2018年 01月 24日 ( 1 )

台北大空襲

b0142122_08492628.jpg


 『台北大空襲』を台北でプレイしてきました。一家が空襲で被災したところからゲームは始まり、各人が目的を達成しつつ、力を合わせて終戦まで生き残る協力型ゲームです。毎ターン確実に腹が減るので食料を探し、あんぱんや鳥のもも肉が見つかればラッキーですが、中には腐った食べ物(写真内左上のカード)や動物の死骸で飢えをしのがなければなりません。そうしたものを口にすると、腹が膨れるもののメンタルなダメージを受けることも。加熱することで(3枚見える鍋カード)そのペナルティを無効にできます。

 犬や猫が見つかり、行動を共にすることになるのですが、いざという時は食料になります(メンタルにダメージ)。こうしたディテールは空襲被災者の体験に基づくものであり、ゲームとして割り切って受け入れられるかと言えばなかなか難しいものがあります。しかしゲームを通じて当時の状況を学ぶという試みにおいては、成功しているのではないかと思います。



2018年1月24日の話題:
bqsfgameの日記
Si-phon開発者BLOG
YSGA例会報告
ウォーゲーム武芸帳
とりあえず日々ボードゲーム
ヘクス・イン・ゲームズの店長日記
千葉会(Chiba Club)
歴史・戦史研究「ちはら会」Zwei
もりつちの徒然なるままに



[PR]
by yas_nakg | 2018-01-24 09:27 | ほぼ日 | Comments(0)