プーチンの戦争

正規軍ユニットの移動力は1-6、守備隊は表面はロシア軍、裏面は連合軍……『1936: Wht if ?』と同じシステムかもしれませんね。しかしタイ・ボンバさんのゲーム・マップは『Putin's War』のあっさりしたものより、Paper Wars『Russia Falling』のように濃いデザインのほうが合いますね。

YAAH!マガジンの『Race to the Sea 1914』を遊びたいです。



2017年4月28日の話題


[PR]
by yas_nakg | 2017-04-28 14:57 | ほぼ日 | Comments(1)

『このシミュゲがすごい!2017年版』の付録ゲーム『ポイントブランク』のオプション・ユニットMe163の裏面に印刷ミスがありました。申し訳ありません。以下の方法で正しいユニットを配布させていただきますので、ご都合の良い方法をお選びいただければと思います。

  • 郵送先をメール(petitslg@gmail.com)にてお知らせいただく。件名「Me163コメート」として、下記アドレスまで郵送先をご記入の上、メールをお送りください。折り返し発送させていただきます。発送は5月8日以降を予定しております。
  • 5月14日のゲームマーケットa-gameのブースにて配布。
  • Petit Wargame Shopで何か商品を購入された際、「備考欄」に「Me163コメート」とご記入いただく。明日19時頃には諸々新商品入荷の予定です。

なお、Petit Wargame Shopで『このシミュゲがすごい!2017年版』をご購入いただいた方には、本日発送いたしました。



2017年4月27日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-04-27 14:01 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

2015年4月25日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-24 06:57 | ほぼ日 | Comments(0)

「はい解散」禁止

先日触れた冬戦争のゲームですが、我らがタイ・ボンバ先生からの持ち込みでした。もともとソリテアで制作していたそうですが、対戦用にしたほうが面白くなりそうなので設計変更したら、デシジョン・ゲームズから駄目出しをくらって……付録ゲームの選別は厳格なアンケート・システムに基づいているそうで、ソリテア連発の背景にはそういう事情があるようです。

「ドイツの次はミラノから荷物が届いたけど、何やこれ」と自宅から連絡が入りました。『戦への備えをせよマガジン』が届いた模様です!!



2017年4月21日の話題
※滾る。



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-21 15:36 | ほぼ日 | Comments(1)

フィンランド初の戦車戦

とある筋から、フィンランド初の戦車戦であるホンカニエミの戦いが含まれた冬戦争のゲーム(ゲーム・タイトルはThe Mannerheim Line Campaign)をコマンドの付録にどうや!? とアプローチをいただいたのですが、興味のある方はいらっしゃるでしょうか。ヴィッカーズ6トン戦車 vs T-26とT-28とか無理ゲーやっちゅうねん。フルマップ1枚、駒は176個。2人用の作戦級ゲームになります。ワイは興味あります。



2017年4月19日の話題
※先日『T2』観に行きましたら、予告が流れておりました。ポール・ギャリコの『スノーグース』を読みたくなった!



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-19 09:33 | ほぼ日 | Comments(6)

入稿や!

b0142122_15260802.jpg

無事、『コメート!』も完成しまして、これからルールとマップの入稿です。航空写真だとうるさくなるので、うっすら地形が見える程度のマップとなりました。ゲームマーケットに持ち込む予定で、試遊卓でその場で説明して20分以内に終わるくらいのお手軽な空戦ゲームです。そのはず。



2017年4月17日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-17 15:42 | ほぼ日 | Comments(0)

空戦ゲームのマップ問題

b0142122_07390027.jpg

ヘクスだけ印刷しておけばそれで事足りる(『Air Force』など)んですが、愛想ないですしね。航空機が上面図なので地表がそれらしく描かれているマップ(『Mustangs!』など)が本当はそれっぽいのだと思いますが、普段飛行機を見上げている我々にとっては、空色一色のマップのほうが「空!!」というイメージが得られるのかもしれません。



2017年4月16日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-16 07:54 | ほぼ日 | Comments(2)

b0142122_08265392.jpg


以前述べたコメート問題ですが、駒49個でMe-163が活躍する(かもしれない)空戦ゲームを制作することになりました。何でも本日、萬印堂さんから印刷した駒が届くということで、春のゲームマーケットに持って行けそうです。駒は届いてもルールをつくるのはこれからとか、見切り発車も甚だしいのですが、これが平常運転。

次号『SLGamer』も空戦ゲームが付録なので、そういうのがお好きな方は太平洋上空とヨーロッパ上空で思う存分に暴れるといいと思います。



2017年4月15日の話題
※ネタばれ(とは言わないか)しますと、X次元探査のために2d6してぞろ目が出ると発見。その目の総和が異星人が暮らす母星(ははぼし)の次元になりますので、3次元から攻められることはあり得ないのです。5次元の『インターステラー』涙目。そして銀河海兵隊が敵の母星次元に突入するためには、やはり2d6して出た目の合計値が同じならワープ成功になります。6次元には行けやすいけれど、2次元にはなかなか行けない。 そういうことなのか!!

[PR]
by yas_nakg | 2017-04-15 08:35 | ほぼ日 | Comments(0)

ありがとう、ジャック!

昨日は会社に海外から荷物が次々と着弾しまして、まずジャック・グリーンさんから『Hitler Strikes North』のマップ訂正指示と、『The Life and Times of the Illustrious Captain Brown』。

「日本における技術の発展、特に造船と工学の分野において大きな役割を果たしたのはグラスゴーに拠点を置くキャプテン・アルバート・リチャード・ブラウンであった。彼は日本の工業化の橋渡しをし、推進していったヨーロッパ人たちの先駆け的存在であった。彼は1868 年からヘンリー・ブラントンとともに日本で働きはじめ、1889 年には明治天皇により勲二等瑞宝章を授かっている。(略)日本でのキャプテン・ブラウンの影響力は大きく、グラスゴーに子息を見習いや学生として送り出す親たちも多かった。後に日本の造船と海運事業において主要な役割を果たすことになる人たちの多くが、早い時期にこのような教育を受けている 」(「日本の造船・海運とロイドレジスターの関わり」より)

読みたい。読みたいけど英語力と時間が伴わない。

続いて『中越戦争』2点。日本語ルールの完成をじっと待つのだ。そして自宅にも『Paper Wars』が届きまして(85号は間もなく発売とか)、いろいろたいへんです。



2017年4月13日の話題


[PR]
by yas_nakg | 2017-04-13 09:40 | ほぼ日 | Comments(1)

詳しくはこちら

あと、先週末から続々と頼んでいたゲームが届いておりまして、ドイツ製ミッドウェイ海戦ソリテア『機動部隊』も手元に。ルールをざっと読んだ限り、無駄がなく、プレイヤーにやらせたいことが明確です。その他、Tiny Battle Publishingの『Into the Pocket』に『X次元からの侵略者』。前者は冬の嵐作戦。後者はX次元からの侵略者と戦う銀河海兵隊! のソリテア。X次元が何次元なのかダイスを振って決め、2-12次元になるんだそうです。2次元に行けるチャンス!!



2017年4月12日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-12 12:28 | ほぼ日 | Comments(2)