<   2017年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

国防軍の夜-1935-

昨日の和泉歴史(ゲーム)研究会では、先日のゲームマーケット神戸で頒布された『国防軍の夜-1935-』が3回転以上しておりました。ちょっとタイミング合わなくて参加できませんでしたが、たいへん盛り上がっていた模様です。詳しくはここここをチェック。「ロンメルがー!!」「ノルマンディで連合軍を押し返したー!!」「クーデターじゃー!!」と、時折絶叫が聞こえておりました!! 当日、a-gameで扱わせてもらえないか打診してみました。



2017年3月20日の話題
ベータ版くらいまでいったでしょうか。ありがとうございます。歴史を知る日本軍プレイヤーは中国から手を引く傾向にあります。またアメリカの挑発に乗らないで自分から戦争をしかけない。そうなると、アメリカと日本が積極的に得点を稼ぐことはできず、ヨーロッパでドイツが負ければ中国=イギリス=ソ連プレイヤーの勝利、ドイツが勝つと日本プレイヤーが勝利することになります。そこでドイツが勝ちそうになるとアメリカがドイツに宣戦布告する必要が生じ、日独伊三国同盟が締結されていれば日本も戦争に巻き込まれていく……。

また、戦争は相当計画的に行わないとすぐに頓挫します(両軍とも動かせる駒がなくなって半年〜一年は膠着する)。2年がかりで錬成した機動部隊も屠られる時は一撃なので、考えなしに戦争を始めると、何もしなかったプレイヤーが漁夫の利を得ることになります。教育的なのですが、これでいいのかどうか。



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-20 08:11 | ほぼ日 | Comments(1)

1945年5月31日の台北大空襲をテーマにした協力型ゲーム『台北大空襲』が6月に発売になるそうです。台湾版KS案件でしたが、台北市長も高く評価、先日は宣伝用ポスターにサインする写真がFBにて公開されました。日本で言えば東京大空襲のゲームのポスターに、小池都知事がサインするような感じでしょうか。

先日、『日本機動部隊』の真珠湾シナリオと同じ様式で呉空襲がつくれないかという話をうかがった時、想像の埒外だったので意表を突かれたわけですが、地続きのテーマは無意識に守備範囲外に置いていたのかもしれません。あ、いやそんなことはないか。祖父は〈扶桑〉の乗組員でスリガオ海峡に没したわけですが、『突入!? レイテ湾』をつったし。それはともかく、『台北大空襲』は若い世代のデザイナーがデザインされたようなので、歴史として客観的に判断・評価が下せるようになった結果、ゲームという形で昇華できたのだと思います。FBではデザイナーが熱い思いを語っています(台湾語なのでよくわかりませんが)。





そうそう、「変態のマジシャン」でした。同ゲームのカード制作に「変態のマジシャン」の名で日本でも知られる? 韋宗成さんが参加されたということで話題になっています。第二次大戦中、爆撃機から投下された爆弾を消し去った女性の伝説があるそうで(間違っていたらすみません)、ゲームにも登場する模様です。

b0142122_07353936.jpg
爆弾をどこかに消し去ってくれる力があるようで(間違っていたらすみません)、もしかすると台北に限らず、他にも「異聞」があるのかもしれませんね。

本件のコメント欄に「默娘prpr」とかあって、日本と台湾の強い絆を感じずにはいられません。



2017年3月19日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-19 20:24 | ほぼ日 | Comments(0)

「品名: 土下座」が届く

b0142122_06565771.jpg


ジブセイルさんの『太平洋の土下座』であります。日曜日の例会に持って行きますので、隊長は土下座の準備(!!)をよろしくお願いいたします。



2017年3月18日の話題
※ありがとうございました。次は7月ですね!?



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-18 07:16 | ほぼ日 | Comments(0)

昨夜は札歴の皆さんと美味しい食事とお酒、楽しい話を満喫させていただきました。次の出張は何とか金曜日か月曜日にセッティングしてもらい、例会に参加できればと思っております。

『ウクライナ' 43』、スターリングラード、ユーゴ内戦、尖閣、フリート・シリーズに『トワイライト・ストラグル』『ミグ・アレイ』などいろんなゲームの話題が出ましたが、ゲーム以外の話──映画『オーガストウォーズ』やヒグマの恐い話も印象的でした。どんな馬鹿話をしていても話題が出た瞬間に誰もが真顔に戻るヒグマの話は洒落にならない。



2017年3月17日の話題


[PR]
by yas_nakg | 2017-03-17 06:44 | ほぼ日 | Comments(2)

出張で札幌です。寒いとか言うと、地元スタッフに鼻で笑われました。店を出た瞬間に酔いがさめる寒さだったのに。

ひと昔前なら食事> 飲み> 飲み> 締めのラーメン、即ちオーバーラン> 一次戦闘> 二次戦闘> 突破展進も可能でしたが、食事だけでアップアップ、どうしてもと誘われてラーメン食べたらたいへんなことになりました。美味しかったんですが!!



2017年3月16日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-16 07:07 | ほぼ日 | Comments(0)

残りライフ

ゲームマーケット神戸からの帰りの車中、さばげ隊長とお互いの残りライフからゲームをプレイ/デザインできる回数を計算して、お互い「あーっ!!」と叫んでしまいました。



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-15 08:04 | ほぼ日 | Comments(2)

元ネタはこちら。デイリーポータルZ。ウォーゲームでこれをやるとメニューを提示した瞬間に炎上案件に発展しそうですが、またナイスガイズ!をやる時は用意するのがいいかもしれないと思ったり。今だと「前菜」に相当するのは、自分的には例のセルビア製ゲーム。説明時間が短い、わかりやすい、駒の数でプレイ時間を調整できる、考えるポイントが絞られている、など。



2017年3月14日の話題
※gooブログあるある。



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-14 08:57 | ほぼ日 | Comments(0)

1940年の外交戦から始まって、開戦しないかもしれない太平洋戦争キャンペーン・ゲーム(ああ、開戦しないかもしれないのに「太平洋戦争」とは一体)があればプレイしたいと思ってコンセプト・ゲームをつくってみました。鹿内さんがゲムマ神戸に来られるというので、それまでにプレイできる状態にしないと、ということで、出張先のホテルでソロプレイして、システムが動くことを確認した上で修整していざ神戸。

b0142122_15115074.jpg
プレイヤーは3人、日本とアメリカ、それに中国(+参戦後のイギリス、ソ連)です。それぞれリソース・ポイントを使って軍備の増強及び軍事作戦を行い、政治ポイントを使って外交を展開します。前者はユニット、後者はカードによるプレイ。ゲームはマップ内の根拠地が攻略されるか、欧州大戦の終結によって終了し、その時点でマップ上のリソース・エリアをどれだけ支配しているかと政治ポイントの喪失とで勝敗を決めます。

中国大陸で消耗戦を繰り広げていた日本は、ディアハンター大統領の「経済制裁」を受けてジリ貧に。さばげ首相はドイツの勝利に一縷の望みをかけて「三国同盟」を締結するも、欧州状勢は一進一退。「日ソ中立条約」を締結すると、満州の陸軍を日本本土に引き揚げます。

「満州の権益は認めたるさかい、沿岸部から手を引きなはれ」という「ハル・ノート」がディアハンター大統領から突きつけられると、さばげ首相はあっさりとこれを受諾。ドイツの不甲斐なさもあって三国同盟をあっさり破棄し、経済制裁も解除されることになりました。中国沿岸部の部隊は日本本土へ引き揚げ、日本と中国は休戦しました。

全ての国が平和になると、途端に経済が回り始め(軍事作戦のためのリソースが不要になり、そのぶんをユニット生産に回せる)、各国ともに経済力と軍事力を蓄えていきました。するとドイツ軍が対ソ戦を開始、破竹の勢いで進撃を開始します。このまま戦争が終わると勝てない(三国同盟を締結している状態で戦争が終わるとイギリスのアジア植民地を分捕れたのですが……)し、間もなくアメリカ海軍が続々と完成することに危機感を抱いたさばげ首相は方針転換。対米英宣戦を布告し、フィリピンに奇襲攻撃を敢行したのです。

と、史実通りの順番で外交戦が展開しない限り、まず史実通りの展開にはならない太平洋戦争キャンペーン・ゲームが『大東亜共栄圏』です。90分くらいで1940年から(様々な形の)終戦までを楽しめる内容になる──というコンセプトはだいたいこのフレームで満たせそうですが、外交戦の処理がまだすっきりしない(駆け引きの要素が足りない)ので、本ちゃんのテストプレイまでにはもう少し練り込みが必要そうです。


[PR]
by yas_nakg | 2017-03-13 15:44 | 国産ゲーム【た行】 | Comments(4)

a-gameブースにお越しいただいた皆さん、ありがとうございました!!



2017年3月13日の話題
※21世紀にこのゲームの本格リプレイを読めるとは!!
※いろいろひどい。
※『モスクワ電撃戦2』、i-OGM様に在庫あります
※一度ライセンスを検討してデザイナーに問い合わせたところ、PRPに打診してくれとのことでした。PRPに問い合わせたら音沙汰なしで今日に至っております。


[PR]
by yas_nakg | 2017-03-13 08:01 | ほぼ日 | Comments(0)

※イベント終了まで本エントリがブログのトップにきております。

ボンサイ・ゲームズの制作物はa-gameさんのブースで販売してもらうことになりました。ブース番号は「A10」になります。お立ち寄りいただければ幸いです。

『このシミュゲがすごい!2017年版』
毎年発行している、「だいたい前年に国内外で販売されたすごいウォーゲーム」を紹介する同人誌です。過去作はこちらを参照してください。

b0142122_17585436.jpg
b0142122_17590031.jpg
b0142122_17590615.jpg
b0142122_17591354.jpg
b0142122_17591913.jpg


本誌: A4判48頁(カラー)+ルールブック4頁
付録ゲーム: 『ポイントブランク!』アメリカ第8空軍によるドイツ本土爆撃がテーマの航空作戦ゲーム。A3判マップ+打ち抜き駒50個。

Panzer Witch
1940年のエイルシュタット公国における戦術戦闘を再現したボードゲームです。当初はツクダホビーの作風を真似ようとしたのですが、プレイ不可能なことがわかって断念。プロット不要でプレイしやすくなっていますが、もっと簡単にすべきだったかもしれません。プレイにはそれなりの覚悟が必要です。

b0142122_18053457.jpg
b0142122_18070908.jpg
b0142122_18054337.jpg
b0142122_18055614.jpg
b0142122_18061063.jpg
b0142122_18061897.jpg

のけものゲーマー
野獣と書いて「のけもの」と読む。はさておき、当初は『のけものフレンズ: サバンナの掟』というタイトルでつくっておりましたが、不穏当な内容だったので変更しました。ゲーマーと書いて「ともだち」と読むのです。こちらは『このシミュ2017』または、私が昔つくった『太平洋戦史』が再版されるそうなので、そちらをご購入いただけましたらプレゼントしたいと思います。※先着順。お一人様1枚。なくなり次第終了となります。

b0142122_18131235.jpg

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-12 23:59 | ウォーゲーム会日程 | Comments(4)