『ストライク・ノース』5戦

9月3日、『ストライク・ノース』限定ゲーム会を行いました。11時から18時まで、2卓で計5戦が行われました。抜群の回転率。

ブラインド・サーチのゲームは衝立問題が発生しますが、場所がゲームバーなのでボックス・ゲームを衝立にすればいいだろうと軽い気持ちでいたのがさばげ隊長と私です。

b0142122_08301303.jpg

見栄えはともかく、目的は達成できました。が、かう゛ーるさんが用意してきた衝立はほぼ理想形でした。

b0142122_08300594.jpg
サイズもぴったり、しかもチャートを挟んであるので必要な情報がいつも目の前にある!! これは完璧です。

ブラインド・サーチの古典、アバロン・ヒル社の『ミッドウェイ』もチャートが印刷された衝立がセットされていました。そういう機会があるかはわかりませんが、ボックス入りのブラインド・サーチのゲームを出す時は、チャートつきの衝立もつけたいものです。TRPGのマスター・スクリーンみたいなものですかね。

さて、第1戦はさばげ隊長(ドイツ軍)と私(イギリス軍)。ドイツ軍のミッションは巡戦2と装甲艦、〈ノルトマルク〉の通商破壊作戦です。序盤でなぜか〈アレスーサ〉が〈ケルン〉を発見、交戦の末、中破しつつも雷撃で〈ケルン〉を撃沈するという戦果をあげました。

b0142122_08301786.jpg
写真はCLを発見した潜水艦。この後、このCLと〈アレスーサ〉が接触したのでした。「Battle」とか「Shadow」のマーカーは航空索敵ヘクスを決めるために使用。

軽巡単艦でのこのこ出歩くならノルウェイ侵攻はあり得ないと思い、通商破壊作戦阻止モードでピケット・ラインを張りますが、なかなか網にかかってくれません。しかしこの〈アレスーサ〉がノルウェイ沖で偶然、〈リュッツオウ〉を発見。特別追撃戦に移行したものの砲撃で撃沈され、追尾はできなかったものの、そこから移動可能範囲内にイギリス艦隊を敷き詰めてこれを捕捉(悪天候のため移動力が低下していたので範囲は限られました)、戦艦の砲撃を受けた〈リュッツオウ〉は轟沈したのでした。

b0142122_08302673.jpg
みっしり。
この後、〈ノルトマルク〉も発見されたのでさばげ隊長の「投了じゃ!!」宣言でゲームは終了しましたが、巡戦2隻は無事突破に成功(かすりもしなかったよ……)。得点的にはイギリス軍僅差の勝利でした。

悪天候のために艦速が落ちたのがイギリス軍に幸いしました。さもなければ〈リュッツオウ〉にも逃げられていたかもしれません。

第2戦はたけっちさん(ドイツ軍)とかう゛ーるさん(イギリス軍)。こちらもドイツ軍のミッションは通商破壊作戦でしたが、イギリス軍潜水艦が〈グナイゼナウ〉を仕留めてしまう不幸が!!

第3戦はいのさん(ドイツ軍)と隊長(イギリス軍)。〈シャルンホルスト〉が発見され、水平爆撃機の攻撃で航行不能になるという不幸。

b0142122_09003935.jpg
「BC」マーカーが置かれているヘクスですね。この後、イギリス艦隊にボコられるのが確実なのでドイツ軍投了です。

ドイツ軍3連敗。ここで対戦中のたけっちさん、かう゛ーるさんを残し、いのさん、隊長、私の3人は昼食タイム。ご飯を食べながら「ドイツ軍が出撃するなら夜間、早い時期ですよね」「通商破壊作戦の時にあえて〈ビスマルク〉を出すのはブラフとして効きますよね」「ここまでの3戦、イギリス軍のピケット・ラインがうまく働いているので、イギリス軍は艦船をできるだけ南に集めるべきですよね」「でも隊長も巡戦の突破には成功したし、通商破壊ならドイツ勝てそうですよね」などと熱弁をふるわせてもらいました。

第4戦は既に始まっていたのです(続く)。



2017年9月5日の話題:
※『モスクワ電撃戦2』に入っているダイスは西新宿鮫さんから譲り受けたChessexのダイスなのです!!



[PR]
by yas_nakg | 2017-09-04 09:33 | ほぼ日 | Comments(0)