「ほっ」と。キャンペーン

大阪でも雪が降った2週間前にフィリピンへ逃げたり、寒の戻りの今週も台湾に逃げたりと、タイミング良く出張が続いています。う、羨ましくなんかないんだからねと、山陽道のSAで偶然、特車二課と出くわした家内からメールが届きました。
b0142122_1841183.jpg

そっちが羨ましいわ。

出張の関係で2カ月連続でゲーム例会をお休みすることとなりまして、残念至極。

さて、毎年ゲームマーケットに照準を合わせて発売されている「ウォーゲームハンドブック」ですが、今年は200周年記念のワーテルローの戦いでいくことになりそうです。NAWっぽいやつです。
b0142122_1844244.jpg

歩兵、騎兵、砲兵の兵科の違いが簡単なルールで表されるように、また会戦における頭の使いどころがそれらしくなるようにと、システムをつくりました。1ターンに動かせるユニット数は両軍5-6個と言ったところですが、どの軍団をアクティベートするのか、どう砲撃するのか、主導権が取れたら先攻を選ぶのか後攻を選ぶのか、戦闘はどんな組み合わせで行うのかと、意外に考えることが多く、90-120分コースのゲームになっております。

最終ルールがフィックスしたら、また詳しく紹介したいと思います。「おーい磯野、ワーテルローやろうぜ」くらいの気楽さと覚悟を伴った、何度でもプレイできる(したくなる)ものに仕上げていきたいですよね。



[PR]
by yas_nakg | 2015-03-23 18:55 | Comments(2)

最近は不定期な仕事が増えてしまったこともあり、レギュラーな刊行物は編集部の皆さんにお任せして(目を細めて見守りつつ)、ゲーム関係ではイレギュラーなアイテムを受け持っております。これからのリリース予定はこんな感じです。

5月発売予定『ダウン・イン・フレイムズ日本語版』
b0142122_10494947.jpg

既報の通りです。5月のゲームマーケットが初売り。中国からの荷物が予定通り届けば!

5月発売予定『ディエップ強襲:ジュビリー作戦』
b0142122_10533276.jpg

b0142122_10555137.jpg

蓮コラの嫌いな人にとっては恐怖を覚えるようなマップですが! ゲームをプレイして、敵前上陸にもっと恐怖してください! S&T誌掲載のカバー・ストーリーも完全収録されていて、ゲーム・プレイと合わせることで、どうしてジュビリー作戦が失敗したのか、そこから何を学んだのか(あるいは学ばなかったのか)がよくわかります。

「ソリテアゲームの魅力は歴史的、軍事的な事柄を、書籍や映像や複数人用ウォーゲームとは違う味わいで提示してくれるところにあります。複数人用のウォーゲームに比べると扱える題材や規模に制限があるものの、歴史的、軍事的な好奇心のおもむくままに、誰にも気を使うことなく自由に、かつマイペースでプレイすることが可能です。」(たかさわ氏・『このシミュ2015』より)

これもゲームマーケットに間に合わせたいなあ、というところです。

「コマンド・ソリテア」シリーズとしてこの後も続きまして、年度内(弊社的に言いまして10月末)に『ターゲット・イラン』、その後『ゲーベン1914』『キャリア・タスク・グループ』『ゴースト・ディビジョン』など続けていきたいと思っています。

5月発売予定『ワーテルローの戦い』
b0142122_1113497.jpg

これはまだテストプレイ中ですが。マーカーを含めて駒数90個のシンプルなナポレオニック・ゲームです。

8月発売予定『アイアンボトムサウンドIII』
b0142122_1132691.jpg

b0142122_11141211.jpg

毎朝受信箱に3発くらいジャック・グリーン氏からのメールが着弾しとるわけですよ。で、こっちが撃ち返すと即反撃を喰らったりして、「時差はどうなってる!?」とか思うわけです。

ジャック「IBSにあった仮想戦シナリオ削るやで」
わたし「日本には八八艦隊マニアが大勢いて、そんなことになったらわたしが怒られる(保身の王様)」
ジャック「しゃあないな」

システムはIBS(6面体ダイスのみ使用のシンプルなもの。魚雷を当てるのにテクニックが必要)、データとシナリオはIBS IIがベースとなります。

ジャックもわたしもユニットはシルエットが好みなのですが、米国市場のニーズなどもあり、表面はシルエット、裏面は上面図という仕様になります。

あと、海戦もののカードゲームや『フリート・コマンダー:ニミッツ』などが控えているのですが、キー・ヴィジュアルが完成した頃にお知らせします。



[PR]
by yas_nakg | 2015-03-20 11:16 | Comments(5)