『ストライク・ノース』間もなく発売です

b0142122_09262817.jpg


暑い夏にはやっぱり海戦ゲームですよね、ということで、8月売りのコマンドマガジンは以前から当ブログで書いてきた通り、『ストライク・ノース』のお目見えとなります。だいたいこんな表紙なので(校正前なので、一部変更が加わるはず)店頭で見かけたらぜひお買い求めください。一見すると雄々しい〈ブリュッヒャー〉ですが、実はオスカーズボルグ要塞に見つかってさあこれから魚雷が向かってきますよー!! という撃沈待ったなしの状況なのです。いや実際、あのゲームで、いやこのゲームでオスロを陥落させるには、降下猟兵のワンチャンにかけるのがリーズナブルというものですよね? なおオプション・ルールを使うとオスロだけではなくベルゲンにも陸上魚雷発射管が追加されるという、ドイツ軍プレイヤーにとって悪夢のような状況設定を楽しむことができます。

あと些末な話題で恐縮なんですが、今回、別動駆逐艦は全て艦名入りとなっています。そのうちの1隻が〈グローウォーム〉で、発射した魚雷が外れた後、自ら〈ヒッパー〉に体当たりをかますという、水雷屋ファン感涙のエピソードを持っています。昔のカタカナ表記では〈グローワーム〉が一般的だったように思って検索したところ、擬人化されたグローウォーム(『戦艦少女R』より)が多数見つかり、刻の流れを見た思いであります。



2017年8月3日の話題:

[PR]
Commented by at 2017-08-03 20:30 x
グローワームは私にはアカスタ、アーデントと並ぶノルウェー戦での武勲英駆逐艦です。
リー大佐のハーディーも加えていいかも知れませんが。
対してドイツ駆逐艦はノルゲとか沈めてもやられっぱなしのイメージが強いのが悲しいです。
Commented by yas_nakg at 2017-08-04 07:46
> 銀さん
> 対してドイツ駆逐艦はノルゲとか沈めてもやられっぱなしのイメージが強いのが悲しい
ああ、これはありますね。相手が戦艦とは言え、ナルヴィクでも一方的でしたし。

イギリスの駆逐艦と言えば、後のバレンツ海海戦でもその敢闘精神が素晴らしいですね。そうしたカタログ・データに現れないモラルを重視した海戦ゲームがあってもいいように思います。「指揮官による修整」という追加的要素ではなく、モラルをシステムのコアにするような。
Commented by yas_nakg at 2017-08-04 07:48
あ、つくればいいのか(昨夜、鹿内さんに「しばらくゲームはつくりません」と言った口で言う)。
by yas_nakg | 2017-08-03 09:45 | ほぼ日 | Comments(3)