「ほっ」と。キャンペーン

先日『奪命金』を観に行ったところ、はじめて映画館で見知らぬ人に声をかけられる、という経験をしました。10人も客がいない映画館の中で、後ろに座っている人から、いきなり話しかけられたのです。「またお会いしましたね」「え、そうでしたっけ?」「いつも小説、読まれてますよね」まあ、映画を観る時はだいたい一人だし、手持ちぶさたで本読んでますが。「この映画館、韓国の映画をよくやってくれますよね」「台湾の映画も多いですよ」「この前観たあの映画は……」

などなど、予告が始まるまでの10分間、見知らぬ人とおしゃべりを楽しんだわけですが、エンド・ロールになるや、後ろの人はさっさと立ち去って行きました。映画が始まる前のテンションなら『奪命金』の感想を熱く語らねばなるまいよ、と気合いを入れて観ていたので肩透かし、ではあったのですが、その人はシルバー料金で映画を観られる身分の男性だったので、残念な気分にならなかった不思議!

その後、前から気になっていた小料理屋に入ったところ、ガンダムやらエヴァのグッズが大量にディスプレイされていた上に、大将が金髪でメニューが全て丸文字の手書き、全方位からやっちまった感漂っていたのですが、刺身が旨い、ツマもちゃんとしてるし地元の野菜を使っている、焼き物も揚げ物もきちんと作っていて、『東部戦線』でソ連軍の指揮官倒したはいいけれど、凶暴化した重戦車のフルスタックに主陣地を蹂躙されたような清々しい気分で店を後にしました。鷹勇と大山地鶏が置いてあったのがポイント高いんですが、注文しようと顔上げるたびにMGズゴック(シャア専用、素組み)と目が合ってしまうのが困りものです。

それはそうと。

昨日は和泉歴史(ゲーム)研究会の例会でした。3月は17日に決行、4月は会場が取れなかったので7日に花見&ゲーム会(ゲームやりたい奴はEWEを持ってこい)の予定らしいです。

b0142122_8413734.jpg

こんなものを試させてもらいました。メルダ・ディッツ(アホ毛装備)がドメルの指揮下に入ったり、実験艦UX-01の試験投入がされたりしましたが、魔女がささやいてヤマトの航海が妨害されたりと、何書いているのかわかりませんが、まあ、好きな人には喜んでいただけるのではないでしょうか。ビバ! 蛮族!

b0142122_8444474.jpg

それから、『墓島戦役』のテストプレイ。日本軍プレイヤーが万歳万歳うるさいので、調整を行いました。連合軍はVPを失う代わりに二次上陸が可能なのと、ネガティブ戦闘での罰則を増量しました。当社比で200%くらい。

b0142122_847541.jpg

とまあ、ゲームマーケット2013大阪に向けての露骨な宣伝はこれくらいにして。

昨日は「SLGamer」vol.8付録の『トブルク強襲1942』デイでした。トータルで10組くらいは対戦があったのではないでしょうか。ルールが簡単で手軽、盛り上がる、それでいて勝利条件の設定が絶妙でろいんなことを試したくなる=リプレイアビリティが高いということが人気の秘密です。

b0142122_9101472.jpg

「隊長がドイツ軍で自分がイギリス軍なら絶対に勝てる」と豪語して対戦、スミノフが一本空く頃にはその言葉通りイギリス軍の西方突破が確実になりました。

ちょっとの差でイギリス軍が有利なようにも感じられますが、そこを88mm砲の先制射撃ルールが調整してくれるので、バランスも取れております。

『SLGamer』vol.8も「大阪南方軍集団」ブースで委託販売しておりますのでよろしくお願いします、とこちらは巧妙なステマ(嘘)。イベント卓をキープしておかなかったことが悔やまれますが、ゲームマーケット2013春ではさいたまオフラインさんと共同でイベント卓を用意しましたので、その場で対戦も可能です。



[PR]
by yas_nakg | 2013-02-25 09:07 | Comments(2)

『墓島戦役』

ゲームマーケット2013春にて頒布する『このシミュゲがすごい!』2013年版の付録ゲームが完成しました。『ブーゲンビル・キャンペーン』です。ブーゲンビル島の戦いをテーマにしたシミュレイションはあまり聞きませんが、1943年11月から終戦までの約2年間を扱うキャンペーンとなればますますレア。レアだけど誰得。
b0142122_92131.jpg

『このシミュ』のほうが、前回はB5判32ページ(ルール込み)だったのが、A4判40ページ(ルールなし)と判型も内容も拡充しておりまして、ゲームもB4判がA3判になりました……が、こちらはルール込みなので、マップ面積は小さくなっていますが。

日本軍に12個、連合軍に15個の駒が見えますが、日本軍のうち2個はダミーですし、連合軍も入れ替わり立ち替わりで常時マップに存在するのは6個だけ。ゲーム前半は連合軍による飛行場制圧がテーマで、後半は掃討戦になります。連合軍が得点できるのは前半だけ、日本軍の得点は保持している拠点数で決まります。

連合軍としては早期に飛行場を制圧して確実に得点し、終戦までに一つでも二つでも日本軍の拠点を落とすのが無難な作戦。日本軍は短期決戦で飛行場の得点を防ぐのか、拠点防衛にウエイトを置くのかが迫られます。

連合軍は上陸地点は自由に選べますが、二次、三次上陸することはできないので要注意。そうすると、史実通り日本軍の抵抗が薄いと思われるタロキナが目標になるから不思議! ブイン直撃コースを狙えないでもないですが、水際で抵抗されると大変なことに──橋頭堡を拡大しないと部隊の交代がうまくいかないのです。

一方の日本軍は、制空権、制海権を完全に失うまでに2回だけ兵員輸送のチャンスがあり、第17師団を送り込めます。これを「第二剣部隊」として強襲上陸させるもよし(だいたい失敗します)、タリナ地区の防衛に回すもよしです。

面白いかどうかと問われると、「自分なりにベストを尽くしました」と答えるしかないんですが、今回も堀場さんの「日本の軍歴(2)」を大いに参考にさせてもらいましたと、(聞いた話です)的な退路を確保しておきたいと思いますので、興味を持ってくださった方は是非、ゲームマーケット2013春にてお求めください。



[PR]
by yas_nakg | 2013-02-23 09:20 | Comments(0)

「あ、フリか!」

これは駄目なおっさん('A`)

そんなわけで、『アフリカ!』のルール&マップが届きまして、3月10日のゲームマーケット2013大阪への準備が着々と進んでおります。

b0142122_8175482.jpg

ステープルを外すと、表紙/マップとルールブック/ヒストリカル・ノートに分割できます。

b0142122_8183962.jpg

両者を見開いたところ。マップとルールですな。

b0142122_8193977.jpg

最後に「プレイの例」で、誤解しそうなルールをフォロー。

とまあ、こんな仕様です。表紙の裏がマップになるとか、ヤキントの「アルバム・シリーズ」以来の快挙か!? これからイベントに向けて、夜な夜な袋詰めの作業が始まります。
[PR]
by yas_nakg | 2013-02-21 08:22 | Comments(0)

他力本願

誰かタブレット端末用ハガキないしミニゲームのツクール・アプリ開発しないですかね。ユーザーは、オリジナルのマップ&ユニットのデータをつくるもよし、既存のものをスキャンするもよし。ソロで遊べるのが理想ですが、そりゃ大変なので、タブレット端末を対戦、またはルール確認や作戦研究の道具にするという。
はがきノモンハンの主導権入れ替え
を読んでそう思いました。
     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /
俺たちのSi-Phonさんあたりがやってくれないだろうか。無償アプリで。




b0142122_8242523.jpg

毎度悩むのが表紙なんですが、今回は有名な〈ワスプ〉被雷時の悪質なコラ。手前、海に見えるのは異次元断層との境界線で、「次元潜航艇の雷撃を受けて轟沈する蛮族の空母」の図です。ゲーム中、UX-01が登場する確率はかなり低いのですが、出てくると蛮族には手に負えない感じです。



[PR]
by yas_nakg | 2013-02-20 08:29 | Comments(1)

24日ですね。参戦予定です。

自動車という文明の利器を手に入れたので、荷物の運搬が楽になりました。ウチは歴代スバリスト()でして、レストアしたスバル360からビストロ、そしてXVへとクラスチェンジ中。個人的にはR1に食指が動いているんですが。まあ、アルコール摂取の可能性が高いので電車で行きますが。

久々に『ドイツ戦車軍団』をやりたいですね。「ハリコフ攻防戦」か「ダンケルク」。ミンスクの仇をハリコフで討つ、ということでもOKです!



[PR]
by yas_nakg | 2013-02-19 08:46 | Comments(0)

『トブルク強襲1942』

b0142122_13351355.jpg

『SLGamer』vol.8の『トブルク強襲1942』を対戦。出勤している土曜日だしね、昼休みにこのくらいの楽しみがあってもいいよね。

シークエンスは移動して戦闘。枢軸軍だけは順序の入れ替え可能。戦闘は、互いに戦闘力の数だけダイスを振って「1」ならヒット。1ヒットにつき1ステップ・ロス。枢軸軍にはイギリス軍機械化部隊に攻撃された時だけ使用できる88mm砲マーカーが3個あり、通常戦闘解決前にダイスを3個振って損害判定を行える。イギリス軍にはヒットを吸収してくれる陣地マーカーあり。ルールはこんなところ。

勝利条件は、トブルクを占領すれば枢軸軍の、西方から突破すればイギリス軍のサドンデスとなる。どちらも達成されない時は、ゲーム終了時に街を支配している数で判定される。

ソリテア・プレイではアフリカ軍団がトブルクに突入してしまいましたが、対戦では結構苦戦。レーティング的に先制攻撃が有利なので、いかにドイツ装甲師団が精強であろうと、うっかり突出するとイギリス機甲旅団ズの集中攻撃を受けて溶けてしまいます。まさに大釜。

機甲旅団を各個撃破したい枢軸軍と、戦力を集中して戦いイギリス軍。勝利条件のさじ加減が絶妙で、駆け引きを楽しめるようになっています。イギリス軍のほうが移動力が大きいのがミソですね。



[PR]
by yas_nakg | 2013-02-16 13:48 | Comments(0)

アフリか!

ゲームマーケット出品物もうひとつ。
b0142122_894221.jpg

最初は木製駒40個にしようと思っていましたが、こちらも打ち抜きの厚紙製駒。50個取れたので、支配マーカー10個を追加できました。

どうでもいいことですが、「40個」にこだわっているのは、(1)自分がユニットを自作するならそれが限界、(2)古のEWE(エポック・ウォーゲーム・エレクトロニクス)が40個の駒で面白い作品をつくっていたのでそれに倣って、の二つの理由からです。これから打ち抜き駒「50個」でつくったとしても、「マーカー抜きの40個」をスタンダードにしていきたいものです。

兵科による差はないので、「第15装甲師団」じゃなくて「よんろくのこま」または「じゅうごぴーぜっと」と呼んでプレイしてもらって一向に差し支えありません。史実から入る人は「15装甲」ですし、ゲームから入る人は(強い)「4-6」駒ですし。「よんろく大正義!」から史実に興味を持って「15装甲絶頂射……」にいこうが、そこはもうそれぞれの楽しみ方なのです。

でもって、本体は
b0142122_8185492.jpg

こんな表紙の8頁冊子形式。A4を横にした判型なので、見開くと
b0142122_8205828.jpg

どーんと、お馴染みの横長マップが。中央の4頁にはルールと歴史概説が書かれているので、プルアウトしてもらう仕様です。ちょうどリビア/エジプト国境あたりにホチキス、というかステープルが残るので、鉄条網が再現されるわけですよ(適当)。

タイトルの英語表記は『AFRIKA!』にしたので、カタカナ表記はトイザらスに倣って『アフリか!』にすべきやったな。
[PR]
by yas_nakg | 2013-02-16 08:27 | Comments(8)

抜けまくり

3月10日のゲームマーケット大阪に向けて着々と準備を進めているのです。委託の他、今回は新作2点(と旧作の在庫少々)を持ち込む予定でして、新作の一つが小マゼラン星雲における帝国と蛮族との戦いを描いた『スペース・バーバリアン』。このB級、いやC級臭いタイトルを思いついた時点で勝利(何の?)を確信したね。

b0142122_1451789.jpg

今回のユニットは『SLGamer』さんに倣って安心の萬印堂ブランド。抜ける抜けるとは聞いていましたが、これほどとは(笑)。

b0142122_14552961.jpg

それでもって、つまらないミスが発覚。帝国軍のデストリア級重巡1駒の裏面が、他の艦と違って艦載機と同じものに。入稿直前にメルダ嬢のポジションと入れ替えたのが敗因です。

裏返して配置するのでまずいと言えばまずいのですが、急遽、訂正ルールを入れることで「災い転じて福と成す」。今から書くことは、生きていく上で全く役立たない情報です。

上映館でのみ購入できるBDの特典に出淵監督のコンテ集がついているんですが、それにドメラーズIIIがバラン星に到着するシーンが描かれているわけですね。映像を見た時は気に留めてなかったんですが、旗艦を取り囲むように護衛の重巡が描かれておりまして、コンテには「ドメル四天王」とか何とか、親衛隊的な直衛艦隊の存在をうかがわせる書き込みがあったわけです。

これだ。

裏返すと一発でばれてしまうデストリア級重巡は、ドメラーズIIIが戦闘を行う時に湧いてくる、というルールにすればいいべ! 設定も活かせる! 大勝利!!

最近はそんな大きな失敗と小さな幸せのサイクルで、細々と暮らしております。
[PR]
by yas_nakg | 2013-02-15 15:06 | Comments(2)

JWC版には「コンパス作戦」も含まれます。ミニゲームですが考えることが多い、作戦の選択肢の幅もあると、中・上級者にとっても歯応えのある作品に仕上がっています。3,800円(税別)のはずです。

ロックオンされちゃいました
You、江衛型フリゲート艦も開発しちゃいなよ!
1/12スケールのトイレ(洋式/男子小用/和式)で話題をさらったかと思えば、「ひゅうが:離島防衛作戦」を企画するし、アオシマはどこへ向かっとるんだ!? というか、『尖閣ショウダウン』の号で取材すべきですよね、この憂国模型メーカーを!

あ、個人的には現在、おまけの九五式軽戦車に戸惑いつつ砲艦〈橋立〉を作っております。
[PR]
by yas_nakg | 2013-02-13 10:27 | Comments(0)