ソークオフだよ人生は

常徳殲滅作戦

コマンドマガジンは110号、111号と2号連続で日中モノに取り組みます。110号は少し増刷するそうですが、111号は部数落としたほうがいいじゃないの(笑)と思っております。テーマで部数を増やすことはあっても減らすことはないんですが、常徳作戦をテーマにした作戦級ゲームがこの後、出版されるとは考えにくいぞと、希少価値で勝負したいところです。


初期配置の状態。日本軍が長江を渡り、作戦開始線に達したところからゲームは始まります。

日本軍は3回、中国軍は2回の作戦フェイズを持ち、1回の作戦フェイズ中には移動フェイズか戦闘フェイズのどちらかだけを行えます。ユニットごとに選択するのではなく、全軍で選択。日本軍は同じフェイズを行う回数に制限はありませんが、中国軍は移動と戦闘1回ずつに限定されます。

その代わり、中国軍は日本軍の第1または第2作戦フェイズ終了時(どちらかのみ)にリアクションを行え、ここでは「計画的撤退」を実行できます。戦闘前退却のようなもので、一定の条件を満たすユニットは1ゲーム・ターン後に戦略的な再配置を行えます。

中国軍ユニットは師団、日本軍ユニットは大隊単位ですが、これは当時の日本軍の攻勢計画の基本である、「正面の敵1個師団に対して1個大隊を投入する」に基づいています。また中国軍の火力不足を反映して、中国軍歩兵師団は司令部が近くにいないとZOCを持てなくなっております。そのため、ユニットを2ヘクスごとに並べて戦線を張るというゲーム的なテクニックが有効ではなく、日本軍に対する不自然な足止めができなくなっています。司令部を前線に回してZOCで戦線を張ろうとすると、その司令部が餌食にされることもあり(司令部のみVPの対象)、かといって守るべきところは守らなければならず、中国軍プレイヤーは柔軟な防衛計画が求められるわけです。

勝利条件は都市占領、中国軍司令部の撃破、日本軍ユニットの損害によるVP制。日本軍からすれば、中国軍が史実のように逃げ回るようならマップに散在する都市占領を優先し、断固として戦うなら敵戦力(司令部)の撃破を狙うことになるでしょう。



『独ソ電撃戦』に似た雰囲気ではありますが、マルチ・フェイズに中国軍の特殊性、洞庭湖を利用した日本軍の側面迂回など、あの手この手を使って戦えるようになっています。また中国軍にも史実通り反撃の機会はあり、特に終盤、日本軍の戦線が手薄になると、主戦線である常徳はもちろんとして、その側面からも反撃が始まり、反転作戦*が遅れていたら大変なことになったのではないかということがわかります。

* 当初の計画では常徳占領後、保持する予定はなく、反転して作戦開始線まで戻ることになっていましたが、作戦中の新竹がB-29の空襲に遭い、常徳を敵飛行場撃滅作戦のための基地にすべきではないかという案が浮上し、反転のタイミングが数日遅れるという事態が発生したのです。

そんなわけで、既に予約が始まった『尖閣ショウダウン』の話題で持ちきりですが、時々で構わないので『常徳殲滅作戦』も準備が進められているのだなあ、ということを思い出してあげてください。




■  [PR]



by yas_nakg | 2013-04-08 08:24 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://lforn.exblog.jp/tb/20259166
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kimataka at 2013-04-21 22:32
わたしは、尖閣より常徳の方を期待しています…尖閣も購入しましたが(笑)
Commented by yas_nakg at 2013-04-22 10:03
ありがとうございます! マイナー・テーマだけにいろいろと不安であります。
名前 :
URL :
※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。
削除用パスワード 

卓上ゲームのお話
by yas_nakg
画像一覧

検索

最新の記事

名刺の『ミッドウェイ』
at 2014-07-23 09:56
KGGから帰ってくると
at 2014-07-22 08:10
『討入忠臣蔵』と『ブラッディ..
at 2014-07-17 18:07
ザ・名刺
at 2014-07-16 13:21
【朗報】Kampen om ..
at 2014-07-11 08:36

ファン

ブログジャンル

40代ランキング
ゲームランキング
XML | ATOM

skin by excite