やり甲斐があります。参考にしなければ(当時はそんな言葉はなかったと思いますが、地中海をめぐる損失回避バイアス、うまくできていますよね)。

    この先は、ルールとマップ、駒づくりの並行作業となります。駒のレーティングについては堀場先生が有用な記事を書かれていますので、ご参照ください。

    『レッドサン・ブルークロス』来年のゲームマーケット大阪に出せればいいですね。その前に『ライズ・オブ・ブリッツクリーク』を売り切らないと。いやその前にちゃんと宣伝して……。



    自分も奥さんに誘われたのですが、「わしは『JOKER』と『宮本から君へ』を観たいんじゃ」とあっさり断りました。前者は『タクシードライバー』(デ・ニーロ出てたし)、後者は『ディストラクション・ベイビーズ』(監督同じだし)ではないかと。松岡茉優と言えば『ひとよ』が楽しみです。
    独ソ電撃戦』、「リガ」が追加されたことでドイツ軍が有利になったと言われてきましたが、リガ方面の新たな赤軍の防御術が編み出された模様です。これで連結しても赤軍が有利に!? 作戦家の皆さん、この防御術が公になる前にぜひ考えてみてください。




    # by yas_nakg | 2019-10-17 09:20 | ほぼ日 | Comments(0)
    2019年 10月 16日

    ダグ・ジョンソンは何する人ぞ

    という、どうでもいいようでどうでも良くないコラムを『BANZAIまがじん』第7号に書きました。出るんですよ、そろそろ。

    2018年からデシジョン・ゲームズで「マネージング・デヴェロッパー」の肩書きで登場したダグ・ジョンソン氏。以来、デシジョン・ゲームズのルールブックに箇条書きが増えた説を唱えています。以前なら1つのパラグラフにあれもこれもと要素を詰め込むところを(例えば、ZOCの影響はこれとこれとこれ。わかるよな? わかったよな? 説明したからな? 的な構成)、箇条書きにして、

    7.1 移動におけるZOCの影響
    • 移動中、敵ユニットのZOCに入ったら...
    • 移動開始時に敵ユニットのZOCにいる場合は...
    • 鉄道移動に関しては...

    と、効果ごとにまとめられるようになりました。S&T誌で言えば第309号から、箇条書きが急に増えました。それまでマネージング・デヴェロッパーなる肩書きは存在しなかったし、箇条書きが使われたのって、ダグがデザインしたことになっている『Escape Hell's Gate』(2017年)なので、2018年から彼がデシジョン・ゲームズ製品のルールブックを編集し始めたんじゃないかと勝手に推理しているんですが、本当のところはどうなんですかね。

    b0142122_11290257.jpg
    画像フォルダを漁っていたら出てきました。昨年訪れたワルシャワ蜂起記念館で撮影した写真。プロジェクション・マッピングでワルシャワ蜂起の推移が映し出されます。わかりやすく、かついろいろ衝撃的でした。青い部分がポーランド国内軍が抵抗を続けている地域。向かって左側、鉤十字が投影されているエリアがWola(ヴォラ)地区で、ポーランドに招待してくれた人が、祖母がここで殺されたのだと教えてくれました。

    b0142122_11290978.jpg
    アップライジング44 』もこのように、ヴィスワ川に架かる橋が4本あります。ドイツ軍の工兵が橋に配置されており、対岸のPraga(プラガ)からドイツ軍部隊が撤退すると橋は爆破され、ポーランド人民軍の渡河を阻止しようとします。






    # by yas_nakg | 2019-10-16 11:44 | ほぼ日 | Comments(0)