カテゴリ:ほぼ日( 52 )

a-gameブースにお越しいただいた皆さん、ありがとうございました!!



2017年3月13日の話題
※21世紀にこのゲームの本格リプレイを読めるとは!!
※いろいろひどい。
※『モスクワ電撃戦2』、i-OGM様に在庫あります
※一度ライセンスを検討してデザイナーに問い合わせたところ、PRPに打診してくれとのことでした。PRPに問い合わせたら音沙汰なしで今日に至っております。


[PR]
by yas_nakg | 2017-03-13 08:01 | ほぼ日 | Comments(0)

a-gameのブース(A10)にてお待ちしております。販売物は公式で告知があるかと思いますが、再版『太平洋戦史』『ぱんつぁー・ふぉー! 2』『突入!?レイテ湾』などが販売予定。ボンサイ・ゲームズでもこれらの商品を持ち込みいたします。

(ここから俺の日記帳)先週末から生まれて初めて死ぬほどの頭痛に苦しめられまして、何かあかんやつじゃないかと思ってMRI検査も受けましたが問題なし。どうもひどい肩こりが原因だった模様です。肩がこっていたことに気づかないほどのぼんくらだったわけです。水曜日夜まで悶絶していましたが、マッサージにつぐマッサージ、体幹ストレッチのおかげですっかりすっきり。笑顔でゲムマに参加できそうです。(日記帳終わり)



2017年3月11日のヘッドライン
邦題づけ大喜利大会になりつつありますが、皆さんのアイデア募集中です。



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-11 08:42 | ほぼ日 | Comments(4)

ジャック・グリーンさんからテストプレイ中の画像をいただきました。タイトルは『Norway 1940』から『Hitler Strikes North』に変更されますが、邦題はどうしますかね。

b0142122_06063984.jpg

b0142122_06064990.jpg

b0142122_06074027.jpeg



2017年3月10日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-10 06:27 | ほぼ日 | Comments(5)

定点観測

2017年3月9日のヘッドライン
[PR]
by yas_nakg | 2017-03-09 07:24 | ほぼ日 | Comments(0)

定点観測

この時期恒例のビッグサイト拘束中であります。スラヴ叙事詩を観に行く暇が取れないものか。



2017年3月8日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-08 06:24 | ほぼ日 | Comments(0)

昨日は第1回ナイスガイズ!(映画邦題に合わせて表記変更)ゲームクラブが開催され、たいへん楽しませていただきました。参加された方、ありがとうございました。『1936: What if?』はやっぱり面白かったし、セルビア製空戦ゲーム『Fire in the Sky』も面白かった。また詳しく紹介したいと思います。ボードゲームBARダイスもいい感じのお店でして、また不定期に開催したいと思います。

1936年のドイツ内戦では、赤色ドイツを受け持ったさばげ隊長の「我ら人間の鎖となりて帝国主義者を食い止め、東方からの偉大なる指導者の到着を待つ」作戦(歩兵軍団を生け贄にすることでフランス軍の前進を1ヘクスに留めるもの)も実らず、ソ連機械化軍団と赤化装甲師団によるベルリン総攻撃は失敗に終わり、ナショナリスツの判定勝ちに終わりました。



2017年3月6日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-06 08:15 | ほぼ日 | Comments(4)

若干空きあります。詳細はこちら。本日はセルビア製のゲームと『カウンターファクト』誌付録ゲーム体験会になる模様。アバロン・ヒル・クラシックスも!?



2017年3月5日のヘッドライン
※カフェでクラシックス『D-Day』!!

※箱入りにはしないと聞いております。





[PR]
by yas_nakg | 2017-03-05 07:41 | ほぼ日 | Comments(0)

b0142122_07245338.jpg

今から35年前、ロジャー・マクゴワン氏が手がけた『Norway 1940』の艦船カウンターがマイ・フェイバリットですねぇ……。日本版でしたが、これを目にした時の衝撃が忘れられません。今は駒の数字が読めなくなって衝撃を受けていますが。カラーリングも理想的でしたね。

その再版、タイトルも『Hitler Strikes North』でも、カウンター・デザインは同じものになります。サイズは15mm、フォント・サイズも大きくしています。毎ターン使用する移動力はFutura系でくっきりと、戦闘時しか使用しない(ドイツ軍としてはできれば使用したくない)その他のレーティングは細いけれどくっきりとしたBbel系を使用しています。艦名は長くなるものもあるのでFuturaでもCondensedを使用しています。



2017年3月4日の話題
※最近のマガジン・ゲームの中ではかなりいい線いっていると思うんですよね。最後に猫がご立腹!!
※やりましょう!!



[PR]
by yas_nakg | 2017-03-04 07:45 | ほぼ日 | Comments(2)

セルビア上空の戦い

b0142122_08293174.jpg
昨日に続き、フォルセージェ・ゲームズの『1941: Fire in the sky above Belgrade』のルールを確認。空戦シミュレーションとしては「これじゃない感」を覚える人がいるかもしれません……プレイヤーは交互に任意の1機を、ダイスを使って移動させるシステムなのです。同じ機体が連続して移動することも可能。同社のゲームではお馴染みの「青色ダイス(出目が3, 4, 4, 5, 5, 6)」で移動力を決め、直進するだけなら+3、1回でも旋回するなら+1の移動力で移動します。双発戦闘機なら+1の+0、爆撃機なら+0の-1といった具合。射撃は敵機後方に対してのみ可能で、双発戦闘機と爆撃機は防御射撃を行えます。機体の性能差はありません……が、元がシンプルなのでいくらでも味つけできそうです。

最初は単発戦闘機同士の戦いでシステムを学び、次に火力は大きいけれど鈍重な双発戦闘機を加え、最後に爆撃機を登場させて勝利条件を変更する(単に敵機を撃墜するだけではなく、爆撃機を空戦域から離脱させることが目的になる)といった具合に、ステップ・アップ式でルールと戦術とが複雑になっていきます。

需要があるかはわかりませんが、ナイス・ガイズに持って行く予定なのでナイス・ガイズたちはよろしくお願いします。



2017年3月3日の話題

[PR]
by yas_nakg | 2017-03-03 09:07 | ほぼ日 | Comments(0)

基本システムは同じ

b0142122_08414219.jpg

フォルセージェ・ゲームズの新作『Naval Battle in Archipelago』のルールを確認したのですが、基本は『パンツァー・ストライク』と同じでした。砲撃と雷撃のタイミングをどう見極めるか、いつ補給を受けるのか、敵の兵站基地を叩くために挺身攻撃をするかどうか、といった駆け引きを楽しめますが、ブルー国海軍とレッド国海軍の小艦隊同士の戦いであり、歴史的興味を満たすタイプの作品ではありません。とりあえずナイス・ガイズで遊んでみたいと思います。



2017年3月2日の話題
[PR]
by yas_nakg | 2017-03-02 08:46 | ほぼ日 | Comments(0)