天正壬午の乱に話題を奪われた「北の関ヶ原」

小学3年生の方がボードゲームをデザインしたと話題ですが、マップはポイント・トゥ・ポイントでユニットもレーティングがなされており、なかなか興味深いものがあります。3人プレイが可能なこと、勝利条件も複数あって作戦的な幅もありそうで面白そうです。

勝利条件と言えば、


本当にその通りでして、逆に言えば勝利条件がきちんと設定されていれば楽しくプレイしてもらえるゲームになるのではないかと思います。人生というゲームの勝利条件は自分で設定しなければならないので楽なようで面倒ですが。

そう言えば、最近、超絶おもしろ日本史ゲームが出版されたような気がするんですよ。



緩募中:
現在、以下のゲームの対戦相手を緩く募集しております。



2017年10月18日:
※自分がはじめてゲームを作ったのは小学4年生頃、広島市民らしく野球ゲームでしたよ。ウォーゲームは中学生になってから、バルジの戦いが最初。



[PR]
Commented by 龍虎 at 2017-10-18 09:27 x
プ、プレイ し、してみないと、く、く、く、クソゲーかもしれませんからね・・・
慶長出羽宜しくお願いします。
Commented by yas_nakg at 2017-10-19 08:36
> 龍虎さん
若い人がつくっても、年配の方がつくっても、初めてデザインしたゲームでも、超絶天才デザイナーがつくっても、そんな背景は関係ないに評価されるのがボードゲームの(またはそれ以外のジャンルでも)良いところですよね。

そんわけで『慶長出羽』、誰がつくったかを気にすることなく楽しんでみたいと思います。
by yas_nakg | 2017-10-18 09:02 | ほぼ日 | Comments(2)