せんしゃせん!

 次のレキシモン★ゲームズに加えてもらおうと制作中の戦車戦カードゲームが、だいたい形になってきました。

b0142122_07451289.jpg

 裏があれなのは気にするな。テストプレイ用コンポーネントをつくってくれたK橋氏の趣味なのです。

 プレイヤーはドイツ軍とソ連軍に分かれ(2セット買っていただければドイツ軍同士、ソ連軍同士で戦ってもらうことも可)、編成ポイントを使って戦車と戦術、地形カードを買い、デッキをつくります。ゲーム開始時にはそこから任意の戦車3両までを場に出すことも可能。場には1軍3チーム(小隊)まで持つことができます。

 プレイヤーは自分の手番に(1)自分の1チームで敵の1チームを射撃する、(2)アクション・カードを使う(地形カードも含む)、(3)敵より多いチームを場に持っていれば敵陣に突入する、のいずれかを行えます。

 ゲームの目的は敵のデッキからカードをなくすこと。デッキはリソースも表しておりまして、自ら積極的にアクティベートすればデッキの減りも早くなりますが、戦況が思わしくない時には、それを打開するためにカードを回さなければなりません。ああ、泥縄の快感。

 敵のデッキを削るには(3)の敵陣に突入する、が必要なわけで、そのためには目の前の敵チームを(1)射撃で排除する必要があります。あるいは戦術カードを駆使するか、敵のチームがあまりに強力な時は地形カードで妨害するか(面倒な地形に誘導すると思ってください)。一部の戦車は長射程砲を搭載しており、目の前に敵チームがいなければ敵陣に飛び込まなくても敵のデッキを削ることができます。

 なお、戦車は射撃するか射撃を受けるまでカードは裏返しにしておきます。戦車かと思って撃ったら「待ち伏せ」「対戦車砲」カードで反撃を受けることもあるので、事前の偵察が大事になります。しかし偵察カードを用意するにも編成ポイントが必要なので、戦術を充実させるくらいなら戦車の数を増やしてウラーして敵情を探る、という頭の悪い戦い方も可能です。ウラー!!

b0142122_07451703.jpg

 戦車のカードはこんな感じ。左上が攻撃力と防御力、右下が編成コスト。右上が特殊能力を示すアイコン。重戦車は強いのですが、すぐに泥にはまったり、丘陵地帯に阻まれて動けなくなったりするので、コストに見合う働きをさせられるのか。

b0142122_07451522.jpg

 戦術カードとか。カードのデザインとかルールとか、まだブラッシュアップの必要がありますが、萬印堂さんの早割期限が迫ってきております。頑張って仕上げないと。

 諸兵科連合効果的なカードの代わりに個性豊かな少女戦車兵のカードを用意すれば(少女連合効果!!)、道を究めるタイプの戦車戦カードゲームにもなるはずですぞ。



2017年12月8日の話題:


[PR]
by yas_nakg | 2017-12-08 08:48 | ほぼ日 | Comments(0)