『池田屋騒動』騒動と夜襲『夜襲!島田戦車隊』

 どことは申しませんが、1カ月以上前に注文した商品が届かないので問い合わせたところ、「シッパーに問い合わせる」と返事が来て、それから1週間経っても音沙汰がないので再度問い合わせたら、「今出ました」。一部を除けば小さな出版社ばかりなので仕方ないですね。

 仕方ないで済まないのが海賊版問題でして、フリーで公開しているはがきゲームが時々やられます。クレジットも差し替えられて。

 ゲームをフリーで公開している意図は、ウォーゲーム未経験の人の目に留まり、興味を持ってもらい、できればプレイしてもらい、面白いと感じてくれるならこっちの沼に頭から飛び込んでほしいなあという下心です。そのため、フリーなんだから海賊版出されても目的に適っているからいいでしょ、と思われそうですがもちろんそんなことはありません。何しろ、ちゃんと問い合わせをしてきて、ルールを守ってライセンスしているパブリッシャーが迷惑します。実際、母国で上述した目的のためにはがきゲームを配布しようと、きちんとライセンスを打診してきたパブリッシャーもいらっしゃるのです。

 最初に『池田屋騒動』がやられ、その騒動が沈静化したかと思えば、『夜襲!島田戦車隊』が夜襲を受けたという次第です。

 はがきゲームはフリーで公開しているのは事実なので、自国版をフリーで配布したいというのであれば、その国の言葉で翻訳したルールをこちらに送ってくれれば、こちらのサーバーにアップするのでそこからダウンロードしてもらえるよう配慮はいたします。などということを、違法アップロードしてしまっている人に伝えてもらっております。



2017年12月7日の話題:



[PR]
by yas_nakg | 2017-12-07 09:15 | ほぼ日 | Comments(0)