「ほっ」と。キャンペーン

「バックドア」の誤用なんですが、裏口的な手口という意味で。デザイナーご自身が明かしちゃっているんですがそれは。ここの2241番です。

日本軍が日米開戦をしないオプションがありまして、その場合は支那派遣軍が本気を出します。太平洋方面(マラヤ、蘭印含む)では地上戦はNGですが移動は可能です。マラヤで地上戦はできないけれど、移動できないとは書かれていない、という点を突いたムーブになります。仏印進攻みたいなノリですかね。

(0)まず、服を脱ぎます。
(1)史実でマラヤに上陸作戦を行ったA任務部隊がチッタゴンに上陸します。
(2)A任務部隊には第5自動車化師団が含まれていますので、機械化移動でコックス・バザールを占領できます。
(3)パレンバンに空挺降下した部隊はインパールに投入します(!)。
(4)これで「ビルマ戦線の崩壊」の条件が満たされますので、めでたくもイギリス軍とインド軍は退場となります。インド全土で独立運動の嵐が吹き荒れるので、その対応に追われることになるわけです。
(5)近衛師団と第3戦車集団をマラヤ国境に待機させておきます。で、マラヤ防衛の英印軍がいなくなったところを見計らい(クアラルンプールのオーストラリア軍はそのまま残りますが、地形のためにZOCは及びません)、マラヤの資源地帯とシンガポールを無血占領してしまう!

という感じです。ただ、これで必勝かと言えばそういうわけではなく、支那派遣軍は中国全土の飛行場を占領しなければならないし、必然的に奥地に引きずり込まれるので、ソ連の満州進攻に対応する時間がなくなるかもしれないし、日本がいやいやしてもアメリカは1944年には参戦してくるしで、楽ではありません。アメリカにしても、反攻準備を整えるために太平洋方面で1944年までに兵力の配備転換するかもしれませんしね。で、それを口実に日本軍から戦争しかけることも可能になっているので、日本軍が先手を打つことも不可能ではありません。

というオプションの検証を、このGW中にやりたいのですよ。
b0142122_12285445.jpg

14時追記:
とか書いてたら、デザイナーのマイヤー先生からメールをいただきまして、来年University Press of Kansasから"Seaweed of War: Discerning Strategy and Contingency in the Pacific War.(戦藻録:太平洋戦争における戦略と偶発の見極め)"を上梓されるそうです。ゲーム・デザインの背景にある太平洋戦争の捉え方についても書かれているようで、楽しみであります。AtPの特徴である、「対米開戦せず」オプションの考察についても、是非読んでみたいものです。

しかし先生、『戦史叢書』を欲しいとおっしゃいましても、全102巻もあるんですぜ。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-26 12:31 | Comments(3)

TOROさん主催の第3回KGG(倉敷ゲームギークス)が7月20日に開催予定とのことで、『ぱんつぁー・ふぉー!』の全国大会シナリオをやっちゃいますか! と提案させてもらいました。ゲームについてはこちらを参照:

“戦車道”を体験できるボードゲーム「ぱんつぁー・ふぉー!」が6月14日に発売。秋山優花里(CV:中上育実)によるルール解説DVDが付属

かう゛ーるさんは、HNの由来からイタリア系で勝負するらしいです。こちらは継続高校あたりで優勝を狙いたいところ!



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-25 10:39 | Comments(0)

その発想はなかった!

その昔、『アイアンボトム・サウンド』というゲームがありまして(え、再版やるんすか?)、サボ島を表すミニマップがついておりました。水上戦の視線を遮るだけのものですが、撃沈された艦船の生存者がこの島に流れ着いたら……と、妄想を逞しくしてしまうくらい存在感のあるマップでした。で、本当にその妄想が『タクテクス』誌で実現しまして、『サボイバル!』というミニゲームが公開されたのです。あれ、本当に面白かったですよね。

でもってですよ。先日、「【悲報】愛媛水没」などと物騒なタイトルのエントリを発したのですが、『アクロス・ザ・パシフィック』の日本地図を使った戊辰戦争のゲームをつくった人がおられるわけですよ!

b0142122_815438.jpg

ゲーム・システムは『ガザラの戦い』で、勝利条件的には『空母決戦1942』に似たもの。前者はともかく後者はオフィシャルでは公開していないから、このブログの内容から推測したものって、アンタ!

いやー、ワテもたいがい勢いでゲームをつくるんですが、東人には敵いまへんなー。ということで、送り主は『太平記』の中嶋さん。間もなく『ウォーゲーム日本史』で『応仁記』が発表されます。

早速このネタを鹿内さんに話したところ、「いやー、今年もHSG(ハガキ・シミュレイションゲーム)界は大賑わいだなあ」とたいそう喜んでおられました。中嶋氏曰く、まだテストプレイされていないとのことですが、こちらで連休中に遊ばせていただきます!

しかし何だろう、この、美味しいところを全部持って行かれた感は。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-24 08:22 | Comments(2)

裏ってほどじゃないんですけどね。

本件、私のような汚れゲーマーには制作をタッチさせないという担当者の賢明な方針で、実にクリーンな仕上がりになっております。ようやく先日、校正させてもらったんですが、ルールブックはビジュアルたっぷり、イベント・カードも同じ内容でも絵柄(劇中のキャプチャですな)が異なるなど、何これすごいという感想しか出てきません。表紙のラフ(もちろん描き下ろし)も見せてもらいましたが、これで滾らないボードゲーム男子はいません! という内容。

『ガールズ&パンツァー』成功の要因としてミリタリーと萌えと燃えが高い次元で融合させたことがあげられると思いますが、『ぱんつぁー・ふぉー!』もそんな感じで、ウォーゲームとキャラクターゲームがいい感じでだいしゅきホールドしています(汚れゲーマー)。

劇中の対戦が完全再現されているだけではなく、劇中に登場しなかった高校、あるいはオリジナルの高校を率いて全国大会を目指せるシナリオも用意されています。デザイナーである「帝国陸軍の」堀場亙さんには、知波単学園を率いて全国大会で優勝する義務がありますよね!

とりあえず出版されたらウォーゲーム・ファンとして1冊、原作ファンとしてもう1冊買いますよ? 和泉歴史(ゲーム)研究会に来ているアナタとアナタもそうですよね? ね?



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-23 08:42 | Comments(5)

タブレットのガザラ

ガザラの戦い
Si-phonさんからいよいよ販売開始です。私も愛用のASUSタブレットにインストールしましたよ。
b0142122_8374465.jpg

特別価格300円。早速ソロってみたところ、いきなり第21装甲師団が補給不足に陥り、そこを第7帰港旅団に襲われて壊滅する憂き目に。しかしドイツ軍の作戦的主導権は覆らず、第15装甲師団が突破に成功。トブルクを占領して勝利しました。

ドイツ軍の勝利条件としては(1)トブルク占領と(2)イギリス軍拠点(複数)の占領のいずれかで、面倒を嫌うプレイヤーがドイツ軍を受け持つと、一か八かの打通作戦をとることになるでしょう。そのへん、むしろAIがドイツ軍を受け持ってくれたほうが、ゲーム展開に幅が出そうなのが面白いところ。

シーケンスが流動的なので、「できる時に勝利に近づこう」という意識が働いて近道であるトブルク攻略を狙おうとする意識が働くのですが、これが対戦でもブラインドであれば、相手の裏をかいて(2)の条件を目指す、という選択肢もとりやすくなります。AIがうまく戦場の霧を再現してくれるんじゃないかと期待です。
b0142122_843518.jpg

あ、これは開発中の画面で、映ってはいけないものが映っている点を除いてインターフェイスは同じです。

いわゆるチット・ドリブンの変形システムを用いていますが、チット・ドリブンがいかにソリテア・プレイに向いているのかよくわかります。状況のシミュレイションに適していますよね。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-22 09:06 | Comments(2)

昨日は和泉歴史(ゲーム)研究会に参加、隊長の負けブログにネタを提供してきました。『レニングラード包囲戦』シナリオ1です。
b0142122_934294.jpg

ソ連軍の初期配置が前回の対戦より練られていると判断した隊長は、ペイプシ湖北に全機械化部隊を集めてそこからレニングラードを狙うという奇策に出ました。が、機械化部隊が隘路にはまって大変なことに。装甲擲弾兵2個連隊が包囲殲滅されたところで投了でございます。「負けたー!」と言いながら近所のスーパーにビールを買い求めに行きました。午前10時30分のことです。

ダブルの意味でこんな駄目な大人になってはいけないと、大学生の翔鶴さんがドイツ軍を受け持って、同じシナリオでかう゛ーるさんに挑みます。二人とも初対戦。
b0142122_943743.jpg

ドイツ軍は装甲2個連隊を失ったもののレニングラード要塞の一部を破壊&市内への突入に成功しました。ソ連軍の反撃が成功していれば危なかったのですが、見事な勝利です。隊長の反面教師っぷり、さすがと言わざるを得ません。

その前日のことですが、何かと「カレー」が話題になりました。あんまりカレーカレー言っていたからか、ゲーム会から帰宅すると海自のレシピで作られたカレーが待っていました。潜水艦〈まきしお〉の、にんにくポークカレーです。
b0142122_957509.jpg

これ以外のカレー・レシピは、まず鶏ガラを半日煮込むところから始まるらしく、明らかに「男が作るこだわりカレー」の領域に突入してしまうのです。こちらはポーク&しめじ&たまねぎ&にんじんが具材で、すり下ろしにんにくが〈まきしお〉カレーのアイデンティティ。今度は海軍レシピにあった、あさりのカレーに挑戦してくれるそうです。素晴らしい。自宅で『Across the Pacific』をプレイする時は、真珠湾攻撃時の〈瑞鶴〉のお昼ご飯(握り飯)を再現してもらおう。

呉 vs 舞鶴の肉じゃが抗争って毎年やっていましたっけ? 横須賀は無理でもこちらなら行けそう。

あと、いただいたマウス・クッションは、早速黒猫にロックオンされました。マウスだけに。
b0142122_1042897.jpg

b0142122_1044727.jpg

鋭い牙でやわらか装甲を貫徹される前に避難させました。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-21 18:28 | Comments(0)

【悲報】愛媛水没

b0142122_7433799.jpg

北海道の形状は何とかなりましたが、AtPのマップでは四国はわずか1ヘクス。無理矢理そのサイズに縮めてしまうと四国の形がいびつになってしまうので、画像のような処理となりました。松山六角会の皆様、申し訳ありません……が、四国の美しい形状の保持と、ゲーム的機能の両立は果たされました!

あ、こうして見ると高知県が四国代表のように見えて、同県出身のさばげ隊長が意味もなく威張りそうですね。

デザイン&機能チェックはこれからでして、原版との大きな違いは「プレイヤーズ・ブック」に記載されていた曖昧な地形の見直しと、どこの島がどの諸島/エリアに属しているのかを明確にするため、ヘクスサイドの色を変更したことです。タウイタウイはフィリピンに属し、モロタイは蘭印に含まれることが一目瞭然なのです。日本語表記も追加で、この向きからだと逆になっていますが、日本軍プレイヤーはマップ北側に座るからこれでいいのです。
b0142122_7491739.jpg

島の形と言えば、台湾もだいたい正確な形をしています。が、海南島をゲーム・ヘクスに収めるために少し回転させており、怪しげな感じになっています。前述した曖昧さ回避のため、海ヘクスサイドを陸地で覆ったりしたため、ニュー・ギニアの形状もいびつになっています。ニュー・ギニア在住のウォーゲーマーの皆さん、すみません。
b0142122_7543469.jpg

最初パスを引いた時は、「太平洋キャンペーン・ゲームの中で最高に美しいニュー・ギニアが描けた」と自画自賛したものですが、後でゲーム的な処理を加えてこんな寸詰まりなことに。「ここ陸ヘクスで塞いだってゲームに影響出ねぇじゃん!」と思いながらも、AtPのマップはかなり計算して設計されているので(プレイするとわかります)そういうわけにはいかないんですね。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-19 08:07 | Comments(2)

何年ぶりかに『電撃ホビーマガジン』を購入したら、1/35スケールの戦車に乗せるのにちょうどいい感じのデフォルメ具合の西住殿のフィギュアがおまけについていました。あ、嘘です。おまけ欲しさに電ホを買いました。

公式サイトが更新されております。

制作も大詰めで、社員の旦那さんやお子さんまで動員しての総力戦体制でテストプレイが行われたと伝え聞いております。

そう言えば以前、同サイトで「駒が余ったから追加して欲しい車種あったら教えろや」アンケートをやっておりまして、第一次大戦中の菱形戦車をお願いしますと投稿したのですが、華麗にスルーされてしまいました。そしたら、今度のHSでタミヤが新作発表するっていうじゃないですか! しかもシングルモーターで。いい時代になったなあ。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-17 12:13 | Comments(1)

前にもどこかで書いたと思いますが、ウォーゲームのマップで海岸線がしっかりしているとプレイ意欲が高まりますよね。俺だけ? 太平洋戦争のキャンペーン・ゲームだと、日本列島がきちんと描かれているか否かが大事です。

b0142122_10124990.jpg

イェーイ! 『アクロス・ザ・パシフィック』原版の北海道です。まさに試される大地!

b0142122_10134255.jpg

まだパスの段階で見づらいですが、日本版ではこうなります。宗谷岬とか、どうしてもはみ出してしまうところは別の色を使って「陸地と見なさない」ことに。

そんな感じで鋭意制作中であります。

13時追記:
b0142122_1384980.jpg

今日はここまで。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-16 10:19 | Comments(0)

「なので」

先日、太平洋戦争に関する書籍を読んでいたところ、文頭に「なので」が使われていて軽い衝撃を受けました。そんなに専門的というわけではないのですが、かと言ってそんなにライトなユーザーに向けたのではないと思われる兵站に関する本。

話し言葉ならまだわかる。軽いタッチの「前書き」でも、まあわかる。けれど本文でこれは……と、そっ閉じ。やっぱり違和感がありますね。

その違和感に関する詳しい解説はこちらから。



[PR]
by yas_nakg | 2014-04-16 08:41 | Comments(0)