「ほっ」と。キャンペーン

の前に。

> そろそろ何か現代戦の日本語化をお願いしますよ…… イラク戦争とかイラク戦争とかイラク戦争とかアフガンとか(ミルクティーさん)
とりあえず! Modern War誌の最新号はイラクの自由作戦です!! ソリテアですが。

> 「Dien Bien Phu」SSもGDWも、ぜひ実現を期待しています。日本では、第二次インドシナ戦争(いわゆるベトナム戦争)ばかりでしたから・・・。発表されれば、エチオピアやカディシュ以来のマイナーさでしょうが、円熟期を迎えた大人の趣味にはぴったりかと。(mitsuさん)
GDWの再版、やるとすれば別冊扱いになるでしょうが、実現したいものです。



b0142122_7255435.jpg

そろそろIBS IIIが日本に届く頃ですが、アメリカでは『ジュトランド: フリート・アドミラルII』の企画が進行中で、今年はJG祭なんですかね。FA IIのIBS III同様、ユニットは側面シルエット/上面図のコンパチブルで、ゲーマーの闇の深さが偲ばれます(?)。



9月28日は和泉歴史(ゲーム)研究会の例会でした。参加者は10名+3名(午後から)−2名(早退)。こんなゲームがプレイされていました。

b0142122_737075.jpg

Gates of Vienna, 1683』(S&T)
※詳細は後述。

b0142122_738786.jpg

江戸幕府の黄昏』(GJ)
※『Twilight Struggle』のシステムで幕末期の勢力争いを再現した人気作。

b0142122_739186.jpg

ビルマ電撃戦』(CMJ)
※隊長は3連敗したと書いておりますが、うち2回は第1ターンに登場すべき日本軍の1個連隊が出ていなかった(サブカウンター置き場で眠っていた)ので、ノーカンでしょう。連合軍はラングーンをどこまで保持するか難しいところですが、早々と放棄するのはよろしくないように思います。

b0142122_7431230.jpg

Drive to the Baltic』(CMJ)
※ジョナサン氏がヘビロテ気味に回しておりますが、なかなかヘビーな作品です。

b0142122_7445523.jpg

Empire of the Sun』(GMT)
※第2版。いのさん自作プレイエイドも充実しており、たいへんプレイアビリティの高いものになっているようでした。

b0142122_7464389.jpg

本能寺への道』(GJ)

参加された方のブログです(9月29日現在):
負けブログ(さばげ隊長)
SOLGER航海日誌(AMIさん)



『Gates of Vienna, 1683(GoV)』は、オスマン軍による第二次ウィーン包囲戦を、『レッド・ドラゴン・ライジング(RDR)』のシステムで再現した2人用キャンペーン・ゲームです。とは言えRDRとは完全に別もので、マップはヘクス式、戦闘もCRT式となっており、交互に1アクションずつ繰り返すこと、そのアクションが移動や戦闘、攻城戦、補充、略奪といった作戦行動を表している点(もっと言えば、1アクションで行えることが明確化されていること)が同じというだけです。

RDRはゲーム全体で30手番しかありませんが、GoVは全8ターン、各ターン最大で20士気ポイント(MP)分のアクションを行えます。アクションによってMP消費量が異なり、移動だけ、戦闘だけなら1MP、移動して戦闘をしたり、要塞に強襲をかける時は2MP、そして攻城砲を用いて要塞に攻城戦を挑むなら3MPを消費します。

b0142122_7551125.jpg

勝利条件はマップ上の全大要塞を占領するか(かなり困難)、敵軍のMPを0以下にすること。MPは毎ターン、マップ上の支配している要塞と町から10数ポイントを得られますが、前述した通り、アクションするたびに減っていきます。会戦で大敗した時もMPが減るため、敵の要塞や町を占領しようとがっつり行動した直後に大敗北を喫したりすると、えらいことになるわけです。

ゲーム終了までこの条件を満たせなかった時は、保有MPの半分+マップ上の自軍が占領している策源地から得られるMP歳入が多いほうが勝利。

ウィーンから得られるMPは最大の「4」で、ここを占領されるとオーストリアは実質的に3分の1以上の収入源となるため勝敗の分かれ道となりますが、攻略は用意ではありません。史実では先を急ぐあまり、オスマン軍は攻城砲を持って行きませんでしたが、攻城砲による攻撃が成功しない限り、大要塞であるウィーンは防御力が3倍になります。編成次第ですが、オスマン軍が1点に集められる戦闘力が120程度であることから逆算して40戦闘力程度が立て籠もると、まず難攻不落となります。それにオスマン軍がウィーンに戦力を集中すれば、それ以外の戦線が疎かとなり、ウィーンから離れた場所に登場可能な神聖同盟軍がオスマン軍の背後を襲い、MPの策源地を奪うことにもなるでしょう。何より、大軍が低オッズでウィーンを攻撃して失敗した時のリスクが大きすぎます──戦闘結果は保有戦力のn%が壊滅するというものなので、両軍とも大軍を投入して敗戦した時のダメージが大きいのです。

そこで両軍とも、ウィーンに注意を向けつつも、その周辺、あるいは辺境地で小部隊同士が牽制し合い、機動戦が行われるという展開になりそうです。そしてどこかの戦線で綻びが生じたり、比較的多くの軍勢が失われたりすると、そこからバランス・オブ・パワーが次第に崩れ始めて、適切な対応で均衡を取り戻すのか、それともそのモメンタムに乗じて一気に勝利を掴むのかという、なかなかスリリングな展開になりそうです。

b0142122_7581296.jpg

で、AMIさんに対戦していただきました。自分はハプスブルク軍を、AMIさんがオスマン軍を受け持ちます。どちらも初対戦なのでミス連発でしたが、劇的な展開となりました。

序盤、兵力とMPにものを言わせてオスマン軍主力がベオグラードからブダペストへと一気に侵攻します。ハプスブルク軍はオーストリア・クロアチア軍は遊撃隊として、バラトン湖の南側でオスマンのMP策源地を奪い(取り返し)ます。

初期戦力だけでは圧倒的に不利なオーストリア軍は、MPを支払ってキャンペーン・マーカーを購入。これはランダム・イベントであり、増援の到着もマーカー次第です。オスマン軍が周辺の要塞を攻略、いよいよウィーンに手をかけるか、というところでヤン3世がポーランド軍を引き連れてやってきました! ウィーン直撃だけは避けようと、要塞との間でZOCで戦線を張りますが、カラ・ムスタファは躊躇うことなくポーランド軍に野戦を挑み、これを一撃で屠りました。潰走した軍は、攻城砲、輜重隊を失い、さらに戦闘力換算で50%のユニットを失います……ソビェスキは辛くも難を逃れますが、ポーランド軍は散り散りとなりました(主力軍の決戦は慎重に、野戦に輜重隊や大砲を持っていく意味はないなどの貴重な教訓を残しつつ)。

意気上がるオスマン軍はウィーン門に接近。実はウィーンの守備隊はクロアチア軍遊撃隊増強のために出払っており、民兵だけで守っているような状態でした。キャンペーン・マーカーの「スパイ」を使ってオスマン軍主力の戦闘力合計が100そこそこだと判明し、2:1の攻撃を受けないことがわかったため、シャルル5世率いるオーストリア軍主力(63戦闘力)がジェールから出撃します。もちろん、オスマン軍主力に正面攻撃を挑めるはずはなく、その後方の要塞を取り返す腹です。

オーストリア軍のこの動きに対し、カラ・ムスタファはシャルル5世に引導を渡すべく野戦を挑みます。後に「キッツェーの戦い」と呼ばれる(かもしれない)この戦いは、オスマン軍約10万とオーストリア軍約6万が激突しました。強敵ポーランド軍を撃破したことで油断が生じたのか、オスマン軍の攻撃は精彩を欠き、後がないオーストリア軍の死に物狂いの抵抗を受け、潰走してしまったのです(オッズは1.5:1、攻撃側が撃退される確率は6分の1でした)。

トルコ軍は潰走、一時はイベント「パニック(大要塞を占領されると発生)」で士気が地に落ちたオーストリア軍でしたが、イベント「ウィーン門」で士気を回復しており、さらにイベント「教皇の支援」もあって、ありあまるMPを使ってトルコ軍を追撃。一方のオスマン軍は会戦に敗れたこともあってMPが一気に低下、手の打ちようがなく、敗残兵が各個撃破されてさらにMP低下……という悪循環の末、モラル・ブレイクを落として敗北となりました。

ここだけを強調すると、何や会戦の結果一発で決まるんかい、ということになりますが、史実もこんな感じでありました(ポーランド軍が大活躍したのですが)。カバー・ストーリーの分析でも、何を無邪気にウィーンまで行っとんねんと、カラ・ムスタファの軽挙が咎められています。ルールを読んだだけで初めてプレイすると、もしかするとこういう展開になるかもしれませんが、劇的な展開を一度体験したら、両軍とも慎重に行動することになるでしょう。

最初の1回は歴史の追体験として、2回目以降は兵棋演習として、17世紀のオスマン軍によるオーストリア侵攻を検証できる作品です。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-29 08:41 | Comments(2)

来年5月くらいの予定だそうですが。
b0142122_1054923.jpg

左上の4個は、定期購読者を何とも不安な気持ちにさせる、その号の付録ゲーム用のユニットでしょうか。

それはさておきウーフー装備のSdKfz251にヴァンピーアを搭載したマーダー、III号突撃砲、V号戦車、歩兵小隊が確認できます。その横、対戦車能力(△)を持った少年たちがいますので、1945年5月のベルリン戦のヴァリアントになるのかもしれません。

『Night Fight』はソリテアですが、対戦用のヴァリアント・ルールも検討しているとのことで、それなりに楽しまれているのかもしれません。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-11 10:10 | Comments(0)

そのうち仕事でベトナムへ行くこともあるだろうと思い、Modern War誌の『Dien Bien Phu』のカバー・ストーリーを読んだんですが、これ非常に興味深い戦いなんですね。

フランス軍はベトミンを一大会戦に引きずり込んで勝負を決めたい。
  ↓
日本軍が設営した飛行場もあったディエン・ビエン・フーに空挺降下。
エアランド・バトルの基地にしてベトミンを迎え撃つぞ!
  ↓
ベトミンがディエン・ビエン・フーを包囲。
???「やったぜ」
  ↓
しかし内戦に勝利した中国共産党及びソ連の支援を受け、ベトミン師団の火力が充実。
航空支援/砲兵支援で火力の優勢を得るはずが、ベトミンのほうが優位に。
  ↓
政治的・兵站的な事情からアメリカの支援は得られず。
慌てて増援を空挺降下で送り込むも「遅すぎ・少なすぎ」。
※別コラムで外部からの救援=コンドル作戦についても言及あり。
  ↓
双方大損害を出しつつ、ディエン・ビエン・フー陥落。

MW誌のゲームはソリテアで、確かに包囲された時点で、あるいはフランス軍がベトミンの実力を過小評価した時点で詰んでおり、一人用ゲームにした理由もわからないでもないですが、コンドル作戦やアルバトロス作戦(これは守備隊の脱出)のタイミングを早められると、また違った展開になると思われますので、対戦ゲームとして見てみたかった。あ、GDWの『ツィタデレ』が……。

メインの記事はCommand Magazine誌(XTR)でアジア関連のことをよく書かれていたTimothy J. Kutta氏、アメリカがディエン・ビエン・フーに介入した可能性(ヴァルチャー作戦)についてはJoseph Miranda氏が書かれており、安定の内容です。編集者が入れ替わりとなって、これからのMW誌がゲームはもちろん記事の内容も今のクオリティを維持できるか、気になるところです。

余談ですが、SSシリーズで佐藤大輔氏が「インドシナ戦争をつくる」と宣言した際、シミュレイター誌の事前広告に「Dien Bien Phu」とうっかり書いてしまったのは私です。「ばっか、第二次だよ」と怒られました。以来、このテーマのゲームをつくりたいと思っていたのですが、本当にベトナムへ行くことがあれば真剣に考えてみたいと思います。SSシリーズくらいのフォーマットで。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-10 10:01 | Comments(5)

『Night Fight』プレイ実況

をしようと思っていたら先を越されました(笑)。こちらを参照ください。

ざっとシステムを解説すると、

●ソ連軍には定置部隊と機動隊列があり、前者は初期配置後、移動しない。後者は隊列マーカーで表され、隊列の先頭位置と進行方向を示す。
●どちらもダミーが含まれ、機動隊列は最大9個のユニットで表される。機動隊列が発見されると、先頭から順にユニットを並べて隊列が発生する。
●夜戦なので、敵を発見できるか否かの要素は視認距離(2〜6ヘクス)、視線(ヘクス内のどこからどこでもいいので直線が引けるか)、視認判定の3つ。発見されるとソ連軍ユニットは表面にした上で発見マーカーを置く。
●シーケンスは両軍の射撃/移動を繰り返すもので、射撃したユニットは移動できない、移動したユニットも射撃できない、移動中に敵に発見されたユニットは臨機射撃を受ける、というシンプルなもの。
●ソ連軍の定置部隊は移動せず、発見判定は行う。機動隊列は最も近いドイツ軍ユニットに接近するように動くので、囮戦術でつり出すのも有効。
●戦闘は射撃のみ。近接突撃は近距離射撃扱いで有利な修整がつく。ユニット・レーティングは戦闘力と対戦車能力の有無だけで(!)、戦闘結果も撃破/ピン/効果なしと実にシンプル。夜戦ですから!

と、非常にプレイしやすいものとなっております。

実際のプレイが慣れるとさくさく進むぶん、ゲーム開始前に行うドイツ軍の編成が楽しく、任務の達成のためにどんな作戦を立てるのか、その遂行のためにどんな部隊で挑むのか、と考えるわけです。

ドイツ軍ユニットにはオプションでオストウィンドがついていましたが、であれば、ウーフー装備のSdKfz 251とその特別ルールがあれば……って、これはヴァリアントで出るか!?

本作は1943年から1944年にかけての東部戦線の夜間戦闘を戦術的なスケールで再現しており、1ヘクスは約30メートルを表しています。最大射程は視認距離である6ヘクス=180メートルに制限されますが、ヴァンピーア・システムを搭載したパンターは550メートル=約18ヘクス先まで目標を捕捉できるので、この兵器がいかにユニークなものかわかりますね、と大したオチもなく終了です。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-08 08:06 | Comments(0)

b0142122_8285746.jpg

World at War誌最新刊『Night Fightですが、カバー・ストーリーを読み終えました。

夜戦は指揮統制が困難なので、夜は集結と補給を行い、やっても翌日の戦闘を有利に進めるため、主導権を得るのが目的なんですよね、という一般論から第二次世界大戦の東部戦線の話へ。ソ連軍は序盤、闇夜に紛れて退却を行ったけれど、日中の作戦でもアドバンテージが取れるようになると、その差をさらに拡大するために夜間作戦を本格化。隠密行動を取るのではなく、車両は走行灯を煌々と光らせ、爆音を立ててドイツ軍を混乱させます。

一方でドイツ軍は戦線を保持する兵力が足らないため、大戦後半はストロング・ポイントと、その間は装甲部隊による機動防御で辛うじて防衛線を維持していました。しかし夜のうちに浸透されて防衛拠点が包囲されたり、装甲車両が襲撃されることも。

そうした事情もあり、また連合軍の圧倒的な航空優勢のために日中の作戦が困難となり(やっぱり、ヤーボには勝てなかったよ……)、ドイツ軍は夜間戦術の開発に傾注していきます。そのひとつが表紙に描かれている暗視装置のZG1229ヴァンピーアなんですが、スコープとバッテリーが重くて(20kg超)実用的ではなかった。パンターに搭載された赤外線暗視装置FG1250は有効距離が550mと微妙ですが(一般的な小隊規模戦術級ゲームで2ヘクス程度ですよ)、SdKfz251に装備されたそれより大型のウーフーは1.5km先まで届いたので、ウーフーで先に捕捉→パンターを誘導→FG1250を用いて交戦開始、という流れになりました。

コラムは、ソ連軍の夜間作戦とクルスク戦における第6装甲師団による夜襲。前者は、赤色空軍ではまず低速の複葉機を使って目標に焼夷弾攻撃を行い、その火災を目標に後続の爆撃機が爆撃したり、地上部隊がそこを目標に夜間攻撃を行う。ジューコフのサーチライト作戦は失敗だったよね……、という話。後者は付録ゲームのヒストリカル・ノートになりまして、払暁攻撃して橋を取ろうと決まった後、

ベーケ「朝が来る前に、俺が夜襲で橋を押さえてみせますよ」(台詞は適当)

とばかりに、鹵獲T-34先頭にソ連軍が占領するルジャヴェツの町に突入していくのです。ベーケ△。

途中、T-34の隊列とすれ違い、しばらくして気づかれてT-34が後ろから追いかけてくると、最後尾の指揮戦車(主砲なし)に乗っていたベーケが

「ここは俺に任せてお前らは先を急いで橋を押さえろ」(台詞は適当)

とばかり指揮戦車とハーフトラックで道路封鎖。吸着地雷でたちまち3両のT-34を屠りました。その後、戦闘はエスカレート、橋を爆破されたもののドイツ軍は町を制圧、その後、工兵が橋を修理しましたが、この戦いがクルスク戦の大勢に影響することはありませんでした、という話。

夜間戦闘術がその後、どう進化していったかに興味が出ましたが、それはModern War誌の仕事ということになるのでしょうか。

肝心のゲームについてはまた後日!



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-07 09:03 | Comments(0)

9月中旬頃に日本着、という話を聞いております。早ければ9月末発売、遅くとも10月初旬にはリリースされることでしょう。

b0142122_10562617.jpg

当初はIBS IIとのハイブリッド仕様に、とも考えたのですが、以前にもどこかで書いた通り、雷撃ルールの整合性を取るのがやっかいなので、「日本版製作ノート」にオプション・ルール的に紹介しております。

すぐにでも使えるのは主導権に関するもので、非主導権側が先に3MPほど消費した後で両軍がプロットするというもの。これで少しは魚雷が当たりやすくなる? もうひとつは速力だけプロットするシーケンスで、これならソリテア・プレイも楽しめますね。

メガヘクスを使った雷撃ルールなんですが、発射角はヘクス、魚雷はメガヘクス単位で直進するとなるとどうしても針路に誤差が出てしまいます。魚雷の速力はメガヘクス単位、命中判定はヘクス単位というのもやりにくい。もちろんメガヘクス単位なので命中判定に持ち込みやすくはなっています。

そこでIBS IIのテイストを味わいたい方のために、魚雷の航跡に隣接するヘクスでも命中判定を行える、という「提案」ルールを用意してあります。メガヘクス基準の時とだいたい同じ感じ。もちろん水雷屋さんを自認する方は、Iのルールで魚雷を命中させて欲しいところ。

ところで、IBS IIIは日本語と英語のハイブリッド仕様でして、もちろんこれは少しでも英語圏で売れてくれると助かるなあ、と言いますか、これからは本当に何パーセントかは頼っていかなくてはいけないと本気で考え始めたところで目に入ったデシジョン・ゲームズの広告。

b0142122_10564444.jpg

何でしょう、この熱い上海推し。上海&上海&上海&上海ですよ。もしかすると米国のウォーゲーム屋さんも、中国市場を狙っているという断固たる意思表示なんでしょうか。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-04 10:58 | Comments(0)

ロメロさんから駒のデータが送られてきました。ちゃんと作っとるんや!! というわけです。
b0142122_7484857.jpg
b0142122_7483942.jpg

歩兵のユニット・レーティングが「3-3-4」になっていたりすると、「何でや! 阪神関係ないやろ!」と心が叫びそうになりますが、安心の「3-4-4」。それはさておき、興味ある方はお手持ちのOBなどと見比べていただければと思います。

あと、これは鮫さんに宛てた私信っぽくなるかもしれませんが!

Narrative Clip 2

これ、動画もいけちゃうんですね。ストレージが8GBなので撮りっぱなしというわけにはいかんでしょうが、何か使えそうな気がします。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-03 08:02 | Comments(0)

上海&上海&上海

編集部の中の人から、「こんなん届いたんですが」と報告をもらいました。中国からのゲーム投稿2作です。

b0142122_8142843.jpg

朝鮮戦争中盤、中共軍が介入してからの期間を扱います。もともとマガジン・ゲームのコンポーネントを意識してデザインされているとのことで、付録にぴったりのサイズです。ルールもそう多くありません。

なるほど、と思いつつ、もうひとつの製作中のゲームを見せてもらった時、目が点になりましたね。

   /⌒''⌒\
  /  ,vリノハノvヽ
  .|  / へ、 ノ V
 「ヽi|. ヽ・> 〈<・'〈
  ヽィヽ  ´ ・・` ,ノ
  .!|\  く三>/
  .ノ   \_r'゙

b0142122_8194626.jpg

タイトルは『ロード・トゥ・ナンキン』。左上が南京、右側中央が上海です。9月中旬に出版される『戰棋』のゲームと扱う範囲が同じですやん。

b0142122_822144.jpg

ちょっとわかりにくいですが、反対側からの写真。先の地図で言えば、左下に上海拡大マップが印刷されておりまして、ゲームはそこから始まります。

さて上海戦と言えば、今年World at War誌から『Shanghai 1937』が発表されたばかりですが(本作の詳細についてはコマンドマガジン最新号に詳しい)、台湾でも制作され、さらに大陸でもデザイン中とのことで、中国戦線が活気づいています。

『Shanghai 1937』は戦場を上海とその周辺に限定し、作戦戦術的な決断をプレイヤーに求めます。Pacific Battlesシリーズのスケールなのでそういう趣きになるわけですが、プレイヤーは現地軍司令官の苦悩を存分に味わうことができます。

『戰棋』の上海戦は、開始時こそ上海市街に戦場が限定されますが、中国軍の後退に伴って戦線が必然的に拡大していきます。詳しくはこちら

日本軍「四方八方から中国軍の増援が送り込まれてきて埒が明かんやで」
中国軍「日本軍がいつ後方に上陸してくるかもしれん……」
日本軍「上陸したったで」
中国軍「下がったやで」
日本軍「ぐぬぬ……取り逃がしたか。策源地はどこや? 南京か? よっしゃ南京まで行くやで。Vやねん! 支那派遣軍」

中央に湖沼地帯があり、戦線が南北に分断されたり、前述の通り日本軍が自由に上陸できて新たな戦線を構築できたりと、いくつも戦線ができ、それをマネジメントするという、作戦的な面白さを楽しめます。

b0142122_8431741.jpg

若干気になったのは、海空戦のルールが細かいこと。『日露戦争』(エポック / K2P)の基本ルールのように、ダイス一振りで決着がつくくらいのシンプルさでいいように感じられました。

投稿された作品も、恐らく同様のコンセプト──上海/南京戦をキャンペーンとして捉える──でつくられていると思うので、たいへん興味深いです。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-02 08:47 | Comments(2)

b0142122_8165780.jpg

最初からついています。夜の東部戦線。World at War誌新刊です。

同誌としては初ではないでしょうか、1ユニット=戦車1両という戦術級ゲームとなっており、時は1943年のクルスク戦、プレイヤーは第6装甲師団を率いてソ連軍部隊に夜間浸透攻撃をしかけます。ゲーム・デザインはこれも初? ロジャー・メイソン氏&エリック・ハーヴェイ氏。

b0142122_822586.jpg

(夜の)ティーガーはもちろん、(夜の)鹵獲T-34も登場します。sIG33とか指揮戦車がいるのは、AFVマニア的にはたまらないんじゃないでしょうか。夜間戦闘&ソリテアということで、指揮戦車の役割は大きくなるのではないかと思われます。

b0142122_8235766.jpg

(夜の)マップ。既に炎上中の建物があります。

しかし、戦車で夜襲と言えば島田戦車隊。このゲーム・システムがイケているようであれば、誰かヴァリアントで出しませんかね。なお本作は小さなウォーゲーム屋で絶賛販売中です(がっつり宣伝)。

b0142122_8273466.jpg

カバー・ストーリーは第6装甲師団による夜襲話はコラムでまとめられ、夜戦兵器に関する話題が中心。この他、「逆さ野火」とも言える「I Remember: On Patrol in Luzon」とか、2つの軍団の物語「A Tale of Two Corps: US II Corps & II SS Panzer Corps」などが掲載されています。



[PR]
by yas_nakg | 2015-09-01 08:31 | Comments(2)