以下、編集部からキャッチした情報をもとにしておりますが、あくまで予定ですので急遽、変更になる可能性もあります。

2015年
11月
ターゲット・イラン
(コマンド・ソリテア第2弾 / MWライセンス)
近未来に起こるかもしれない米国によるイランに対する軍事介入を、ジョセフ・ミランダ氏がシミュレイト。『ディエップ強襲』とはまた異なるソリテア・システムで、非対称戦争にならざるを得ない現代戦を再現しています。もちろんカバー・ストーリーも完訳。これからの中東情勢に興味を持っている方はマスト・バイです。

12月
バルジの戦い:セルの死闘
(コマンドマガジン第126号 / Revolution Gamesライセンス)
ガザラの戦い』と同じ、次世代チット・プル・システムを用いた作戦級ゲーム。バルジの戦いのうち、セル周辺の戦闘に焦点を当てています。ドイツ軍、連合軍ともその場凌ぎの戦い方では勝利はおぼつかず、グランド・デザインが求められるのが何より面白いところ。「このシミュゲがすごい!」で、鹿内靖氏が選んだ「すごい」作品です。

2016年以降の予定: コマンドマガジン付録
フランス '40(GMT)
レッド・ウィンター(GMT)
ロード・トゥ・モスクワ(GMT)

計画中:
JWC『独ソ電撃戦』(エポック: 『ベルリン電撃戦(仮)』のヴァリアント追加予定)
CMS『幽霊師団』(WaWライセンス)



[PR]
by yas_nakg | 2015-12-31 23:59 | Comments(9)

北緯73度!

> 北極船団がテーマとはとても楽しみです! 個人的に88号の「北緯73度」が好きだったので、これを題材にしたゲームを待ってました。
(hachibei さま)

ありがとうございます。シミュレーションとしては疑問符がつくゲームかもしれませんが(カードゲームなので、多少はね?)、空軍、潜水艦、そして水上艦の要素が入っており、かつ「フリート・ビーイング」の効果ありで、北極船団を守ったり攻めたりするのが好きな方には喜んでいただけるのではないかと思っております。

その後も休憩時間にテストプレイが続けられておりまして、敗色濃厚のプレイヤーが一発勝負で水上艦を輸送船団に特攻させて逆転勝ちを狙うケースがよく見られ、1回勝負ではなく3回戦の合計得点で勝敗を決めたほうがいろいろバランスが取れるのではないかと思い始めております。



[PR]
by yas_nakg | 2015-12-02 08:05 | Comments(0)