無事、ゲームマーケット2012終了。「このシミュ!」『2192』ともに持ち込み分は完売いたしました。
お買い上げくださった方、本当にありがとうございました。
来年も内容を充実させてまたやりたいと思っております!

なお、「このシミュ!」は通販用に在庫を残しております。
i-OGM様、またはa-gameで委託販売を計画しておりますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-05-14 09:30 | Comments(0)

このシミュ』のたかさわさんの記事がキャッチーだったのと、鹿内氏とのやり取りを聞いていて大いに惹かれたのでぽちっと注文してしまいました。これは楽しみ。

楽しみと言えば、次回の和泉歴史研究会では『河越合戦』をやるつもりです。対戦相手募集中であります。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-05-12 09:24 | Comments(0)

東京への移動中であります。
本日はクラウドなコンピューティングの展示会へ行きますが、それはまあ半分建前でして、フォーカスは週末のゲームマーケットに当てられているのです。
同じような理由で来月も台湾へ行くわけですが。

ゲームマーケット、我らがa-gameも出店しております。例によって『ウォーゲームハンドブック2012』の先行販売がありまして、今回のゲームは太平洋戦争のミニ・キャンペーン・ゲーム。開戦から43年春までを扱っています。日本軍プレイヤーは五十六よろしく半年ないし一年は存分に暴れてください。

そしていつもいつもありがとうございます。体験卓ではさいたまゲームサークルさんが、同ゲームのインストを行ってくれます。興味ある方は是非、お立ち寄りください。

そのさいたまさんでは新刊を販売されるとのことで、今回は何と2 in 1。東部戦線のミニゲームが2作も付録に入っています。さらにAndroid対応ゲームのダウンロードまで! 入門者も猛者も要チェックです。
詳しくはこちら。
http://www4.atword.jp/saitamagame/2012/05/11/slgamer-vol-6/
[PR]
# by yas_nakg | 2012-05-11 10:03 | Comments(0)

このGW中に3回ほどフェリーに乗りましたが、中でも就航100周年記念のさんふらわあ特別便が印象に残りました。大阪または別府観光港を夜出て目的地に朝着くのが普通ですが、特別便は別府を朝出発。雨天のために中止になりましたが、晴れていれば懐かしのテープ投げが行われる予定でした。くまもんも来る予定だったとか。

大阪港到着が夜10時のため、8時30分に出港したさんふらわあ「こばると」と、神戸港沖ですれ違うこととなり、これは貴重な体験でした。巡航速度は20ノットですが、この時点では16ノットくらい。相対速度は32ノット程度で光学ズームして撮影した画像がこれ。
b0142122_13535681.jpg

しかし大分では何を食べても美味しかった。焼酎も良かった。また行こう。

それはさておき、いよいよ来週に迫ったゲームマーケットですが、今回はa-gameが出展するのはもちろん、自分個人は同人ブースで参加しますので、興味のある方はお越しください。

【ブース番号】418
【サークル名】このシミュゲがすごい
【頒布物】
(1)同人誌『このシミュゲがすごい』2012年版
b0142122_13582459.jpg

2011年頃に発売された「すごい」シミュゲについて、9人のレビュワーに語っていただきました。狙ったわけではないんですが、時代やジャンルが適度に分散しているので、「テーマ別すごいシミュゲ」と取れないこともありません。
付録ゲームは『フィリピン攻略戦』。B4判のマップに駒数40個以内というシンプルな内容。
それでもって、いつぞやこのブログで書いた「しみゅげ!」が現実のものとなりました。
B5判フルカラー32頁、頒布価格は1,000円です。

(2)同人ゲーム『2192: Invasion Earth』
b0142122_1422512.jpg

勢いでつくったアレのゲームですが、アレができるまでの戦いです。戦略級ゲームです。木製ブロックにシールを貼るのは面倒かもしれませんが、やっぱりいいですね、木製の駒は。
A4判フルカラー・ルールブック8頁、A3判厚紙製マップ、木製ブロック40個、シール1セットで頒布価格は1,500円です。

もう少し詳しい情報がこのシミュ公式サイトに掲載されております。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-05-07 14:05 | Comments(0)

また寿司ネタ

b0142122_12143177.jpg

こういう企画は嫌いじゃない。

映画はまあ、元気があってよろしい、という感じ。F/A-18最強! 戦艦なんかいらんかったんや……。

実際のところ、「航空機万能、大艦巨砲主義は時代遅れ」という極論に走ったのは山本五十六の功罪と言うか、こういうことでは白黒つけたがる日本人のいけないところと言うか。太平洋戦争は島伝いの戦いだったわけで、大火力を面に対して投射できる戦艦は有効な兵器でした。もっとも、消耗前提の航空戦力と、有効な戦力として維持するためには膨大な弾薬と燃料を消費する戦艦の両方を運用できるほどの国力を、日本は持ち合わせていなかったわけですが。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-04-23 12:25 | Comments(0)