ありがとう、ビッグ・ブラザー!

昨晩、勢いで『Islamic State: The Coming Libya War』(Counterfact)の記事を投稿したら、今朝ロメロの兄貴から「楽しんでいただけたかな?」というメールが届いていました。あと、このブログは宣伝がてらFacebookに通知されることになっているんですが、例のゲームの写真を見たグリーンのおやっさんに「何のゲームだ?」コメントいただいたりして、もう。

ISLWについて書き漏れていましたが、相手がインサージェントだからSOFだけで対処できるかと言えばそうではなく、コンベンショナルな戦力でもあるので(ゲームの設定としてはシリアやイラクからISIS幹部が乗り込んできて、相応に強力な軍事部隊を組織しているのです)、「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」なしではISISとの戦いに勝利できないのがポイントです。そして通常兵力の大規模侵攻を行えば、先のプレイの例で示した通り、いろいろ面倒が発生します。

あと、これも書き漏れですが、ああもう、すっかりチョイ漏れオヤジで申し訳ありません(意味深)。ISISの戦闘部隊はランダムに選ばれるのですが、その中に1個だけ「メディア」マーカーが存在し、これが引かれると容赦なくコラテラル・ダメージが全世界に大々的に報じられることになります。ある意味、最強の戦士であり、プレイする上でいろいろと考えさせられます。

次はお待ちかね『1936: What If?』に挑戦しようかと思います。1938(チェコスロヴァキアが併合に抵抗)、1939(ポーランド戦開戦と同時に英仏が西部戦線で攻勢開始)、1940(1940年にソ連侵攻)ときて1936だから、「ラインラント進駐に対してフランスが激おこして戦うWhat Ifなんでしょ?」と思っていたら、予想外の状況設定でした。喩えるなら、下半身がタコの鮫映画を観てしまったような衝撃。そう来たか。



2017年2月8日のヘッドライン

[PR]
Commented by エムデン at 2017-02-08 21:17 x
グリーン様にどう説明したのかが気になりますね・・この秋には○女戦記のゲーム化よろしくです。(なんでやねん・・)
全く私事ですが、AH古典のアフリカコーアをゲットしました。先日、アフリカコーアも持たずに(ワーテルローだったっけ・・)コレクターを自称とは片腹痛いわ!!小童がぁ!!との叱責を受け(だれだよ。。。)、ようやく相応のコンディションのを相応の価格で入手できました。機会がありましたら、もんだってくださいw
Commented by yas_nakg at 2017-02-08 22:19
> エムデンさん
『幼女戦記』面白いですよね。あえて作戦級でゲーム化(なんで)。

いや、エムデンさんが『アフリカコー』をお持ちでなかったのが意外でした。やりましょう。トブルクに対する枢軸軍の1対1攻撃が成功するかどうかで決まってしまう感がありますが、それはそれでよし。
by yas_nakg | 2017-02-08 08:12 | ほぼ日 | Comments(2)