カテゴリ:未分類( 386 )

ハガキのブダペスト

そういや最近ハガキゲームつくってないじゃん、と思い立ってつくったのがこちら。72年前の作戦開始日に間に合ってよかった。よかった? 「小さなウォーゲーム屋」で何か購入された方に差し上げております。
b0142122_13373940.jpg
マーカー込みでコマ数12個。全25ターン(1ターン=1日)の長丁場ですが、1ターンにできることは極めて限られているのでそんなに苦にはならないはず……です。ハガキでソリテアをつくったのはたぶん初めてではないかと思います。プレイヤーはドイツ軍を指揮してブダペストの救出を目指します。史実通り最短ルートの正面突破を図るもよし、途中で諦めて南方からスイングするもよし、最初から地形の良い平地から進撃するもよし、です。

ソ連軍はゲーム・システムによって行動しますが、ある程度の意図に従って動きます。プレイヤーはそれを利用すると少しだけ有利にゲームを進められるのではないかと思いますが、さっそくTOROさんに看破されてしまいました。シンプルなギミック(ドクトリン)ではありますが、ハガキゲームに仕込むにはちょうど良いボリューム感なので、また何か考えてみますかね。

なおも仕掛けに気づいても本作の勝率は3割くらいかなあと思っております。新年の運試しにどうぞ!!(7割であかんとか、縁起悪いわ!!)

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-20 13:52 | Comments(0)

海運級太平洋戦争

先日東京で、IIbさんがデザインされた『海運級太平洋戦争』のテストプレイに参加させていただきました。名は体を表すで、海運、即ち海上ロジスティクスに焦点を当てた今までなかった切り口の太平洋戦争ゲームです。
ゲームは1942年から始まり、ゲームが終了するまでに日本軍の物資が底をつくと連合軍の勝利、それを防げば日本軍の勝利となります。毎ターン、主力艦の撃沈や拠点の占領といった両軍の戦果を確認し、日本軍が戦果をあげれば最終ターンが早まり、連合軍が戦果をあげれば最終ターンが延びるという仕組みです。
ロジスティクスは商船マーカーで表されていまして、ゲーム開始時は全体で600万トンを保有しています。民生用に300万トンが必要とされていたので、商船マーカーの半数を徴用しなければ備蓄物資が減ることはありませんが(ただし主力艦が戦闘を行うとマイナスされます)、艦隊出撃や地上部隊の支援のために商船を徴用するとマイナスになります。
ベテランのウォーゲーマーなら想像がつくでしょう。民間には泣いてもらって商船を史実以上に大量徴用、短期決戦で勝利を目指すのか、それとも長期不敗体制を構築、南洋からの資源を本国にため込むのかという、what ifを楽しむことができます。ただし後者には足かせがあり、戦意不十分と見なされると日本軍にペナルティが発生します。
b0142122_07075626.jpg
第一戦、日本軍を受け持ちました。やるなら短期決戦でしょうと、史実通りミッドウェイ攻略を目指しますが、史実通りに正規空母4隻を失いました。ならばと今度は南方に目を向けますが、兵站線が伸びすぎてこれも駄目。物資も底をついて早々と日本は降伏してしまいました。
b0142122_07080406.jpg
日本軍の定石はどんなものか教えてくださいと、今度はIIbさんに日本軍を担当してもらいます。さすがに効率よくプレイされ、物資を無駄にすることなく早々とセイロンを攻略します。え、セイロン!? そうなんです。これは『太平洋戦史』でも問題になりましたが、連合軍にとってセイロンの奪回は容易ではないのです。また太平洋戦争のキャンペーン・ゲームをつくることになったら絶対に省略するな、セイロン。本作では日本軍がセイロンを占領すると毎ターン1点を得る、即ち1拠点を新規に攻略するのと同じ価値があるのでなかなか有効な作戦となります。
米軍はがっつり反撃し、第一次マリアナ沖海戦で勝利するも地上戦で敗退。これは負けるかと思いましたが、最終ターン(1944年前半だったでしょうか)に辛うじて日本軍の物資が尽きて連合軍の勝利となりました。それまでの通商破壊戦でダイスの目がふるったのが効きました。
兵站線を再現するためマップ上に商船マーカーを敷き詰めるのは煩雑ではありますが、視覚的にわかりやすいのが美点です。兵站線が長くなればなるほど潜水艦、陸上機の攻撃を受けやすいのもリアルです。その意味で『アフリカン・ギャンビット』に似ていると思われますが、AGは戦闘解決がダイス一振りであっさり済まされるのに対し、こちらは索敵、対空戦、航空戦、水上戦闘と、色気ある戦闘解決システムになっています。
自分のゲームについて「やってもやらんでもいいところは省略すべき」と書きましたが、その意味で少し整理したほうがいいルールがあるように思います。が、自分には絶対できないアプローチですので、美点を大事にする方向で商品化できればと思っております。

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-19 17:32 | Comments(0)

b0142122_06515742.jpg
自宅ゲーム会では『このシミュゲがすごい!2017年版』付録ゲーム『ポイント・ブランク!』のテストプレイもしていただけました。爆撃はプロットしたほうが面白い、爆撃機はイギリスから目的地まで飛んでいかないと、など随所に『ルフトヴァッフェ』に引きずられた内容になっていましたが、やってみると面倒で面倒で。「やりたいことはわかるよ、うんうん。でもね」という不出来でありました。これがアルファ版。
やってもやらなくても大差ないことを省略して、プレイヤーにやらせたいことだけに焦点を当てようと、その場でルールを全部作り直してプレイしてもらったところ、まずまず楽しんでいただきました。これがベータ版。
さらに先日東京で、鹿内さん、はねはねさん、さかみちさんに揉んでいただきまして、修正を重ねました。ベータ版でもまだまだ無駄があったんですね。
ということで、90分ほどで昼間爆撃の悪夢を味わえる『ポイント・ブランク!』が完成しました。来年のゲームマーケット神戸あたりで発売する予定です。

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-18 06:51 | Comments(0)

もうひと月も前になりますが、隊長宅で自宅ゲーム会が決行されました。鹿内さんと西新宿鮫さん、ぐちーずさんが集結。いつも通りと言えばそれまでですが、飲んでいるのかゲームをしているのかよくわからないグダグダな流れでしたが、数はこなしました。私は二日目は所要で撤退しましたが、二日目も『ダンケルク@ドイツ戦車軍団』のプレイで大いに盛り上がったと聞いております。

b0142122_06304274.jpg
プレイ時間が短いので、何度か回っていた『モスクワ電撃戦2』。赤軍は反撃しないと勝てないようになっており、ソ連軍しかプレイしない隊長も果敢に反撃を行います。なんや、いつものプレイスタイルやないかい。
b0142122_06330166.jpg
ドイツ軍、10点を獲得しております。夏季攻勢に備えて4個装甲軍全てが元気な状態でいられるか(最終ターンを迎える時点でそのような状況をつくり出せているか)、あるいはレニングラードかセヴァストポリのどちらかを占領していないとドイツ軍は厳しいと思われます。
yagiさんのようにカード選びに15分もかけなければ2時間以内で終わるので、何かの隙間に挟みこんでいただけると幸いです。

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-17 06:51 | Comments(0)

ナチ・ドイツ空軍

岡山~倉敷~松山と、ボードウォークにKGGに松山六角会&富士教材というウォーゲームのシルクロードを通って今二番町むなんですが、全く聖地巡礼できない悲しさに打ち震えています。

b0142122_23001839.jpg
10月の和泉例会の話。11月もそうだったんですが、最近共産党と仲良しです。だからというわけではありませんが、HJがつけた邦題『ナチ・ドイツ空軍』をプレイしました。
b0142122_23024923.jpg
昔のゲーム感は拭えませんが、何か魅力があるテーマなんですよね。そのうち上級ゲームもやってみたいと思います。あと、デシジョン・ゲームズがリメイクを出しましたが、これもやってみようと目論見、現在ルールを訳しています。
b0142122_23055621.jpg
この時の例会では生まれて初めてクラシックスのスターリングラードをやりました。平押しじゃ勝てないだろう、1:1の攻撃を成功させてこそのブリッツクリークや!! と頑張りましたが、5か6の目しか出なくてドイツ軍は41年中に溶けてしまいました。

もう一回やるかと言われると、別の時間の使い方をしたいですが、なかなか趣のあるゲームでした。

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-15 23:09 | Comments(0)

もうひと月ほど前になりますが、雪が降る前に聖地巡礼を決行しました。と、その前に。

b0142122_13064521.jpg
夏に行った杉原千畝記念館 つながりで「人道の港」へ行ってきました。なお記念館は出身地とされる八百津町にありますが、最近になってどうも出生地が別の場所だったことが判明してしまい、これからどうするんでしょうか。どうもこうもねぇよ。

早々に到着してしまったのですが、へクスインゲームズさんの開店は午後から。そんなわけでライダーらしく三方五湖をぐるっと回ってお土産に干物を購入して、近くのジャスコっぽいところで名物ソースカツ丼をいただいてから、いざ聖地へ。

b0142122_13145905.jpg
店舗は大通りに面していまして、歩行者用の通路には『ヤマトよ永遠に』と劇場版『銀河鉄道999』にちなんだオブジェが愛とロマンを物語っていました。
b0142122_13185392.jpg
スカルダート聖総統の像近くにバイクを停めて、いざお店へ。しかし聖総統ってなんやねん。
b0142122_13204634.jpg
b0142122_13205069.jpg
b0142122_13205416.jpg
b0142122_13205890.jpg
この物量!! マガジンゲームはケースに入れて別の棚に山積みされていました。いやもう、すごい、すごい、すごすぎるとしか言葉が出てきません。いやいや言葉は不要ですね。眼福とはまさにこのこと。もちろんここに写っているのはウォーゲームだけで、ユーロゲームも充実。いやむしろそちらがメイン。

店長曰く、全国からウォーゲーマーの来店があるそうで、まさに聖地なのであります。そして恐らく、今でも拙作『常徳殲滅作戦』が熱心にプレイされている、世界で唯一のゲームカフェなのであります。

店長があまりに気さくな方なのですっかり話し込んでしまいましたが、雪解けの季節の再訪を約束して、そしてその時は鹿内さんも一緒に来るだろうことを伝えて、店を後にしたのでした。
b0142122_13291976.jpg
高速道路を使えば大阪からあっという間でした。Multistrada、よく頑張った。
b0142122_13301503.jpg

[PR]
by yas_nakg | 2016-12-14 13:34 | Comments(2)

12月11日開催のゲームマーケットにて、レキシモン★ゲームズのブランドで『突入!?レイテ湾』が販売されるそうです。他人事みたいに言ってすみません。何をどう言い訳しても『ミルボーン』の亜流で、最初に300海里進んでレイテ湾に突入したプレイヤーが勝利。第7艦隊とか艦隊空母とか護衛空母とかの妨害を、戦艦やら何やらで回避しつつ前進します。イベント・カードでハルゼーが吊り上げられたり、第7艦隊の砲弾が不足したり、マッカーサーの乗ったナッシュヴィルがレイテ湾に留まったりしてゲームにバリエーションが与えられているはずです。

b0142122_09220408.jpg
しかしこのロゴである。

b0142122_09223279.jpg
『モスクワ電撃戦2』も箱とカード、駒の印刷が順調に仕上がりまして、家の中がたいへんなことになっています。いや本当に箱はかさばりますね。あとはマップとルールブックが届いたら完成です。今回は
ダイス・マスター西新宿鮫さんにダイスをわけていただいたので、ダイスつきでの販売となります。「富山の置き薬」ならぬ「徳島の置きダイス」で、大量に届けられたダイスから使ったぶんだけをお支払いするという画期的なシステム。以後、置きダイスがなくなるまでBonsai Gamesのゲームにはチェセックスのダイスをつけたいと思います。

次は『北海道侵攻』ならぬ、80年代後半にソ連軍が新潟に上陸&東京に空挺突撃する『日本侵攻198X』の予定となっております。みんな大好きRDRシステム!!

[PR]
by yas_nakg | 2016-10-20 09:42 | Comments(2)

マシンガン継投のようにマガジン・ゲームをどかどか注ぎ込む予定の和泉歴史(ゲーム)研究会でしたが、結局タイ・ボンバさん謹製の『Battle for Russia』のマシンガン・テストプレイとなりました。あれこれ調整しつつ7回、いや8回。ドイツ軍北部(北方&中央軍集団)プレイヤーがソ連軍南部を受け持ち、ドイツ軍南部(南方軍集団&ルーマニア軍)プレイヤーがソ連軍北部を受け持って功名争いをする、『Battle for Germany』タイプのゲームです。

氏お得意のMA(直訳: 機動突撃)と、最近ソリテアでよく使われる「包囲された瞬間の脱出判定」ルールが特徴です。後者は、1944年西部戦線のドイツ軍、または1941年の東部戦線のソ連軍(プレイヤーにとって敵対する勢力)の補給線を切った瞬間に一時ゲームを中断、ポケット内のユニットが全滅する代わりに、そのステップ数に応じて包囲網を形成した部隊の損害を判定するというもの。また、移動→戦闘フェイズまたは戦闘→移動フェイズの選択式シーケンスによってドイツ軍の作戦的優位を演出しています。ソ連軍は最終ターン(12月)を除いて戦闘→移動フェイズしか選択できず、しかも第3ターン(8月)まではマスト・アタックになります。

ユニットのスケールは両軍ともに軍、ソ連軍の機械化部隊は軍団。このためドイツ軍はZOCを持ちますが、ソ連軍はZOCを持ちません。その代わりにソ連軍はスタック可能となっています。

移動力はユニットに印刷されておらず、ゲーム・ターン記録トラックに毎ターンのそれが印刷されており、天候の影響や包括的な補給の状態を表しています。

新旧ボンバ・システムがほどよくミックスされたバルバロッサ作戦、『Blitzkrieg 1941』で魂を揺さぶられた世代としては楽しみで仕方なかったのですが、

b0142122_08423409.jpg

別の意味で魂が震えました。1941年7月にドイツ軍がモスクワを占領し、レニングラードの命運も尽きかけています。ドイツ軍北部を担当したさばげ隊長がすごすぎるので、ソ連軍北部を担当したわたしがヘボすぎるのでもありません(二人ともアルコールが入っていたせいでもありません……その後、二人揃って寝落ちしましたが、その前のプレイが夢であればどれだけ良かったか)。(1)ドイツ軍の補給ルールが甘く、(2)ソ連軍にZOCがないために簡単に後方に回り込むことができ、(3)包囲されたソ連軍は即昇天するルールのためにドイツ軍がますます自由に行動でき、(4)マスト・アタックでソ連軍が自滅するためにソ連軍に打つ手がなくなり、(5)次のターンのドイツ軍がフリーダムになりすぎる、という悪循環に陥っているのです。

隊長と意見を出し合い、調整を加えつつプレイを重ねました。いろんな意見が出ましたが、最もシンプルかつ有効だと思われたのは「ソ連軍にもZOCを与える」というものでした。ゲーム的に言えば、ソ連軍がZOCを持っても、少なくとも序盤は影響はありません。ドイツ軍には十分な移動力があるので必要なだけMAを行ってソ連軍を包囲して前線の部隊をごっそり消し去ることができます。またZOCによる縦深戦線を張ることで、装甲集団がソ連軍部隊を無視してスモレンスク〜ツーラ〜モスクワまで走り抜けてしまう超展開もありません。それでも7月にはスモレンスクが危ない。難点は、ソ連軍の部隊に余裕ができると縦深防御が容易になる点。しかしこれは装甲集団のレンタル(ドイツ軍南部担当プレイヤーが北部プレイヤーの装甲集団のレンタルを要請するルールがあるのです)をしたターンは南部で、それらが返還される次のターンは北部で、それぞれソ連軍はZOCを失うというルールを設ければ回避できます。枢軸軍の戦略転換によってもたらされる奇襲効果というわけです。

同じ「軍」規模でもそのサイズが異なり、担当戦線の長さが違うので、ドイツ軍ユニットと同じようにソ連軍ユニットにZOCを与えるのは不自然という声も予想されます。ZOCを部隊の広がりや火力の影響範囲だけと捉えるとそうなってしまいますが、このゲームのマップには道路はもちろん鉄道も印刷されていません。そこを抽象的に扱うのであれば、補給線を確保するためには一定の影響力を持つ敵戦力を排除しなければ前進を継続するのは困難であるとして、抽象的な前進阻害要因としてZOCを持たせればいいのではないか、というわけです。

同じスケールのゲームである『モスクワ電撃戦2』も、ソ連軍にはZOCがありません。ただし機械化軍団にはZOCを与えたのですが、これは機械化軍団は積極的に反撃に投じられてドイツ軍の前進を妨害したことを、最もシンプルだと思われるルールで再現しようとした結果です。

そんなわけで日本側からはソ連軍にZOCを与えてはどうかと打診しましたが、「それだけは許さん」的な返信をいただいておりまして、さらなる改訂案待ちの状態であります。

[PR]
by yas_nakg | 2016-09-20 09:49 | Comments(0)

のど自慢プレイ

台風カミングのため、日曜日はツーリングを中止して久しぶりに和泉歴史(ゲーム)研究会に参加いたします。ツーリングと言っても北陸なり四国なりを周遊しつつ現地のゲーム会への参加を目論んでいたわけですが。

隊長に「何かやりますか?」とメールしたところ「ドライブ感のあるものを」という謎かけみたいな返信があったので、「ドライブ感を味わえる作品」ではなく、最近出たマガジン・ゲームをとにかく数多く連発でプレイして感触(だけ)を味わうという、プレイスタイルにドライブ感を求めると言いましょうか、そんなおもてなしを用意したいと思います。いつも通り? まあそうなんですが、今回は数にこだわって、フィーリングに合わなければ隊長に鐘を鳴らしてもらって容赦なく次のゲームへ移行する、みたいなスタイルに挑戦です。途中で酔い潰れているかもしれませんが。

ところで、フォリオの『Shanghai Incident』がルールを読む限り面白そうです。最長で5セット×7ターンの35ターンもありますが、1セット内の途中で日本軍プレイヤーは「やめやめ」と休止することができまして、休止すると増援がやってきます。「やめやめ」と言うたびにVPが減じられるわけですが、中国軍に押されまくってピンチになれば休止を宣言して、海軍陸戦隊なり第24混成旅団なり、あるいは師団なりを上陸させて守りを固める、あるいは側面を襲って戦局を挽回することができるのです。中国軍は休止を宣言できないため、戦略的な主導権は日本軍が握っているというわけです。

F&Mシステムは好き嫌いがあると思いますが、火力支援ルールが第一次上海事変の「火力の日本軍、白兵の中国軍」の特徴にマッチしているように思います。

『Tannenberg』でもルールブックを読んでいる時に最高にワクテカさせてくれたクリス・ペレーロさんの作品だけに期待が高まります。


[PR]
by yas_nakg | 2016-09-16 09:09 | Comments(3)

「DC(デストロイヤーズ・キャプテン) IIの販促に期待できるかもしらん!!」と今朝方ジャック・グリーン御大からメールをいただきましてですね。

特定の駆逐艦のエピソードを追っかけると言うより、駆逐艦にまつわるエトセトラ&ヒューマン・ドラマといった感じでしょうか。酷使されたぶん、駆逐艦にはいろんなエピソードがありますよね。IJNでも〈雷〉とか〈涼月〉とかあれとかこれとか。

ゲームとは全く関係ないですが、こちらも観ないわけにはいきません。この作品さえもコラボしてしまうフジミ模型のアグレッシブさに脱帽であります。

前掲の記事内、下のほうにあった『Mighty Eight』の予告編がいい感じに嫌な感じ(?)でして、タマヒュンものです。ああ、これこそ『B-17』あたりの販促効果抜群……DVGあたりでソリテアがあったようななかったような。

[PR]
by yas_nakg | 2016-09-14 11:27 | Comments(0)