でもタイトルは「PQ-17の惨劇」とか、全然ゆるくなかったり。「Pの悲劇」のゲームと勘違いして手を取ってくれる人がい……ねーよ。

オン・ザ・フライトデッキ』も残り少なくなったこともあり、次のGM神戸に向けて仕込み中であります。

b0142122_13144668.jpg

プレイヤーは全員ドイツ軍を受け持ち、空軍、水上艦、潜水艦を駆使して、寄ってたかって輸送船団を攻撃するゲームです。今度は戦争だ!

ルールはできるだけ簡素化したつもりですが、PQ-17の悲劇を演出する「船団散開せよ!」オプションは欲しいよね、ということで、そこに重点を置いたゲーム・システムになっています。つまり、船団は最初は密集しており、航空攻撃や潜水艦攻撃に対して守りが堅い。しかし誰かが水上艦を出すぞ、という陽動作戦をかけると船団は勝手に散開してくれて、空軍、潜水艦の餌食になります。じゃあ水上艦で攻撃すればどうなるかと言えば、密集していると水上艦で一網打尽にされるリスクがあるわけです。散開していれば悪くても1隻しか沈められません。

ということで、いつ、誰が敵船団を散開させるのか、それともさせずに戦うのか、散開させる前に空軍や潜水艦で攻撃するのか、それとも散開するまでキープしておくのか、そんな感じです。

b0142122_13235253.jpg

〈ティルピッツ〉が船団を食い散らかした例。〈ユリシーズ〉???

水上艦の攻撃が成功すれば大量得点を狙えますが、イギリス海軍にも〈キング・ジョージ5世〉や〈デューク・オブ・ヨーク〉、〈ヴィクトリアス〉という面倒臭い方がおり、返り討ちにあると大量減点となってしまいます。また、PQ-17の時期には投入されていませんでしたが護衛空母の〈アヴェンジャー〉、コルベット艦〈グッダル〉(北極海でUボートが最後に撃沈したイギリス艦。その代わりUボートも2隻撃沈されました)などの変わり種も入っております。

しかし、水上艦が戦果をあげないと総統が激怒することもあるし、空軍が東部戦線に引っ張られることもあります。X艇が奇襲攻撃をかけることも。

b0142122_13252912.jpg

話題のあの娘も実装予定です。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-28 13:29 | Comments(1)

松山六角会のセンパーさんが29日(日曜日)に来阪されます。災害レベルは竜級です(?)。さばげ隊長(A級3位→)と自分(C級27位↓)が迎撃予定ですが力不足は否めないので応援募集いたします。場所は難波で18時30分くらいから2時間くらい(延長戦は自己責任にて)。

はい、ウォーゲームの話題を肴に飲みましょう、という話です。希望される方は本エントリのコメント欄に連絡先(メールアドレス)込みで「非公開」欄にチェックしてご投稿ください。締切は27日の午前中くらい。詳細はメールにて返信いたします。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-25 10:56 | Comments(0)

Japanese? "Destroyer Captain"

今思えば、『コマンドマガジン』で『デストロイヤー・キャプテン』が付録になったのは51号のことで、ちょうどその頃から編集から離れて別の仕事に携わるようになったんですよね。ルールブックの質問の宛先が、代表ではなく現某社ミリタリー・アドバイザーのアドレスになっているのが味わい深い。そんなわけで自分、DCの再版にはノータッチだった模様です。

来年の再版に向けていろいろ見直しているところでして、

b0142122_933911.jpg


まだ構想の段階ですが、砲撃命中表も一般的な横に砲撃力、縦にダイスの目をとって交差するところに命中弾数を表示したほうが見やすいのではなかろうか、とか、艦型(級)ごとに損害記録&移動・攻撃記録シートを用意したほうが便利だし、自作シナリオも作りやすそうではないか、とか、ユニットに上面図入れても見づらいので、ならば統一スケールの(1/1200)武装配置図に兵装レイアウトを重ねるといい感じになるのではないかとか、主砲や魚雷のサイズは、アメリカはインチ表示でいいとして日本やドイツはセンチ表示にすべきじゃないかとか、いろいろ思案中です。

それから文字のサイズ! IBSでもまだ小さいのだなあ、ということを実感したので、さらに大きく見やすくしないといけません。

あと、OTFDを早速ソロっていただけたようでありがとうございます> ウォーゲームだもの

クエスチョンズに関しては全て「Yes」であります。明らかにプレイマットがないとプレイしにくい(気分が盛り上がらない)ので、A3判くらいでプリントアウトできる何かを用意したいと思っております。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-25 09:15 | Comments(3)

b0142122_12324547.jpg


まさかの海もの限定ゲーム会、しかもIBS IIIと『バトルシップ・カーニバル』という縛りがあったため、当初は参加者がいないのではないかと危惧されましたが、ふたを開ければ11名のご参加。無事トーナメントも開催でき、イベントの間は誰も手持ちぶさたにならず、艦隊を率いているか、戦艦を設計しているか、飛行甲板作業員として艦載機を飛ばしているかしておりました。参加された皆さん、お疲れ様でした!

b0142122_1239698.jpg

トーナメント1回戦は追加シナリオとなる「第二次ベララベラ夜戦」。日米駆逐艦同士の戦いで、アメリカ軍はレーダーを装備しているものの数が少なく、そもそも視認距離が長い(日本軍24ヘクス)ので電探いらずで戦えます。

4戦中3戦でアメリカ軍が勝利していたと思いますが、中でも衝撃的だったのは翔鶴さんvsたかぴょんさんの対戦で、火災発生→特殊損傷→「43」で轟沈! という微笑ましい事案が発生しました。「IBSなら日常茶飯事だぜ!」

b0142122_12415628.jpg


第1回戦の勝者4名が第2回戦に進出。シナリオは「大惨事第三次ソロモン海戦(2日目)」です。時間の都合で最後まではプレイできなかったため、終了時点の得点で優勝者を決めることに。なお、日本軍にはもれなくオプションの〈大和〉がついてきます。

b0142122_12453543.jpg

b0142122_12454619.jpg


意外な強さを見せたのがさばげ隊長。リー戦艦隊を受け持った隊長は、まずサボ島の東側にいる日本軍軽巡を16インチ砲で血祭りに上げて着実に得点をあげます。その後は日本軍の戦艦と距離を保ち、序盤のリードを保持して逃げ切りました。

b0142122_1248214.jpg


しかし、その上をいったのがかう゛ーるさん。同じく米艦隊を受け持ち、乱戦に巻き込まれたにもかかわらず、一方的に日本艦隊に大損害を与えることに成功しました。

b0142122_1249172.jpg


総合優勝はかう゛ーるさんで、賞品は酸素魚雷発射管の抱き枕(しまった、写真を撮ってなかった!)。この日、最も多く魚雷を命中させた(計8本?)翔鶴さんには、Si-phonさん特製の巨大缶バッジが。

b0142122_12512297.jpg


この日、結構魚雷が命中しておりまして、もう「IBSは魚雷が当たらない」とは言わせない? いやいや、やはり集まったアイアンボトマーズの雷撃手腕が優れているのでしょう。

その他、『バトルシップ・カーニバル』の通算勝ち点が多かったPoizonさんには(何故か)1/700スケールのレキシントンのプラモデルが、

b0142122_1254167.jpg


甲板作業員として獅子奮迅の活躍をしたいのさんには飛行甲板プレイマット(加賀でしたよね?)が、

b0142122_12552335.jpg


それぞれ贈られたのでした。

大会後は全員で第二次夜戦へ、そして一部は第三次夜戦に突入して、大いに海戦ゲーム話に花を咲かせたのでした。第三次夜戦では、12月の和泉の例会で「年忘れ『ディプロマシー』大会」が催されることが決まりました。年忘れだからね、何やってもいいよね?

ワンテーマに限ることで門は狭くなってしまいましたが、その分、対戦を組みやすかったり、サポートや進行もしやすかったので、そのうちまた場所を借りてやってみたいと思います。講師を連れてきて作戦級ゲームの入門的なセミナーをやるのも面白いかもしれませんね。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-24 13:02 | Comments(4)

と、その前に。

マーク・ミラーさんから「お前何か協力できることあるやろ」と恐怖新聞メールが届きまして、いや知っていてこれまで気づかないふりをしていただけなんですが!

Agent of the Imperium: Marc Miller's Traveller Novel

『トラベラー』いいっすよね。キャラクター・メイキング中に無慈悲にも死が訪れる諸行無常が仲間内で受け、何だかんだでよくプレイしていました。地味だし、よく死ぬけど。

既にご存じの方もいると思いますが、マーク・ミラーさんが『トラベラー』を背景にした小説を刊行されます。目標額には到達していますが、『トラベラー』好きな皆さん、期限はあと7日です。しっかりパッカーになって、来月には届く予定の小説を読んで昔を懐かしんだり、多めに投資して付録を楽しんだりしてください! もちろん自分も投資しました。これで『トラベラー』関連のゲームの再版もあるあ……ねーよ(多分)。




SFネタつながりで。

b0142122_1048503.jpg

友人がミレニアムファルコン買ったやでー、とねちっこいメールを送ってくるもんですから、先日、うっかりバンダイのXウィング戦闘機なんか買ってしまいまして、寝る前にちまちま作っていたんですが、やるなバンダイ! 塗装なし、デカールだけでほぼ色分けは完全に再現されるのですよ(デカール貼りは苦行ですが)。ちょっと汚しを入れただけで満足できました。

このクオリティでギャラクチカとかパイパーとか出ないものですかねぇ。出ないですよねぇ。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-24 10:49 | Comments(2)

夜戦準備ヨシ

b0142122_13172030.jpg

海ものゲーム会ですが、だいたい準備完了です。IBS IIIトーナメント第1回戦は新シナリオの「第二次ベララベラ海戦」。日本海軍はオプションで輸送中の駆逐艦3隻を戦力化できる代わりに、そうするとアメリカ軍の増援が登場する確率が高まります。日本軍のほうが数で勝っていますが、アメリカ軍は全てレーダー装備。砲撃では劣勢が予想されるので日本軍は魚雷で何とかしましょう。するんだよ。

なお本追加シナリオは近いうちに『コマンドマガジン』にも収録されるそうです。

時間をかけてプレイすると決勝戦までいかない可能性がありますので、時間制限方式を取ることになるかもしれません。いやなる。仕方ないよね。2回戦はガンファイト気味なシナリオ、そして決勝戦はIBS魂を揺さぶるあれです。

いずれもシナリオ専用の移動・攻撃記録シートを用意しましたので、即ハボ(誤用)です。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-13 13:27 | Comments(0)

開催日時:11月15日(日曜日)10時〜17時
場  所:J国際学院7階(リンク先参照:最寄り駅は地下鉄本町駅)
     1階入り口より入り、奥側のエレベーターで7階までお上がりください。
参加費 :無料
     参加・見学には事前のお申し込みが必要です。
     本エントリのコメント欄かメールで13日までお知らせください。
     ※締め切りました。
内  容:『アイアンボトムサウンドIII』と『バトルシップ・カーニバル』の対戦。
     ゲームをお持ちでなくても参加可能です。
     IBS IIIは新シナリオ(駆逐艦同士のショート・シナリオ)で
     トーナメントをしていただきたいなあ、と思っております。
     BCは空いた時間でどんどん回して、勝ち点の最も多い人に賞品!?
感想戦 :まだ店は決めておりませんが、イベント後に打ち上げを予定。
     海戦ゲームの話題で盛り上がりましょう!
     また、アメリカの土産話も少しくらいはできるかと思います。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-11 08:14 | Comments(4)

『ゲルマニア』が大戦末期のドイツで発生した女性の猟奇殺人事件であるなら、『真夜中の北京』は盧溝橋事件直前の北京で起きた、イギリス人女性の猟奇殺人事件であります。前者が、SSとユダヤ人元刑事による捜査なら、後者はイギリス人と中国人のコンビで事件の解決に迫ります。ただし、前者はフィクションで後者はノンフィクション。前者は解決しますが、後者は未解決のまま歴史の闇に葬られました──が、新資料が見つかって、という話。

捜査の過程で次第に明らかになっていく被害者の本当の顔。父親から始まり、教師に国民党の秘密警察にと、次々に浮かんでは消えてゆく容疑者たち。何故か突然絡んでくる(エドガー)スノー夫妻。ノンフィクションなんですがフィクションを超えるトンデモ展開(作家が編集者のプロットを話したらリアリティないよね、その話。と言われそうなプロット)で、たいへん面白うございました。

やはりここは、鹿内さんが言われるように、太平洋戦争末期の日本版ゲルマニアを、誰か。



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-04 13:09 | Comments(0)

文通

『IBS III(胃腸は関係ない)』千葉会2nd

IBS IIIなんですが(以下、略号はお察しください)、

1. IBS再版しろやというIIb氏を中心とする圧力団体(今風に言えば「鉄底団」になりますか)に屈してIBSの再版を検討。

2. JB氏に打診。快諾。

3. IBS IIよりはオリジナルを再版したいという提案に対して、ならばIBS IIのシナリオに新シナリオを加えてIBS IIIにしようと協議の上、決定。IBSの仮想戦シナリオはそのまま入れたかったのですが、JB氏の要望により新仮想戦シナリオが準備される。

4. JB氏がFB上で告知したところ、英語圏でも「欲しい」との声が多数上がり、英語版も何とかならないかと打診される。QD社がHJ版を輸入して販売した時の経験やアメリカでの流通事情を考慮しつつ、コンポーネントや価格が決まる。CWから再版されるFAIIと同じユニット・デザインに(上面図/側面図)。

5. IBS III無事発売。英語圏販売分はRG社が販売を受け持つ、ということで、うちから積極的に売り込んだ結果じゃないんですね。だから飲ませられん。

しかしまあ、真面目な話、最近はオリジナル・ゲームの「英語版はないのか」という問い合わせも多数寄せられるようになっておりまして、今後のことも考えるとそういう需要も取り込んでいかなければいかんなあ、と思っているところです。今週末にはJG氏とそのへんの話もしてきたいと思っております、はい。




IBS IIIつながりで海ものゲーム会。可能ならトーナメントもやりたいと思いますが、間に合うようであればJG氏からいただく予定のIBS IIIの新シナリオ(!)でやりたいですね。

あと、ゲームマーケットで販売するらしいこれも少しくらい先行販売できへん?(編集部のほうを眺めつつ)



[PR]
by yas_nakg | 2015-11-04 08:41 | Comments(4)