セルビア上空の戦い

b0142122_08293174.jpg
昨日に続き、フォルセージェ・ゲームズの『1941: Fire in the sky above Belgrade』のルールを確認。空戦シミュレーションとしては「これじゃない感」を覚える人がいるかもしれません……プレイヤーは交互に任意の1機を、ダイスを使って移動させるシステムなのです。同じ機体が連続して移動することも可能。同社のゲームではお馴染みの「青色ダイス(出目が3, 4, 4, 5, 5, 6)」で移動力を決め、直進するだけなら+3、1回でも旋回するなら+1の移動力で移動します。双発戦闘機なら+1の+0、爆撃機なら+0の-1といった具合。射撃は敵機後方に対してのみ可能で、双発戦闘機と爆撃機は防御射撃を行えます。機体の性能差はありません……が、元がシンプルなのでいくらでも味つけできそうです。

最初は単発戦闘機同士の戦いでシステムを学び、次に火力は大きいけれど鈍重な双発戦闘機を加え、最後に爆撃機を登場させて勝利条件を変更する(単に敵機を撃墜するだけではなく、爆撃機を空戦域から離脱させることが目的になる)といった具合に、ステップ・アップ式でルールと戦術とが複雑になっていきます。

需要があるかはわかりませんが、ナイス・ガイズに持って行く予定なのでナイス・ガイズたちはよろしくお願いします。



2017年3月3日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-03 09:07 | ほぼ日 | Comments(0)

基本システムは同じ

b0142122_08414219.jpg

フォルセージェ・ゲームズの新作『Naval Battle in Archipelago』のルールを確認したのですが、基本は『パンツァー・ストライク』と同じでした。砲撃と雷撃のタイミングをどう見極めるか、いつ補給を受けるのか、敵の兵站基地を叩くために挺身攻撃をするかどうか、といった駆け引きを楽しめますが、ブルー国海軍とレッド国海軍の小艦隊同士の戦いであり、歴史的興味を満たすタイプの作品ではありません。とりあえずナイス・ガイズで遊んでみたいと思います。



2017年3月2日の話題
[PR]
by yas_nakg | 2017-03-02 08:46 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

2017年3月1日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-01 08:20 | ほぼ日 | Comments(0)