2017年 10月 06日 ( 1 )

ゲームをつくっていて何が嬉しいかと言えば、人それぞれあるでしょうが、わたしの場合は遊んでいただけること。先日の猿遊会でエッジを激しくドライブラシしたような『モスクワ電撃戦2』の駒(と書いて「歴戦の勇士」と読む)を見かけて、そっと男泣きしました。

b0142122_10280263.jpg

ただしこれには裏話がありまして(いい話が台無し!!)、5-6回プレイするとエッジから印刷がはげていくのが、駒の印刷をお願いしている萬印堂さんの仕様であります。プレイに熱がこもると2回のプレイでダメージを受けたとの報告もありました。そこで『大東亜共栄圏』からは駒にコートをかけるようにして、耐久性を高めています。10回、いや20回くらいのプレイなら大丈夫と思いますが、それでもダメージを受けるくらいプレイしていただけるのではないかと期待しております!!

そんなこともあって、パーツ単体の販売も開始しました。なくしたり破損したりした時にご利用いただければと思います。そして『モスクワ電撃戦2』が再版される時は、マップは『大東亜共栄圏』と同じ仕様になるので、マップだけお求めいただけるようにしたいと考えております。



2017年10月6日の話題:
※小学4年生の時に1回だけ友人宅でプレイさせてもらった記憶があります。またプレイしたいと言ったら、なぜかその友人は拒否。幻の1回。でも無性に面白かった記憶だけが残っています。



[PR]
by yas_nakg | 2017-10-06 10:53 | 国産ゲーム【ま行】 | Comments(0)