サイフォンの谷村さんと「パン屋さん」で遊んできました。すみません、騒ぎすぎでした(一応、自覚はある)。

昨年、ボードゲーム『信玄上洛』を出版されたサイフォンさんですが、初のボードゲーム出版にもかかわらず、しっかりしたコンポーネント&コンセプトの作品で、評判も上々とのこと。現在はルールがアップデートされ、曖昧な点をクリアもなったと聞いています。ちょうどコマンドマガジンの仕事から離れていた時期のリリースだったため、殆どチェックできていませんでした(すみません)。

サイフォンさんでは新卒入社だった社員2名がグラフィックやwebデザインを切り盛りされていますが、ついにはボードゲームのプロダクトまで手がけられるようになっており、着実に成長されているようです。谷村さんの指導が良いのはもちろん、ユーザーからのフィードバックに真摯に耳を傾け、次の仕事に生かしていこうという彼女たちの姿勢が良い結果につながっているのでしょうね。衝動的とは言え、そんな良い社長さんを刺してしまいました……。

玲花さん、オーナーさんとも話が面白く、ついつい時間が経つのも忘れてしまうほど。そのまま朝まで飲みたいところでしたが、谷村さんも自分も翌日仕事があるために後ろ髪を引かれつつホテルへ帰還。福岡は何食べても美味しいし(ゴマサバ!)、また行きたいと思います。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-01-14 11:33 | Comments(0)

(EP・CMJ別冊)装甲擲弾兵/東部戦線:拡張版
『ノモンハン1939』テストプレイ

YSGA(横浜シミュレーションゲーム協会) 例会報告

あと『東部戦線』にスターリングラード戦シナリオを、『装甲擲弾兵』のノルマンディ戦シナリオを追加すれば、「マイウェイ・トリロジー」が完成しますよ!

予告では女の子がライフルで戦闘機を撃ち落としていましたね。12,000キロの真実!

※マーカーの裏には平仮名で「こうだくみ」と書き入れること。
[PR]
# by yas_nakg | 2012-01-12 08:14 | Comments(0)

新年早々インパール

b0142122_884341.jpg

昨年夏頃から諸事情に伴い、「コマンドマガジン」誌の編集に直接的な関与ができなくなりまして、とは言っても全くノー・タッチになるわけではなく、微妙な立場であります。各方面にはご迷惑をおかけいたします。

そんなこんなで年明け早々函館に出張したり、13日には福岡へ行ったりする予定です(13日夜はパン屋さんへ行こう、と決意しつつ)。

それでも今年はなるべく多く対戦したいと、3日にはさばげ氏、麦氏と『ウェイブ・オブ・テラー』を、函館帰りの翌日には『When Tigers Fight』をプレイ。WoTは、撮影忘れて写真がありませんが、第6SS装甲軍が燃料集積所を占領、第5装甲軍がバストーニュを陥落させたところでお開き。連合軍は史実通り、もう少し果敢に反撃しないと守れない、という戦訓を残してさばげ氏宅を後にしましたが、残る二人はその後、『レース・トゥ東京』*で対戦してヒイヒイ言ったり言わされたりしたとのこと。新年早々士気が高い!

WTFはお試し対戦。日本軍にとって西部(インパール作戦)のどうにもならない重苦しさと、東部(一号作戦)の達成感のない軽さのギャップに、「今度やる時は4人で」と当てにならない約束を交わして、まだ陽も高いうちから飲みに出かけたのでした。

* 上のリンク張った時、a-gameで「品切れ」になっていたためどーいうこと? と文句をつけたら、本当に残部僅少で通販分が確保できていないとのこと(ステマじゃないですよ/笑)。ご当地&ありそうでなかったテーマ&対戦のしやすさ(インスト込みで90分くらい)、は大事な要素ですね。と言うよりは、自分が業務から外れたほうが売上げが上がるってことか!?
[PR]
# by yas_nakg | 2012-01-11 08:35 | Comments(0)

「どうしても『スターリングラード』をやらんと年越しできんのじゃ」というさばげ隊長に徴用され、麦氏と二人、ドイツ軍を受け持って青作戦を発動してきました。

『スターリングラード』はエポックWWGの中でも人気は今一つの印象がありますが、「スタック無制限」「攻撃命令(ドイツ軍は0〜5ステップ、ソ連軍は0〜10ステップの自動的相打ちを行える)」という特殊なルールがあるだけで、至ってオーソドックスな作戦級。自軍プレイヤー・ターンは3回の作戦フェイズで構成され、それぞれ攻撃/移動手順を行います(各ユニット、各作戦フェイズに攻撃か移動いずれかを実行可能)。作戦フェイズの間に、敵軍は一定条件を満たしたユニットでリアクション移動を行えます。

南方を受け持った麦氏はコーカサスへ向かって破竹の勢いで進撃。
b0142122_21495147.jpg


自分が受け持った北方では、8月下旬にはドン河を突破、スターリングラードの包囲を完了したところでソ連軍がモラル崩壊。両軍とも補給切れマーカーだらけで何が何だかわかりませんが。
b0142122_2151867.jpg


システム的にもゲーム的にも面白いものですが、ソ連軍の守り方が難しい、もしかすると効率良く守ろうとすると軍事原則よりも極端なゲーム的思考が求められるのかもしれません。

中途半端に時間が余ったので、やはりさばげ氏が一度はやってみたかったという『日本防衛戦』(バンダイ)をお試しプレイ。自衛隊がやたら強かった記憶が……と四半世紀前の淡い思い出がよみがえります。再びさばげ氏がソ連軍を、麦氏が自衛隊を受け持ってシナリオ1「第2師団」に挑戦。総花的攻撃を行ったソ連軍はノシャップ陣地を攻略することができず、補給も届かずで再びモラル崩壊。避難民移動のダイスを振る時が一番盛り上がっておりました。

年内にゲームできるのはあと1回くらい? とりあえず三が日のうちに『When Tigers Fight』(XTR/CMJ)を3人で対戦しようということでお開きとなりました。新年早々負けたくないので、イギリス軍やらせてもらおう。
[PR]
# by yas_nakg | 2011-12-25 22:00 | Comments(0)

その他の戦果

b0142122_21113690.jpg

高校生の頃に購入。HJ版ルールを読んだけど意味がわからなくて挫折。自分が馬鹿なだけかと思ったけど、後でトンデモ訳だったと聞いて驚いた記憶が。そのうちチャレンジしよう。

b0142122_21125218.jpg

これ、昔から興味あったんですよね。

b0142122_21131494.jpg

ルールブックが英字新聞調でなんだかテンションが上がる!

b0142122_21141036.jpg

b0142122_21135489.jpg

b0142122_2113456.jpg

なんかもう、歩兵師団とか装甲師団とともに、レジスタンスのキャラクター・ユニットがあって燃える。AMIさんもおりますがな。

これはプレイしたいけど、対戦相手が見つからないかも。
[PR]
# by yas_nakg | 2011-12-23 21:15 | Comments(0)