カテゴリ:ほぼ日( 153 )

b0142122_10175027.jpg


岩村町に行ってきました。町内には「歴史秘話ヒストリア」のビデオを流す資料館などもありました。

b0142122_10214284.jpg

申し訳程度に城攻め。

適当に走っていたら近くに日本大正村がありまして、映画『はいからさんが通る』とタイアップしたスタンプラリーを催していました。

b0142122_10221120.jpg

ゆるキャラの頭身を伸ばしたら不気味になったでござる。



2017年11月7日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-07 10:55 | ほぼ日 | Comments(0)

コマンドマガジン黎明期はeメールがまだ普及しておらず、ファクシミリでやり取りをしていました。そんなわけで黎明期のゲーム(Clash of Steelsなど)の再版をやりたいと思っても、デザイナーと連絡が取れないことが多いのです。Michael Scott Smithさんと連絡が取れれば、Salvo IとIIの日本版とかやりたいですよね。



2017年11月6日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-06 09:01 | ほぼ日 | Comments(0)

KawaSakiのVersys-X 250なんですけどね。400台限定だそうで。

b0142122_07290848.jpg

バイク歴は長いほうですが、これが初カワサキ。購入に際しては家人から「マトリックス迷彩の意味があるのか?」と問われましたが、迷彩であることが既に意味をなしているのだと回答しました。



2017年11月1日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-11-01 08:28 | ほぼ日 | Comments(4)

適度なランダム性とリソース管理が多くのソリティア・ゲームの肝であり(ゲームブック形式と言えるでしょうか、『アンブッシュ』のようにものすごいストーリー性を持つ作品もありますが)、どれも根っこは一緒……と思うと大間違い。デザイナーの解釈がゲーム・システムに反映されており、その背景を知ると、ソリティア・ゲームが「デザイナーとの対戦ゲーム」へと深化します。

堀場さんに詳しい話を聞いたので、MC☆あくしずvol. 46はマストバイですよ。『BANZAIまがじん』2号を読んでプレイしたくなってもアフター・フェスティバルってやつです。「なるほど、それであのルールはああなっていたのか」と納得して、もう一度挑戦したくなること必至です。

ベンジャミン・リヒターさんにもお話をうかがっております。『機動部隊』は現在品切れですが、2号が出る頃には補充予定なので、これもリヒターさんのデザイン・コンセプトを踏まえた上で是非「対戦」してもらいたいと思います。



2017年10月24日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-10-24 08:56 | ほぼ日 | Comments(0)

第2号をそろそろつくらないといけません。特集はソリティア・ゲームで、はがきゲームもソリティアの「バルジの戦い」を予定しております。配布は12月頃を予定。第3号は第一次世界大戦の戦術級ゲーム・シリーズの『In the Trenches』を特集予定です。



2017年10月19日の話題:

[PR]
by yas_nakg | 2017-10-19 08:53 | ほぼ日 | Comments(0)

小学3年生の方がボードゲームをデザインしたと話題ですが、マップはポイント・トゥ・ポイントでユニットもレーティングがなされており、なかなか興味深いものがあります。3人プレイが可能なこと、勝利条件も複数あって作戦的な幅もありそうで面白そうです。

勝利条件と言えば、


本当にその通りでして、逆に言えば勝利条件がきちんと設定されていれば楽しくプレイしてもらえるゲームになるのではないかと思います。人生というゲームの勝利条件は自分で設定しなければならないので楽なようで面倒ですが。

そう言えば、最近、超絶おもしろ日本史ゲームが出版されたような気がするんですよ。



緩募中:
現在、以下のゲームの対戦相手を緩く募集しております。



2017年10月18日:
※自分がはじめてゲームを作ったのは小学4年生頃、広島市民らしく野球ゲームでしたよ。ウォーゲームは中学生になってから、バルジの戦いが最初。



[PR]
by yas_nakg | 2017-10-18 09:02 | ほぼ日 | Comments(2)

久方ぶりの更新となりました、南方帰りであります。大陸ではなく、比島のほう。仕事です。いつかは遊びで行きたいものです。

帰国したら玄関に写真のスリッパが。意図してユニクロで買ったものではないということですが、どう見ても兵科記号です。ありがとうございました。

b0142122_07142111.jpg

左上に写っているのは、律儀にも長旅で蒸れたおっさんの足の臭いを嗅いだ後、フレーメン反応を起こした後に立ち去る猫の後ろ足です。



緩募中:
現在、以下のゲームの対戦相手を緩く募集しております。



2017年10月17日の話題:
※天才デザイナーの出陣にござる!! ぶおおーっ!!

[PR]
by yas_nakg | 2017-10-17 08:13 | ほぼ日 | Comments(0)

鹵獲チハたんの正体判明

「人民解放軍は関東軍から九七式中戦車を接収して内戦で使用、遼沈戦役に投入された。人民解放軍はこの戦車を『功臣(ヒーロー)號』と名づけた。1949年10月1日の国慶節の記念式典でお披露目」されたんやで。

b0142122_08273287.jpg

あと、キャラクター・ユニットですが、「2015年9月3日に行われた人民解放軍のパレードで、CCTVのライブ放送でたまたま映った女の子」が元ネタや。

全部、WDGのGavinさんに教えていただきました。



2017年10月5日の話題:


[PR]
by yas_nakg | 2017-10-05 08:40 | ほぼ日 | Comments(0)

都合で土曜日だけとなりましたが、猿遊会に参加してきました。『モスクワ電撃戦2』のトーナメントを主催してくれたyagiさん並びに参加されて皆さん、ありがとうございました。決勝戦まで見届けられなかったのは残念でしたが(たいへん見応えのある戦いだったと聞いています)、主催者がしかけたハニー・トラップに鹿内さん、大木さんがあえなく討ち死にするなど、大いに楽しませていただきました。

これから猿遊会に参加された方のブログを楽しく拝読させていただきます。



2017年10月2日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-10-02 08:32 | ほぼ日 | Comments(0)

b0142122_07100619.jpg


多い多いとは思っていましたが、マガジンだけでこんなに。今年は今のところ7作を確認しています。漏れているものがあればご指摘いただけると感謝です。矢印の色はだいたい同じクラスタ(エンジン、あるいはAI(!!)搭載)。左から3つがミランダ枠、次がボンバ枠、最後がハーヴェイ枠となっています。

個人的にはどの枠にも属していない『ジュビリー』と『ハーディスト・デイ』がおすすめでありまして、こちらはバターフィールド枠となっておりまして、コマンド・ソリテア・シリーズはゴースト・ディビジョンの次はぜひ後者の日本版を出せばいいと思います。『ジュビリー』は「どこそこのDデイ」システムを用いたもので、ゲーム・システムが気持ち悪いくらいに上陸部隊を海岸に釘付けにしてくれ(あるいは血まみれにしてくれ)、プレイ中の写真を撮るたびに「その時、ワイの手は震えていた」とキャプションが頭の中に浮かび上がります。ロプノールのメダカさんに楽しいリプレイが掲載されています。

あと、大味ではあるんですがへとへとになりながらの包囲戦が楽しめるボンバ枠も捨てがたい。最近TROOPERSさんががっつり『ランページ』のリプレイを掲載されています。『ランページ』は入手できなくても、だいたい同じシステムの『ストライク&カウンターストライク』は在庫がありますので、同テーマの『レッド・ウィンター』と遊び比べるのも乙だと思います。

で、何でこんな系譜図をつくったのかと言えば、早くも『BANZAIまがじん』第2号の制作が始まっております。特集はソリテア・ゲーム。デザイナーにもインタビューしちゃうぞ!! 12月頃の完成を目指しています。



2017年9月28日の話題:


[PR]
by yas_nakg | 2017-09-28 07:30 | ほぼ日 | Comments(0)