カテゴリ:ほぼ日( 133 )

復活のPara Bellumマガジン

70年代後半に5-6冊出版した後に活動を休止したイタリアのPara Bellum誌が今年1月に復活していたとのことです。サイトはこちら。復活第1号の付録ゲームは第一次世界大戦のアルプス戦線のようで、とりあえず1冊オーダーしてみました。英語ルールも完備。日本までの送料込みで2,000円ちょっとなので、ショップ経由でそのくらいの金額で販売できるようであれば、仕入れてみようかと思います。これで日独伊揃うな。

あと、みんな大好き中隊規模の中越戦争ゲームがいよいよ完成したとのことで、日本でどうやって販売するか、本日電話会議の予定であります。決まり次第、告知させていただきますのでよろしくお願いいたします。



2017年4月4日の話題


[PR]
by yas_nakg | 2017-04-04 08:44 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

2017年4月3日の話題
※Turning Point Simulaionsのミッドウェイ海戦はどんなゲームなんでしょうか。



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-03 12:52 | ほぼ日 | Comments(0)

b0142122_07120286.jpg


マップの長辺を向き合わせるのでなく、短辺を向き合わせてプレイしとる!(テーブルが広くていいなあ)



2017年4月2日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-02 07:18 | ほぼ日 | Comments(0)

WW誌第50号『Zhukov's War』の日本版が年内に発売されることがほぼ決まりということで、東部戦線好きは刮目してお待ちください。サイズ的はコマンドマガジン誌の付録ということはなさそうなのでWWS枠か。

あとは『NNN3: Nippon, Nukes, & Nationalists』『Triumphant of the Will』(オルタナティブ・ユニバース)と『Guderian's War: The German Advance on Moscow, 1941』(オルタナティブ・ヒストリー)の日本版ライセンスが決まっています。ほんまに春のタイまつりや! というのは嘘なんですが。

今晩、元気があれば『Strike & Counterstrke』を遊んでみたいと思います。これは嘘になりそう。



2017年4月1日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-04-01 08:21 | ほぼ日 | Comments(0)

残り1部となりました

先日仕入れた『1936: What If?』、お陰様で残り1部となりました。『Islamic State: Libya War』はまだ少し在庫がありますので、これで我が国のタイ・ボンバ人気が不動であることが証明され……。

タイ・ボンバと言えば今年1月、GROGHEADSにインタビューが掲載Triumphant of the Willされておりまして(今頃知った)、「『オルタナティブ・ヒストリー』と『オルタナティブ・ユニバース』は区別しているんだ」というコメントにほっこりしました。前者はWhat Ifシリーズ、後者は最近だと『Triumphant of the Will』がその代表になるでしょうか。

次は41年の赤軍冬季反攻をテーマにした『Strike & Counterstrike』が控えています。プレイヤーはそんなに強いわけではない赤軍を率い、ドイツ軍機械化部隊に痛打を浴びせられながら中央軍集団の壊滅を目指すソリテアです。ソ連軍に毎ターン10ステップもの補充が与えられることから、どんだけ血を流しながら前進せなあかんねん、と今から先が思いやられます。だが、それがいい。

『Stalingrad Cauldron』をお持ちの方はプレイし比べて、1年間でどれだけ赤軍が成長したのかを確認するのもまた楽しいのではないかと思います。



2017年3月31日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-31 10:22 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

2017年3月29日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-29 09:03 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

2017年3月17日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-27 08:35 | ほぼ日 | Comments(0)

夜戦再び

WW誌最新号『Battle for Moscow』は1941年の赤軍冬季反攻という「ドイツ装甲軍団」シリーズ『レッド・タイフーン』と同じテーマですがソリテア。以前書いたように『ランページ』システムが使われています。同号にはWWの『ナイト・ファイト』のヴァリアントも収録されています。こちらもソリテア。TOROさんがAARを書かれています。ざっくり解説はこちらこちらにも。版元に在庫があるようなので、取り寄せてみましょうか。



2017年3月25日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-25 06:43 | ほぼ日 | Comments(0)