今週末じゃないですか

 a-gameは土・日2日間の出展ですが、私は土曜日のみの参加となります。a-gameブース周辺におりますので、よろしくお願いいたします。以下、短信であります。

b0142122_08121415.jpg

● 布忍神社(ゲームと関係ありません)
 Googleのテレビ・コマーシャルで地元の神社が登場しました。阿部寛のホームページを思い出させる素朴なサイトをお持ちですが、イチハラヒロコの恋みくじがたいへん有名で、遠方からこれ目当てで来られる方もいるとか。初詣に市内の神社6社を参るスタンプラリーこと「六社参り」を企画するなど、精力的にプロモーションされています。

b0142122_08233702.jpg


● インディアン・ポーカー的なガルパン
 発掘されましたので、少数持ち込みます。a-gameにて配布予定です。あれも印刷が間に合うはずなので、同じく配布予定です。

 おかげさまで在庫の一部がアメリカへ送られることになりまして、ゲームマーケットで販売するぶんが実質最後のストックになりそうです(もちろん、そこから残ったぶんは通販で販売を継続いたします)。当日はa-game並びにボードウォーク様で販売していただきますので、よろしくお願いいたします。



2017年11月27日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-27 09:42 | ほぼ日 | Comments(0)

『Angels of Dunkirk』

来年刊行予定の『このシミュゲがすごい!2018年版』の付録ゲーム、ダンケルク(ダイナモ作戦)がテーマのカードゲームとなります。正確にはダンケルクがテーマの戦意高揚映画を作るのがテーマのカードゲーム。詳細はおいおい!

昨日ツイートしていたこちらの件ですが、

宇陀市に地縁があるというわけではありませんが、ちょい乗りツーリングに程よい距離でちょくちょく行っています。4月には又兵衛桜を見に行き、6月には蛍能 を鑑賞したりしていましたが、まさかボードゲームに出会うとは思いませんでした。

件のゲーム『ダンジョンギーク』は(ランチのお店の名でもあります> 件)対戦型で、ボードの自分側半分には敵の入り口兼自分の出口があり、そのエリア内にダンジョンを設置します。自分の入り口(ボードの相手側にある)から入り、相手のダンジョンを踏破し、自分のダンジョンを抜け、自分の出口から脱出する。その過程で財宝を見つければ得点、障害を経由しなければならないと失点します。また入り口から出口までパスが通じないダンジョンを作ったマナーの悪い人はペナルティ!! 3回プレイして合計得点の多いプレイヤーが勝利。

自分が作ったダンジョンに最初に入るのは相手なので難易度を上げるのはひとつの戦略ですが、自分が出る時に困るかもしれない。ダンジョンのタイルは裏返しで配置し、配置後はそこに入るまで確認できないので記憶違いが悲劇を招くのです! かと言って簡単なルートにすると相手も簡単に通過してしまうでしょう。しかし同時に簡単なルートにして先へ先へと進ませ、財宝を取らせないというテクニックも成り立つわけです。シンプルだけれどなかなか深い。

3回プレイすることで戦略性を競わせるのがまたいいですね。いろいろ発見のある作品でした。



2017年11月20日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-20 09:57 | ほぼ日 | Comments(0)

b0142122_08430983.jpg


読み始めたばかりなので小並感、たいへん面白いです。おかげさまをもちまして、薄い薄いと言われるコマンドマガジン付録『アメリカ独立戦争』の推定1mm厚のリーダー・ユニットですが、気持ち的にたいへんな厚みを伴うようになりました。実に摘まみやすくなった!!

タイトルからもわかるように「物語」で歴史を捉えられるので読みやすく、地図もふんだんに用意されているので入門者にもやさしいつくりとなっております。



2017年11月17日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-17 09:05 | 国産ゲーム【あ行】 | Comments(2)

b0142122_09520487.jpg

【問題】
 1939年9月、ドイツがポーランドに侵攻、それに対してイギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が勃発しました。同年7月にはアメリカは日米通商航海条約の破棄を通告しており、日本の大陸への野心を牽制しています。また同様にイギリスも日本を警戒、3月には中国の通貨を安定させるための借款を行い、援蒋ルートを通じて支援を開始しました。
 開戦の詔勅がいかに発せられたのかは問いませんし、当時の日本国内の政治情勢もここでは考慮しないこととします。大島浩駐独大使が頑張って1939年には日独伊三国同盟が締結、日本はドイツとともにイギリスと戦う道を選択しました。
 イギリスと開戦するということは、遅かれ早かれアメリカとも刃を交えることになります。そこで日本は米英に宣戦布告を行いました。
 あなたは海軍・陸軍の最高司令官として戦争を指導しなければなりません。米英はまさかこの年に日本が宣戦布告をしてくるとは考えていなかったため、戦争の準備ができていません。彼我の展開状況は上図を参照してください。
 あなたは奇襲による特別作戦を含めて3回連続で作戦を実行できます。その3回+彼我の作戦1回ずつで米豪連絡線を完全に分断し、1939年にサドンデス勝利を達成してください(この後は中国、東南アジアを容易に席巻でき、イギリスは戦争から脱落、それによってドイツがヨーロッパで戦争に勝利することを祈りましょう)。

【細則】
(1)使用できるユニットは図にある5個のみです。
(2)奇襲を含め3回の作戦はルールに従う限り何を選んでも構いません
(3)彼我のサイコロの目は自由に選択できます。ただし両軍とも、最初に選んだ目の次はその裏側の目(2を選んだら次は5)になります。また1-6全ての目が1回ずつ使われるまで、同じ目を複数回使えません。
(4)ルールはオンラインで公開しているバージョン1.0を使用します(http://bonsai.chips.jp/)。

……解答は1,200字以内でメールで送ってね、正解者の中から抽選で1名様にボックス入りウォーゲームを差し上げます。という感じのものが次の『BANZAIまがじん』に掲載されるのです!!



2017年11月16日の話題:


[PR]
by yas_nakg | 2017-11-16 10:01 | 国産ゲーム【た行】 | Comments(0)

というタイトルの、ウォーゲームの歴史とか入門者向けのテクニック的なものとかあれとかこれとかを解説するまんがを計画中なのです。まんかでわかるビジネス書的なつくりにすると、結構面白くなりそうなんですよ、これが(最近の「まんがでわかる~」式の本、面白くなってますよね)。

※女子高生がキャッキャウフフする日常系ではありません。

来年のゲームマーケット大阪でのお披露目を目指しておりまして、時々情報をリークしていきますね。はるみやさん、よろしくお願いします!



2017年11月15日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-15 10:18 | ほぼ日 | Comments(2)

ストックホルムへ!! 展示の詳細はこちら

以下、匿名希望さんからのタレコミ情報であります。

b0142122_07132447.jpg
b0142122_07132856.jpg
b0142122_07133196.jpg
b0142122_07133434.jpg
b0142122_07133979.jpg
b0142122_07134548.jpg
b0142122_07135022.jpg
b0142122_07145694.jpg
b0142122_07150078.jpg
b0142122_07150477.jpg
b0142122_07150859.jpg
b0142122_07151104.jpg

日本史ウォーゲーム代表(?)は『カマクラ』!!

b0142122_07151539.jpg
b0142122_07151843.jpg
b0142122_07152245.jpg

スリー・クラウンズの作品は展示されていない……だと?(もうvitalじゃないし、仕方ないね)

[PR]
by yas_nakg | 2017-11-14 07:22 | ほぼ日 | Comments(0)

旧作も、あと新作も。新作と言っても、もう20年前のゲームになるんですが。



2017年11月8日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-08 09:08 | ほぼ日 | Comments(4)

b0142122_10175027.jpg


岩村町に行ってきました。町内には「歴史秘話ヒストリア」のビデオを流す資料館などもありました。

b0142122_10214284.jpg

申し訳程度に城攻め。

適当に走っていたら近くに日本大正村がありまして、映画『はいからさんが通る』とタイアップしたスタンプラリーを催していました。

b0142122_10221120.jpg

ゆるキャラの頭身を伸ばしたら不気味になったでござる。



2017年11月7日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-07 10:55 | ほぼ日 | Comments(0)

コマンドマガジン黎明期はeメールがまだ普及しておらず、ファクシミリでやり取りをしていました。そんなわけで黎明期のゲーム(Clash of Steelsなど)の再版をやりたいと思っても、デザイナーと連絡が取れないことが多いのです。Michael Scott Smithさんと連絡が取れれば、Salvo IとIIの日本版とかやりたいですよね。



2017年11月6日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-06 09:01 | ほぼ日 | Comments(0)

ビンディン1969』のルールを読んでおりまして、ブライアン・トレインさんのベトナムものであります。1969年のビンディン省における戦いだけに焦点を当てておりまして、マップはエリア式で、政府軍(含む米韓軍)と反政府軍(ベトコンと北ベトナム軍)とに分かれて、基本的にはエリアの取り合いを行います。

b0142122_08240384.jpg

『War at Sea』と似ているのは非対称の軍隊が戦うという点。反政府軍はゲリラが主体となって、戦わずともその土地に浸透すれば得点できます。人口が多いエリアほど多く得点できます。その他に国道を押さえたり、敵ユニットを除去したりすることでも得点できます。

政府軍は常に発見されているのに対し、反政府軍ユニットは裏面で配置され、ダミーも混ざっています。政府軍が隠匿状態のゲリラを攻撃するためにはまず索敵する必要があり、その後で攻撃可能になります。攻撃を受けた反政府軍は同時射撃の反撃ができますが、この時、まだ発見されていないユニットが正体を明かすことで反撃に参加することもでき、政府軍が思わぬ待ち伏せを食らう……ということも再現できます。

ユニークなのは反政府軍プレイヤーの判断で、1エリアずつアクションを解決するところ。両軍がユニットを配置した後にアクションが始まるわけですが、例えばどこかで決戦をしかけたいのであれば、自軍ユニットだけいるエリアのアクションを解決して、そのユニットを決戦場へ移動させる。その後、決戦場をアクティベートさせて戦いを挑むことができるのです。

一度活性化を終えたエリアはそのターン、再び活性化することはありませんが、まだ活性化していないエリアにいるユニットは何度でも活性化できます。そのため、そのエリアで攻撃して攻撃して、その後で未活性の別のエリアへ移動して、そのエリアが活性化したらそこでも攻撃して……というサーチ&デストロイっぽい戦術も可能になっています。

ただし、TP(任務遂行ポイント)があればな!! です。ユニットを配置するにも再建するにも作戦するにもTPが必要だし、政府軍は強力だけれども前述の通り索敵にもTPが必要で、なかなか思い通りの作戦は行えません。ゲリラの主力がいるはずだと全力2階建てで攻撃したらダミーの山、TPを使い尽くしたところで反政府軍の反撃に遭う、なんてことも。一方の反政府軍も、司令部が捕捉されて撃破されるたびに毎ターン得られるTPが減少していくので注意が必要です。

戦闘効果を上げるために「集中攻撃」を行え、戦闘力を実質2倍にできるのですが、そのエリアは民間人に多数の犠牲が出たものとしてterrorizedされ(髑髏マーカーを置く)、エリア支配のVPが得られなくなってしまいます。集中攻撃を行わなくても、韓国軍が参加した攻撃が一定の成功を収めるとそのエリアがterrorizedされてしまうという特別ルールが用意されておりまして、政府軍プレイヤーとしては韓国軍首都師団の使いどころに悩まされることになります。



2017年11月2日の話題:


[PR]
by yas_nakg | 2017-11-02 08:51 | 海外ゲーム【B】 | Comments(0)