「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 04日 ( 1 )

ゲームの邦題がホット・イシューだった気がしますが、タイ・ボンバ氏のゲームはだいたい鮫映画みたいなものなので、どんな邦題つけても大丈夫だよね、みたいな。セガールの映画ならとりあえず「沈黙」つけとけ、みたいなルールがあるので、「地獄の」とか「殺戮の」とか。『ジューコフズ・ウォー』なら『地獄の東部戦線1942-43』、『ザ・バルジ』なら『地獄のバルジ』。『ミシシッピ・バンザイ』は『殺戮のミシシッピ』。駄目ですかね、駄目ですね。

関係ないですが、戦闘結果「EX(Exchange)」を「BB(Bloodbath)」に言い換えるようになったのはタイ・ボンバ氏からですかね。氏のゲームかデシジョン・ゲームズの作品以外では流行っていないようですが。

それはさておき、ろうがんず、もとい老眼ウォーゲーマーに関する話題です。自分だけば大丈夫、と思っていたら、全然駄目でした。

b0142122_10160254.jpg
目下、コマンドマガジンがこのへんのゲームの再版を計画中とのことで、自宅の押入から発掘してきました。ドイツ軍ユニットを途中まで切ったところで挫折しとった。30年以上前にはプレイしていたので、このゲームはたぶん2代目。それはいいのですが、
b0142122_10160824.jpg
いやこれ真面目に読めないですよね? 拡大しているからいいようなものの、肉眼で読むのは結構辛い。当時、日本版を制作したスタッフは「老眼のおっさんなんかプレイしないから、文字はいくら小さくたっていいんだよ」と思ったのか思わなかったのか、すまなかったな老眼のおっさんになって!! しかしオリジナルは5/8"サイズのカウンターなので、再度の日本版は原点回帰になるかと思います。

あと、レーティングの見直しがあったりデンマーク海軍も登場するらしいので、全国のデンマーク海軍ファンは刮目して待て!!


[PR]
by yas_nakg | 2017-02-04 10:32 | ほぼ日 | Comments(8)