「ほっ」と。キャンペーン

詳細はこちら。ぼちぼち参加希望の方、連絡いただいているようです。私も参加します。

●『ダウン・イン・フレイムズ』は印刷サンプルで遊べます。校正用のプリンタでつくったものなので印刷がねぼけてますが製品版は大丈夫(のはず)。すごい偶然なんですが、この印刷会社、DVGの『Uボート・リーダー』を製作したところで、クオリティは問題ない模様(のはず)。これ、受け持ちは自分でいいんすかね。

●微妙に個人的なネタにもなりますが、『このシミュゲがすごい! 2015年版』もゲームマーケットに先立って販売予定。1000円になります。原稿書いてくださった方には先に郵送いたしますが、士官学校に来られる方にはその場で手渡し予定。付録ゲームは『ガダルカナル!』。その場でプレイすることも可能です(多分)。

●コマンドマガジン名誉編集長の鹿内靖氏も参加されます。恐らく『ガ!』の対戦も快く引き受けてくれるはずです。さばげ隊長も参加されるので、『ハリコフ攻防戦』希望の方とかいらっしゃれば、是非。

●当然ではありますが、申し込みしてくださった方、プレイしたいゲームのタイトルを書かれた方優先で対戦をセッティングしていきますので、とりあえず参加して何かプレイしたい、という方はこちらのフォームからざっくりとご連絡ください。

●鹿内名誉編集長、さばげ隊長が参加されるとなると、夜の懇親会は不可避と思われます。ウォーゲーム(やあれやこれや)の話題で盛り上がりたいという方は、上のフォームのコメント欄にその旨お書き添えいただけると助かります(幹事が)。こちらのほうは25日中が締め切りです。



[PR]
by yas_nakg | 2015-02-25 08:43 | Comments(3)

由緒正しき仮想戦

『モダン・ウォー』誌最新号が届きました。『ヴィシェグラード4』、何だか『ファンタスティック・フォー』みたいなタイトルですが(意識低い系)、東欧4カ国連合──ポーランド、チェコ共和国、スロヴェニア、ハンガリーのことであります。

2014年にプーチンが武力でウクライナを支配したという設定で、暴れん坊のロシアがエネルギー輸出価格を安定させるため、フラッキング施設を持つポーランドに不利なエネルギー協定の締結を迫ります。

露:エネルギーの輸出価格が下がるからフラッキングやめーや。
波:コンドラトキのコンプレッサー・ステーションが壊れてもーた。天然ガスのパイプライン止まってまう。
露:やめーや。
波:無理、修理に1カ月はかかる。
露:ええ加減に……。
波:新エネルギー協定見直すなら考えてもやらんことない。
露:戦争や!

ということで、ロシア・ウクライナ連合 vs ヴィシェグラード連合の戦いが始まるわけです。前提として、第一次大戦後と同じで自国の経済問題に追われるアメリカも、エネルギーをロシアに頼っている西ヨーロッパの国々もロシアの拡張主義に文句をつけられなかったのでこうなった、のだそうです。

しかしながらアメリカの介入は武力衝突の終焉になることはロシアも織り込み済みで、その日が訪れるまでにポーランドのフラッキング施設を壊すことが目標になります。ゲーム・デザインはエリック・ハーヴェイ&デヴィッド・マーチ先生。現実の世界は明後日ウクライナ停戦の予定ですが、これはこれで興味深い設定なので、一度プレイしてみたいところ。とりわけ東欧諸国の軍事力がどのように評価されているのか興味があります。

ゲーム・システムはざっと見たところデシジョン・ゲームズ・スタンダードでプレイアビリティ良好。これはもう勝手な思い込みで書きますが、昔のSPIがそうだったように(出たよこの老害)近未来戦ゲームはプレイに躊躇するくらいの独創的というか、とんがったゲーム・システムのほうがマッチしているように思います。脊髄反射的に書くとゲーム性<シミュレイション性ですかね。

「『モダン・ウォー』最新号が届く。SPIの近代戦ゲームでさんざん味わった、いつものテイスト。
僕にとって新鮮みがないことが、傑作の証だと思う。 」

いつかこういう意識高い系のツィートをですね(以下略)。

それはさておきカウンター・シートには『レッド・ドラゴン/グリーン・クレシェント』のボーナス・ユニットも含まれていて、〈いずも〉の出番がやってきましたよ! え? 空自がタイフーン?



ああ、あと、ハビエル・ロメロさんから「宣伝よろしく」とメールいただきましてですね。
Lion of Judah: The War for Ethiopia 1935-1941
ウチも『エチオピアのライオン』を復刻するか、みたいな。



[PR]
by yas_nakg | 2015-02-13 14:22 | Comments(2)

※担当者の方へ:ドメインは "cmm.com" でお願いします。

昨日のエントリは餃子の話が大事だったようで、



Commented by 全田巽 at 2015-02-09 22:51 x
餃子めっちゃ旨そうです!!(違


b0142122_8302528.jpg


それはさておき、以前にも書いた通り、実質的にS&T / WW / MWの日本版的な何かも水面下で進行中です。「欲しいと思った時にS&T / WW / MWが手に入らんやんけ! 使えんやっちゃな!!」という熱いご声援にお応えして、版元在庫切れ&評判が良い&実際にプレイして面白かったアイテムをメジャー/マイナー問わずにリリースしていきたいところ。とは言え最初は無難なところで第二次大戦+ソリテア+BGGのレーティング7点台の『ジュビリー作戦』になるでしょうか。



[PR]
by yas_nakg | 2015-02-10 08:40 | Comments(4)

b0142122_13192390.jpg

以前にブログでDVGがどうのと書きましたが、5月のゲームマーケットで初売りできるよう、鋭意制作中であります。
b0142122_1320714.jpg

こちらの日本語版ということになりまして、定価59.99米ドルのところ、消費税込みで4,000円以内の販売価格となる予定です。オリジナルより箱が小さくなり、それに合わせてルールブックとキャンペーン・シートもダウンサイジングされていますが、コンパクトになって持ち運びやすくなりました(送料的にも保管スペース的にもな!)。

航空機カード110枚、アクション・カード110枚、駒175個と結構なボリュームなので、日本で印刷するとどうしてもコストが合いません。そこで今回、中国の印刷会社に発注するという、コマンドマガジン史上、初の試みです。

「同じテーブルで飯を食った中国人以外と取引をしてはならない」(by 矢作俊彦)という言葉もありまして、最初は不安一杯でしたが、いや仕事早いです。ゴールデンウィーク前にはモノが届いていないと困る、シッピングにも日程的な余裕が欲しい。となると、チャイニーズ・ニュー・イヤー(13日ですよ)前にサンプルを日本に送り出して確認しなければならず、先週中にデータを送ることとなりました。先ほど「万事OK」の連絡がきまして、サンプルも間もなく発送になるとの由。

ここからどうでもいい話ですが、グループ会社の中に日本語学校と、それ用の営業部隊がありまして、中国人社員(管理職)もおります。その部署に中継を頼むこともできるのですが、ゲームのことも印刷のことも専門外なので、

コマンド←(ゲームと印刷の説明)→中国人社員←(ゲームと印刷の説明)→中国の印刷会社

日本語/中国語/専門用語が入り交じって伝言ゲームになり、かえって時間がかかることがわかっていたので英語とスカイプで直接やり取りすることになりました。

まだサンプルが届いていないので何ともですが(再来週以降、ブログの更新がなくなったら、「ああ、そういうことか」と察してください)、DVGの作品の他にも、歴史フレーバーを持った面白いボード&カード・ゲームを送り出していきたいと思っています。

『フリート・コマンダー:ニミッツ』も夏くらい(露骨なボーナス狙い)にはお届けできるんじゃないでしょうか。同じ艦でも年ごとにユニットが用意されているので、オリジナルは側面シルエットでしたが、日本版ではフルカラーの上面図にしたいですよね。「ズ」なんて、日の丸つき、日の丸なし、迷彩と変化していくんですよ! 何というデリシャスメル! じゅるり!

ああ、そうそう餃子の話。近所に大陸出身の方がやっている手作り餃子の専門店がありまして、これが結構いけるんです。持ち帰りの餃子が焼けるまで店の人と話していたら、黒竜江省は哈爾浜出身とのこと。それを聞いてもう一つのお客さん、この方は釜山出身だそうですが、「あんた、満州出身だったんかい! 満州いうたら戦争で一番悪いことした国やろ」と店の人を詰問します。「満州で、韓国の学生も日本の学生も一杯死んだ。アメリカ兵も死んだ。この前、韓国のテレビでやっていた」

どんな番組なんだ!? それはともかく餃子の味は確かなので、自宅餃子&ゲーム会も計画中。
b0142122_1343312.jpg




[PR]
by yas_nakg | 2015-02-09 13:49 | Comments(3)