2017年 05月 09日 ( 1 )

「主な登場人物」欄の解説だけで小説を妄想しちゃうというあれです。我々ウォーゲーマーだったら、「主な登場人物」の名前(ユニット)と解説(ターン・シーケンス)でルールを妄想できるのではないかと、読めない中国語のゲームとにらめっこしながら考えていました。龍虎さんが「幸村」に挑戦されるそうですが、中国語大丈夫でしたっけ……それとも妄想で補うのか。

さて、本日もWDGの入門ゲームの紹介です。ナンバリングは04、「幸村」の前の作品でベルリン攻防戦がテーマです。

b0142122_09345125.jpg
『帝国的黄昏』、胸に染みるタイトルです。

b0142122_09350003.jpg
こちらがコンポーネント。マップはおおよそA3判、駒は60個(20mmくらい)、ルールブックと、「1」の目が「SS」になったダイスと小袋つきです。これは嬉しい。

両軍がにらみ合った状態の初期配置でゲームが始まり、伯林の西側は大きく開いている状態です。最短コースで攻めるのは困難なので、両翼から迂回する、といったアプローチを試せるのかもしれません。とりあえずプレイしたい。

b0142122_09350558.jpg
ルールブック裏表紙がこちら。あれ、予定が大幅に変わっている!! ミッドウェイ島は「中途島」と言うのか……。『父輩的鉄拳II』は中越戦争テーマらしいです。



2017年5月9日の話題



[PR]
by yas_nakg | 2017-05-09 09:48 | ほぼ日 | Comments(2)