「顧客が本当に必要だったもの」

既にツイート済みですが、萬印堂さんから予想外に早く大量の段ボールが届けられ、先週末は第1梱包フェイズに費やされました。ルールブックが届いたら第2梱包フェイズが始まります。

b0142122_08363461.jpg

ルールブックが届いてからまとめて箱にいれれば梱包フェイズが1回で済むではないかと思われるかもしれませんが、週末の時点で段ボールは全部で23箱。駒と地図とカードをとりあえず箱の中に詰めれば、箱の数は3分の1近くになります。それに2回梱包作業をすることで自然とダブルチェックになって梱包ミスも防げるのです。

b0142122_08363809.jpg

今回は耐久性も考慮してハードマップにしました。

ここから本題ですが、テストプレイを重ねていくとルールブックに目を通さなくてもよくなるので、それが当たり前のように思えてきます。例えば『モスクワ電撃戦2』のカード。カードを使ってできることをアイコンで説明しており、それぞれそんなに難しい(とは思っていなかった)ルールが付随するわけですが、初プレイではそういうわけにはいかない。各アイコンが示すルールがどのような効果を持つのか理解して初めて、自分が使いたいカードを選択できるわけです。

中国版はその点、抜かりなく、アイコンを説明するプレイヤー・エイドを用意していました。これだよこれ、「顧客が本当に必要だったもの」は。そこで『大東亜共栄圏』でも、作戦カードで行えるアクションを簡単に説明したプレイヤー補助シートを2枚用意しました。もちろん慣れれば不要のものですが、慣れるまではあると便利。ルールを忘れた頃にプレイする時にも役立ちます。

コストの問題もあり、何でもかんでもできるというわけではありませんが、プレイしてもらうための努力を続けたいと思います。

ということで『大東亜共栄圏』は10月上旬には発売できそうで、猿遊会には現物を持ち込みます。41年から戦争を指導させられるのではなく、39年から何をするのか自分で計画を立てて戦争を遂行しなければならない(自分から始めるのか、相手にしかけさせるのか)珍しい視点のゲームです。アメリカ軍も独自のオレンジ計画を立て、日本を先制攻撃することも可能です。

とは言えルールブックはA5判で表紙を除けば11頁、プレイ時間も90分以内とお手軽。お手軽なんだけどタフな決断を迫られるタイプのゲームが好きな人に、ぜひプレイしてもらえればと思います(あっ)。



2017年9月21日の話題:



[PR]
Commented by IIb at 2017-09-22 04:25 x
ぜひプレイさせていただければと思います。(あっ)
というか、猿遊会で購入可能とか?
Commented by yas_nakg at 2017-09-22 08:30
> IIbさん
会場での物販はあかんと思いますが、IIbさんには「海運」「土下座」のバーター分がありますので、当日お持ちします。遊んでください!!(BANZAIまがじんも持っていきますよ!!)
Commented by IIb at 2017-09-23 01:11 x
なにいうてんねん、わいはじぶんでこうたでー!
(BANZAIまがじん楽しみにしています)
by yas_nakg | 2017-09-21 09:25 | ほぼ日 | Comments(3)